副業

副業の確定申告はいくらから?確定申告しないとヤバイ!?

副業の確定申告ってどのくらい稼いだらしないといけないの?

確定申告をしないでいたら、どうなる?

社会人として本業は持っているけれど、もう少し収入をアップさせたい人にとって副業を考えるのは、今や自然な流れです。

しかし副業を始めるにあたって、気になるのが「確定申告」ですね。

副業で稼ぐのは自由ですが、その代わりに、確定申告が必要になります。

では、確定申告が必要になるのは、副業でどのくらい稼いだ時なのでしょうか。

また、確定申告をしないと、どうなってしまうのでしょうか。

副業の確定申告はいくらから?

Original update by:すしぱく

 

本業以外に副業で収入を得た場合、確定申告をしなければなりません。
しかし、副業でどのくらい稼いだかや、副業の種類によって、確定申告の必要があるかは変わってきます。

確定申告が必要なのかという基準のひとつに「20万円ルール」と呼ばれるものがあります。

これは、本業以外に副業の所得が20万円以下の場合は、確定申告をしなくても良いというルールです。

実際の副業の種類別に見ていきましょう。

アルバイトやパートの場合

本業以外に取り組んでいる副業が、アルバイトやパートの場合収入が1年間で20万円以下の場合は、確定申告の必要はありません。

もちろん、20万円以上の収入を得た場合は、期間内に確定申告が必要になります。

アルバイト・パート以外(クラウドソーシングや内職など)

本業以外に取り組んでいる副業がアルバイトやパート以外の場合、副業の所得が20万円以下であれば、確定申告の必要はありません。

アルバイト・パートと違うのは、この場合は「所得」に注目しているところです。

所得なので、単純に収入で計算することができません。

所得とは「売上から経費を引いた金額」なのです。

例えば、副業の収入が50万円だったとしても、経費に35万円かかっていれば、所得は差し引き15万円になります。

この場合は、確定申告は不要になります。

経費を差し引いても20万円を超える場合は、確定申告が必要です。

[adsense]

副業での稼ぎを確定申告しないとどうなる?

確定申告は初めての人、慣れていない人にとっては、「難しそう」というイメージがあります。

後回しにしているうちに、期限を過ぎてしまった、ということもあるでしょう。

では、確定申告をしなかったら、どうなるのでしょうか。

 

確定申告は毎年、2月16日~3月15日までは、申告期間です。

前年の1月から12月までの副業の収入または、所得を申請しなければなりません。

もし期日までに確定申告をしなかった場合は、罰則を受ける可能性があります。

その罰則とは「無申告加算税の支払いを求められる」です。

無申告加算税は、期限内に確定申告をしなかったことに対する罰則です。

本来、納めるべき税額に加えて、税額に応じた罰金を加算されます。

 

ただし、期限後の申請になったとしても、一定の条件を満たしていれば無申告加算税は課されません。

例えば、

  • 無申告に正当な理由がある
  • 期限後申告日から過去5年間のうちに無申告加算税もしくは重加算税を課されたことがない
  • 期限後申告の後、税額を期日までに納付した

 

理由によっては罰金を逃れられる可能性があるので、うっかり確定申告を忘れてしまった場合は、速やかに税務署に相談してみましょう。

確定申告の種類とは?

Original update by:すしぱく

 

確定申告にはいくつかの種類があります。

基本的な種類は以下の3つです。

● 確定申告書A様式
● 確定申告書B様式
● 申告書第三表(分離課税用)

確定申告書A

確定申告書Aは、所得の種類が「給与所得・配当所得・一時所得・雑所得」の4種類に限定されている場合に使用します。

 

例えば、

  • サラリーマンやパート・アルバイトのように、勤務先から給料をもらっている
  • 年金をもらっている
  • 株の売買はしていないが、配当をもらっている

しかし、所得の種類がこの4種類に限定されていても、予定納税がある、平均課税の適用がある、純損失の繰り越しや雑損失の繰越がある場合は、確定申告書Aは使用できません。

確定申告書B

確定申告書BはAの4つに加えて、不動産所得事業所得など所得区分を問わないものに使用します。

 

元々確定申告書Aは、確定申告書Bを簡便化させたものなので、所得区分が給与所得・配当所得・一時所得・雑所得だけでも、確定申告書Bを使用しても構いません。

 

アパートやマンションを経営している人フリーランス自営業の人の場合、確定申告書Aでは対応できないので、確定申告書Bを使用することになります。

申告書第三表

申告書第三表を使うのは、株の譲渡土地や建物の譲渡があった人です。

例えば、

  • 自営業の人が本業とは別に株の売買で稼いでいた場合
  • アパートやマンション経営を行う一方で、収益力のない物件を売りにだした

それぞれに特徴があるので、自分がどこに当てはまるのか、正確に判断しましょう。

確定申告の方法とは?

確定申告の方法は、難しいように感じますが基本手順はたったの5手順です。

① 確定申告に必要な書類を税務署またはインターネットで入手する
② 確定申告書を作成する
③ 確定申告書を税務署に提出する
④ 税金の還付を受ける
⑤ 期限までに税金を納付する

 

もう少し詳細に見ていきましょう。

① 確定申告に必要な書類を税務署またはインターネットで入手する

確定申告をするには、必要書類を手に入れる必要があります。

書類は税務署でもらうことができるので、どこの税務署でもらってもOKです。

また、国税庁のホームページから、ダウンロードすることもできます。

書式を選んでプリントアウトしても、手に入れることが可能です。

②確定申告書を作成する

確定申告書を作成するのに必要なものは以下の通りです。

● 本業の源泉徴収票など、収入や所得を証明する書類
● 1年間で得た副収入の合計
● 1年間にかかった経費の合計と、経費を証明するもの
● マイナンバーのコピー
● 身分証明書のコピー
● 印鑑

書き方は税務署に置かれているサンプル国税庁のホームページで紹介しています。

また、パソコン入力ができるのであれば、国税庁のホームページから、確定申告書を作成するコーナーを利用すると便利です。

用意した書類を見ながら、手順に沿って入力すると、面倒な計算は自動で行ってくれます。
できたものを印刷すれば完成です。

③確定申告書を税務署に提出する

出来上がった確定申告書を税務署に提出しましょう。
多くの場合、直接税務署に足を運びますが、郵送でも可能です。

ただ、提出先はどこでもよい訳ではなく、管轄の税務署を調べ、そこに提出します。

住んでいる場所から1番近い税務署が管轄になるはずです。

④税金の還付を受ける

還付が発生する場合は、確定申告後に指定した金融機関に振り込みがあります。

これは税務署側の作業です。

⑤期限までに税金を納付する

確定申告は税金の納付が終わって完了です。

納付税額が発生する場合は、税金を支払う義務があります。

コンビニ支払、自動引き落としなど、支払い方法を選ぶことができるので納付期限までに支払いを済ませましょう。

確定申告は済んでいても、税金の納付が済んでいないとペナルティが発生することがあります。

なるべく早めに納税することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

副業での確定申告の目安は、1年間に20万円以上稼いでいるか、という点です。

パートやアルバイトの場合は「収入」で計算しますが、それ以外の場合は「所得」で計算します。

20万円以上の稼ぎがあるのに、確定申告を忘れてしまうとペナルティが発生しますので、面倒でも忘れずに申告しましょう。

初めての場合は、分からないことばかりですが、税務署にいくと細かく教えてもらえます。

期限ギリギリは混み合うので、早めに足を運ぶことをおすすめします。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。