心を掴む心理学

人のせいにする人の心理とは!?巻き込まれない対処法とは?

都合の悪いことがあると、すぐに人のせいにする人がいる!

巻き込まれないためには、どうしたらいいの?

会社や学校などの組織の中に必ず1人は存在するのが、不都合なことがあると人のせいにして、責任逃れをする人です。

一度は出会ったことがあるのではないでしょうか。

直接関わらない距離ならまだしも、仕事などで近い位置にいる人の場合は自分にも火の粉が降りかかるのではないかと、気が気ではありません

人のせいにしてしまう人には、どんな特徴や心理があるのでしょうか。

ここでは人のせいにする人を知って、巻き込まれない為の対策を考えていきましょう。

なんでも人のせいにする人の特徴とは?

 

仕事での失敗、取引先への不備など、明らかにその人が悪いのに自分の非を認められずに、周りにいる人のせいにしてしまう、迷惑な人がいるのは事実です。

なんでも人のせいにする人には、全員ではありませんがいくつかの特徴があります。

まずプライドが高くて職場でも重要なポジションについている人です。

重要なポジションにいるので、それなりに責任のある仕事をしているのに、都合が悪いと部下のせいにしてしまいます。

 

プライドが高い人というのは、自分が悪いと分かっていてもなかなか認めることができません

特に年齢を重ねた中高年にもなると、若い部下に頭を下げるなんてプライドが許さないのです。

その結果、不都合があると何かしらの理由を付けて他の人のせいにします。

年齢が上がるほど「失敗すると後がない」と考えてしまうので、より自分の非を認められない人が増えてきます。

 

年齢は若いのに人のせいにする人というのは、見た目が良くモテる人にも多いです。

モテる人は普段から外見を気にしたり、周りに気を使ったり、とにかくカッコよく見せようとします。

普段から「カッコイイですね」「憧れます」などと言われることに優越感を感じているので、自分の失敗で周りの評価を下げるのがイヤなのです。

ですから、何か失敗をしても自分のせいではないというのを主張するため、周りの人に罪をなすりつけてでも、自分の評価を守ろうとするのです。

 

更に人のせいにする人の特徴には、育った環境に左右されることもあります

それは小さいころから厳しく育てられた人に多いです。

厳しく育てられた人は、これまでに両親から数えきれないくらい怒られて育っています。

「失敗=厳しく怒られる」という流れを本能的に悟っているのです。

ですから仕事などで失敗すれば、怒られると判断し、それを回避する為に人のせいにします。

これ以上、怒られたくないという恐怖から本能的に誰かのせいにするという行動を取るのです。

[adsense]

なんでも人のせいにする人の心理とは?

なんでも人のせいにする人は、どんな心理が働いているのでしょうか。

行動の裏にある心理を覗いてみましょう。

承認欲求が強い

承認欲求とは、要するに認めて欲しいという気持ちであり、承認欲求が強い人は失敗で認められないことを恐れて、人のせいにします。

褒められるのは大好きなのですが、怒られることで周りに拒否されるのを嫌います。

普段から自分の得意分野においては、自慢話をしてしまうタイプも多いです。

 

それ故に自分の失敗は絶対に他人には見せたくありません

それなのに、大きな失敗をしてしまった場合、なかなか自分の非を認めることができないのです。

そんなことをしていれば、周りからの信用を失うのですが、それに気づくことができず、自分の欲求だけを求めようとする傾向にあります。

自分の身を守りたい

失敗をしたり、思わぬミスをすることは誰にでもあります。

そして、それが会社に損失を与えるような重大なことであれば、怒られるのも当たり前です。

他人から怒られたり、批評を受けることは、苦痛でしかありません

その結果、上司や部下からの評判も下がってしまうかもしれません

そして、自分へのダメージが大きく、そんなことは耐えられないと考えた時、自分の身を守るために、周りの人のせいにしてしまう心理が働きます。

周りから見れば自分さえよければいいのか、と自分勝手な行動にしか見えません。

周りのことが見えないくらい自分が大事で、自己愛が強い人は人のせいにする傾向にあります。

出世のため

仕事で失敗することは、その大きさによっては出世に大きく響いてきます。

ここは外せないというプロジェクトやプレゼンで失敗してしまうと、出世の道が閉ざされてしまいます

出世したい一心で仕事をしている人というのは、自分の失敗が出世できないことに繋がるので、自分が悪いということを認められずに人のせいにしてしまいます。

 

