自己啓発

仕事をやめたいと親に言えない|上手く伝えるには?

仕事をやめるのは悪い事?

辞める理由と辞めた後の事を考えるのが大事!

親にうまく仕事をやめたい事を伝えるには?

今の仕事は自分に合わない、職場の人間関係に問題がある、努力に見合ったお給料をもらえていない等・・・

限界を感じるほど仕事を辞めたいと思った時、それでも我慢して今の仕事を続けるべきでしょうか。

いいえ、無理をする必要はありません

無理をすると身体にまで影響が及びかねないからです。

しかし、辞めたい一心で、何も考えず辞めてしまうのはよくありません。

そこでここでは、次の仕事選びに失敗しないために必要な事をまとめました。

なぜ辞めたい仕事を続けるのが危険なの?

 

仕事を辞めたいと思う理由は人それぞれですが、辞めたいと思うほどまで悩んでいる時点で、ストレスはかなり溜まっているでしょう。

そのような状態が長く続くと、ストレスが蓄積されて自律神経が乱れ、身体のあらゆるところに不調が現れてきます。

 

ストレスの初期症状としては、仕事に集中できない・眠れない・体がだるい・やる気が起きないなどの不調が現れます。

また、身体的にも胃痛・腹痛・頭痛・めまい・動悸・食欲低下などの症状が現れてきます。

 

そして、さらにこれらの症状を我慢して仕事を続けよりストレスが蓄積されると、心と身体がストレスに占領されて症状はよりひどくなり、神経性胃炎や潰瘍・自律神経失調症やうつと言った状態になり、さらには、過労死自殺と言った最悪の事態も招きかねません。

 

仕事を辞めたいほど悩んでいるという事は、それまでに長く辛い思いをしてきたという事で、そのような場合、その先悩みや気持ちが改善されることはまず可能性が低いと考えられます。

仕事を辞める事は悪い事ではない

かつては、「どんな仕事も3年は続けろ」などと言われていた時もありますが、嫌な仕事を無理に続けていても、身体を壊したのでは元も子もありません。

仕事を辞めたい理由は人によって様々です。

上司や同僚とそりが合わない、パワハラを受けている、自分のやりたい仕事ではない、お給料が安い。

しかし辞めたい思っても、自分が今やめたら他の人に迷惑がかかるという思いや、辞めた後の収入はどうしようという不安から、なかなか会社を辞める決断が出来ない人もいるでしょう。

しかし、今の仕事を我慢できるのならばそのまま続けるのも選択肢の一つですが、身体を壊してまで無理して続ける必要はないのです。

 

理由もなくすぐに仕事世辞めて転職を繰り返すのは問題ですが、心身が深刻な状態になるほど追い詰められていたり、また自分のやりたい事、目指していることと今の仕事が明確に違っていたりする場合、転職するのは今や普通の事です。

辞めたい理由をちゃんと考える事が大事

 

仕事を辞めたいと思っている時には、その気持ちだけでいっぱいになってしまっていますが、一時の感情で辞めてしまうと後悔するかもしれません。

 

そこで、自分がどうして会社を辞めたいのか、その理由をはっきりさせる事が、気持ちをリセットして次へ進むためにも大切です。

 

自分の本当にやりたい事が何なのかはっきりさせる事で、自分の進みたい道が明確になります。

すると、転職の際の面接時などでも自分の考えをきちんとアピールすることが出来るので、採用されやすくなるでしょう。

 

また、仕事を辞める時には、収入面についても考えておく事が大切です。

仕事を辞めると、次の仕事が見つかるまで収入がない状態になります。

その間の生活をやっていけるだけの蓄えがあるのか、次の仕事が見つかるまでどのくらいの期間生活出来るだけの蓄えがあるのかなど、明確にしておく必要があります。

 

収入がなくなって生活ができなくなってしまったのでは、就活どころではなくなっていつまでも仕事が見つからないという悪循環に陥る可能性もあります。

そこで、就活がきちんと出来るためにも、収入面はきちんと把握しておく必要があります。

 

収入面が不安な人は、辞めてしまう前から次の転職先を探しておくというのも一つの手でしょう。

辞めた後もきちんと考える事が大事

会社を辞める理由同様、会社を辞めた後の事も考えておくことが大切です。

何も考えず会社を辞めてしまって次に進むビジョンが何も決まっていないと、収入面の不安などから気持ちが焦って、じっくり選ばずにとりあえず次の会社を決めてしまうケースもあります。

今回会社を辞めたい理由そして次の会社に望む事を明確にしておく事も、次の会社で再び同じ思いを繰り返さないためにも大切です。

 

自分は何をしたいのか、次の会社では自分を活かせる仕事・自分が思った仕事ができるのか、給与の面は希望に見合っているかなどしっかり考えておくと、会社選びを失敗する事もないでしょう。

親に辞めたいと上手く伝える方法

将来の明確なビジョンをきちんと伝える

仕事を辞めるとなると、「仕事辞めてどうするの?」「生活はどうやってしていくの?」と、大抵の親は心配するか反対するでしょう。

そこで、親に会社を辞める事を納得してもらい心配をかけないためには、自分の気持ちをきちんと伝える事が大切です。

その際、ただ辞めたいだけでは納得はしてもらえません。

そこで、親に伝えるポイントとしては

● 今の仕事では、自分の目標や夢は達成できない
● 次の仕事では自分の力を活かす事が出来る
● 次の仕事で自分の目標や夢が達成できる
● 自分の能力に見合った給与をもらう事が出来る

等、自分の将来の明確な目標やビジョンを話すと、親も安心して次の仕事を応援してくれるはずです。

事後報告と言う方法を取る

辞める前に辞めたいと伝えれば、親は心配からどうしても反対するでしょう。

そこで、次の転職が決まってから、そこの会社なら今よりも自分を活かす事ができるという事を伝えましょう。

 

既に決まってしまった就職先を断れとまでは反対しないでしょう。

いずれにしても、今の会社を辞めて次に転職するにあたっての自分の気持ちを正直にきちんと伝えれば、親は納得し新しい出発を応援してくれることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

辞めたいほど嫌な仕事を我慢して続けていると、ストレスが溜り自律神経が乱れて体のあちらこちらに不調が現れてきます。

 

それでも我慢していると症状はさらにひどくなり、胃潰瘍や自律神経失調症、うつになる事さえあります。

 

ストレスが溜り不調をきたすほど嫌な仕事や、自分のやりたい事とかけ離れている仕事を無理してまで続ける事が正しい事ではありません。

 

本当に続ける事が辛ければ、辞めてしまうのは悪い事ではありません。

 

しかし、何も決めず、何も考えないでやめてしまっては,次の仕事がいつまでも決まらない状態になってしまう可能性もあります。

 

そこで、仕事を辞める時には辞めたい理由を明確にし、さらに辞めた後の事もしっかり考えておく事が大切です。

 

そして、仕事を辞める事を親に心配かけずに伝えるには、辞めた後のビジョンを明確に説明するといいでしょう。

また、辞める前に次の就職先を決めてしまい、事後報告と言う方法をとるのも心配を軽減させられる方法の一つです。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。