自己啓発

仕事のモチベーションを上げる方法とは?根本の原因とは?

・モチベーションが上がらない原因は?

・モチベーションを上げるには?

・嫌な仕事を続けていても意味がない?

仕事をしていると嫌になる事、辞めたくなることってありますよね

仕事が嫌だと思い始めるとモチベーションも下がってきます

すると益々やる気もなくなって、続けるのが困難になってきます。

そのような時、モチベーションを上げるにはどうすればいいのでしょう。

ここでは、モチベーションが下がる心情や、モチベーションが上がらない時の対策について紹介しています。

モチベーションが上がらない人の心情とは?

仕事をしていてモチベーションが上がらない、その仕事をするのが嫌だ、やる気が出ないという声をよく聞きます。

どのような状況だとモチベーションが上がらないのか、仕事でモチベーションが上がらないという人の声を集めてみました。

 

「頑張っているのに自分は評価されず、上司に媚びを売って気に入られた人が出世している」

「いくら頑張って結果を出しても、その頑張りがお給料に反映されない」

「自分の希望とは違う部署に配属され、やりたくない仕事をしなければならない」

「仕事がマンネリ化して飽きてしまった」

「今の仕事に意義ややりがいを感じられず、何のためにしているのかわからない」

「頑張っても成果が上がらなかったり、失敗ばかりしたりして自分に自信が持てなくなった」

「仕事でよい結果が出ない」

「一緒に仕事をしている人との人間関係が良くない」

このように、様々な理由で、仕事のモチベーションが上がらないと感じている人は多くいます。

巷で言うモチベーションアップの方法とは?

それでは、モチベーションが下がった時は、どうやって上げたらいいのでしょうか。

モチベーションが上がると言われている方法を紹介します。

モチベーションが上がる方法

時間や期限を決める

いつまでもダラダラやっているとモチベーションは下がって来るので、「この仕事は○○までに終わらせる」と期限を決めると、それに向かって仕事を進めるようになるのでモチベーションが上がります。

スピードを付けてやる

ダラダラ仕事はモチベーションを下げます。逆に、あまり好きでない仕事でもテキパキやっていると、脳がこれが自分のやりたい仕事だと勘違いしてやる気を起こすエネルギーを送ってくれるので、モチベーションが上がります

目標にする人またはライバルを決める

自分一人ではなかなかモチベーションは上がりません。

そこで、自分と比較できる人を設定するのもモチベーションを上げる一つの手です。

例えば、上司でも友人でも自分が尊敬できる人、あの人のようになりたいと思える人を見つけてその人に近付こうと頑張ると、その思いがモチベーションを上げてくれます。

細かい目標設定をする

将来の大きな夢や目標を設定するのも大切ですが、それがあまりにも遠いと途中でモチベーションが下がってしまう事もあります。

そこで、まずは週単位・月単位など短い期間での目標設定をして、それを一つ一つ達成していくようにすると中だるみがなくなります。

そして、この細かい目標達成の積み重ねが、最終的に大きな目標達成へと繋がります。

自己暗示をかける

「自分はできる人間だ」「自分にこの仕事は絶対できる」と言ったようなポジテイブな言葉を自分に投げかけて自己暗示をかけます。

言葉の力は強力なので、言い続けていくとそうなっていくものです。

そうして自信が付くとモチベーションも上がります。

自分へのご褒美を上げる

この仕事を達成したら好きなケーキを買おう、欲しかったバッグを買おうなど、頑張った自分へのご褒美を上げるとモチベーションが上がります。

 

このようにモチベーションが上がると言われる方法は様々あるので、モチベーションが上がらない時、自分に合った方法を試してみるのもいいでしょう。

【暴露】モチベーションが上がる方法なんて意味がない!

しかし、そもそもその仕事が自分の情熱をかけてまでやりたいと思える仕事でなかったら、いくら色々な策を講じてモチベーションを上げようとしても上がるはずはありません。

そのような状態で仕事を続けていても仕事ははかどらず、結局心が疲弊してしまいます。

では、モチベーションが上がらない時にはどうすればいいのでしょう。

その対策法は2つあります。

一つは仕事として割り切る事。そしてもう一つは自分が本当にやりたい仕事をする事です。

仕事として割り切る

つまらない仕事でも例えば、お金のため家族のためと自分を納得させて、モチベーションが上がらなくても良しとして、仕事は仕事と割り切って代価の為に頑張る。

自分が本当にやりたい事を仕事にする。

しかし、どうしてもその仕事が嫌で割り切ってすることも苦痛ならば、いつまでもその状態で続けていても嫌な気持ちが変わることはありません。

そこで、思い切ってその仕事を辞めて、本当に自分がやりたい仕事をする事です。

ただしこの場合、今の仕事が嫌だからと先の事を決めずただやみくもに辞めてしまっては、次の仕事がなかなか決まらなかったり、同じことを繰り返してしまう可能性もあります。

そこで、自分が本当にしたい事や今後どうするかなど、この先の目的をはっきりさせておく事が大切です。

本気になればいつからでもビジネスは取り組める

徳島県上勝町は、今や葉っぱビジネスとして広く知られています。

高齢者が「もみじ」を売って、一つの事業にしてしまったのです。

しかし、この町は元々葉っぱビジネスが盛んだったわけではありません。

 

高齢化と過疎化の進んだこの町は、かつては林業とみかん栽培の盛んな町でした。

ところが、林業は輸入木材に押され衰退し、ミカン栽培も1976年の大寒波で大打撃を受けて、地域経済は壊滅的な状態になりました。

そこで、この状況を打破しようと新たな町の特産品として考案されたのが葉っぱビジネスでした。

葉っぱビジネスとは、料理のつまとして使う葉っぱを提供する彩事業の事です。

 

この事業は、初めたった4軒の農家の高齢のおばあさん達で始められたものでした。

それが今や、売上高2億を超えるこの街の主要産業になっています。

 

農家のたった数人のおばあさんが始めた事業でも、2億を超える事業までにする事も出来るのです。

今やインターネットが普及し、PCがあれば固定費もかからず自宅で1人でも仕事ができる時代です。

やりたい事が明確に決まっていれば、1人で起業も夢ではないのです。

もしも、今の仕事に情熱が持てず自分の人生をかけるほどの仕事ではないと思っているならば、我慢してダラダラ続けているよりは、自分の情熱とやる気をかけた本当にやりたい仕事を始めてみるのもいいのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

 

様々な理由でモチベーションが上がらない人が多くいます。

 

目標設定や自分へのご褒美など、モチベーションを上げると言われる方法はあります。

 

しかし、その仕事にどうしても情熱を持てないという根本原因が取り除けなければ、頑張ってモチベーションを上げても結局心は疲弊してしまうだけです。

 

そこで、やる気の出ない仕事に対しては、仕事と割り切るかその仕事を辞めて本当にやりたい仕事を見つけるという2つの対策法があります。

インターネットが普及し1人で起業する事も出来るこの時代、本当に自分が情熱を注いでやりたい仕事をするのも夢ではないのです。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。