ひどくなると、実在しない架空の人物を作りだしてまで、言い逃れしようとする人もいるのです。

そのくらい出世が大事な人は、不都合は全て他人のせいにしたがります

その行為によって自分の評価を下げていることにも気づかずに、ただ出世のために人のせいにするというのは、人間として魅力のない人になってしまいます。

人のせいにする人と仕事をするリスクとは?

 

人のせいにする人は、まず身近な人を標的にします。

同じプロジェクトに入っていたり、その人の下について仕事をするとなれば、狙われやすいです。

 

考えられるリスクとしては、

  • あなたのせいではないのに、あなたのミスとして報告されている
  • あなたの知らないところで、あなたが悪者になっている

などが上げられます。

逆に、あなたが頑張って結果を出した仕事の手柄を横取りされることもあります

悪いことはなすりつけて、良いことは奪い取っていくようなリスクが重なります。

そうなれば、あなたの評価が下がってしまうので、出世への道も閉ざされてしまいます。

人のせいにして認められた人が出世して、本当に頑張ってきたあなたが出世できないなんて理不尽です。

 

「まさか、そこまではないでしょ」と思うかもしれませんが、実際になんでも人のせいにする人というのは、どこまでやるか分かりません。

少なくとも起きてしまったミスの尻拭いや責任転嫁のリスクはあると考えましょう

最悪、会社にいられなくなるというリスクもあり得るのです。

巻き込まれない為の対処法とは?

人のせいにする人が身近にいる場合、その被害に巻き込まれないようにするためには、「関わらない」「近づかない」ことが1番です。

しかし仕事で関わっている場合は、避けたくてもそうはいかない状況が多いですよね。

同じチームなどになれば、否が応でも一緒に仕事をしなければなりません。

 

もし人のせいにする人と仕事をする場合は、口だけで言い逃れができないように目に見える形で履歴を残すようにしましょう。

要注意人物からお願いされる仕事は、口約束で終わらせるのではなくメールで依頼してもらい、結果をメールで報告するなど、あとで確認が可能にしておきます

 

そうすればあなたからの報告漏れや、期限遅れなどを記録できるのであなたのせいにされても、反論ができます

資料やプレゼンなど、あなたが作成するものが発生した場合は一人で作成、確認までを済ませてしまうのではなく、第3者にも見てもらいましょう

客観的な視点の人を巻き込むことで、いざという時にあなたの味方になってもらえます。

営業で取引先に行く時も、事前に対応内容や訪問日時などをメールで残しておきます。

対応が終わった後も、取引先から了承した旨やその日の内容を確認するメールなど、やはり形に残すと良いです。

もう一人第三者を加えることで、あなたのせいにされるリスクを軽減することが可能です。

可能であれば要注意人物より地位の高い人を巻きこめるのが理想ですね。

まとめ

いかがでしたか?

人のせいにして自分は逃れるという考えの人は確かに存在します。

そんな人が近い場所にいる場合は、少なからずあなたも被害を受ける可能性があります。

特に上司や上長に位置する人の場合、反論することも難しいですよね。

関わらないのが1番良いですが、仕事の場合はそうもいかないでしょう。

巻き込まれないようにするためには、目に見える形で結果を残しておくことや、第3者を巻き込んであなたの行動を証明してくれる人を用意しておくことも必要です。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。