自己啓発

4年目で会社を辞めたい人は辞めるべき?転職はリスク?

入社4年目だけど仕事を辞めたい!
このタイミングで辞めるのは正解?リスクはある?

入社して4年目といえば、仕事にも慣れてくるころですね。
少しずつ仕事を任されることも増えて、やりがいを感じる時期ではないでしょうか。

一方で、4年目あたりになると、急に会社を辞めたいと言い出す人が増えるのも事実です。
何故、入社4年目で仕事を辞めてしまうのでしょうか。

ここでは入社4年目で会社を辞めることで後悔しない為に注意したいことや
転職という判断は正しいかについて
、まとめていきます。

なぜ4年目で会社を辞める人が多い?

 

社会人としても組織の1人としても未熟だった新入社員を経て
2年目、3年目と過ごしていくうちに、社会にも会社にも徐々に慣れてきます

そして4年目となると、任せられる仕事も増え、後輩や部下ができる人もいますよね。
そんな中、仕事への充実感、やりがいを感じてくる時期ともいえます。

ところが、仕事に慣れてくると、これまで見えなかった周囲の環境が冷静に見えるようになります。
会社の方針、上下関係、上司の文句など、会社の良い部分も悪い部分も見えてくるのです。

また、会社に勤めているうちに別にやりたいことを見つけた場合や
今の会社にいても出世の望みがないなど将来性がない場合は、転職を考えることもあるでしょう。

このように、4年目になると自分の将来について考える人が増えてきます。
冷静に10年後、20年後を見据えた時に「動くなら今しかない」という決断に至るのです。

[adsense]

会社を辞めたくなる理由とは?

会社を辞めたくなるのには、何らかの理由があります。
やりたいことが決まっているなど、プラスな場合もありますが、多くはマイナス面が大きいです。

給料面の不満

仕事をした上での対価が給料です。
ですから、給料は働いた量や会社に貢献した時間に見合ったものでないと不満がでます。

また同世代の他企業に勤める知人に比べて、明らかに給料が少ない場合や
昇給がほとんど見込めない
ような会社であれば、転職を考える人も多いでしょう。

給料が仕事量に見合っていない、給料が極端に低いなどの不満は
会社を辞めたくなる大きな原因のひとつです。

人間関係に耐えられない

会社という組織には、様々な人間がいます。
中にはどうしても気が合わない人、逆に自分のことを気に入らない人というのが現れます。

嫌がらせで自分に仕事が回ってこない、いつまでもお茶くみをやらされるなど
いじめにも近い状況で人間関係に悩む人も多いのです。

人間関係のストレスは体調に影響を及ぼし、うつ病になる可能性もあります。
そうなると、早いうちに抜け出した方が良いといえるのは確かです。

仕事にやりがいを感じられない

本当は別の会社を志望していたけれど入れなかった、営業ではなく開発がやりたかったなど
そもそも自分の希望とは異なる仕事をしていると、年数が経つにつれてそのギャップに悩まされます

そうなると例え仕事を任されたとしても、やりがいを感じることができず
ついには今の会社に貢献したいという気持ちが薄れてしまうのです。

やりがいを感じなければ、前向きにもなれず、いつも無気力です。
そんな自分と決別するためにも、会社を辞めて新しい道に進む人も多いのです。

会社を辞めるか判断するには?

 

会社を辞めると決断するまでには、様々な葛藤があると思います。
せっかく慣れてきたのに、本当に辞めていいのか、もう少し頑張れば変化があるかもと期待する自分もいるのです。

一方で転職するなら若い方がいい、今の状態から抜け出して心機一転頑張りたいなど
焦りにも似た感情を抱く
こともあります。

では、会社を辞めるか判断するには、どこを見極めるべきでしょうか。

まず言えるのは、今の会社にどのくらい貢献できるか、という部分です。
100%を望むことはありませんが、50%に満たないのであれば、辞めた方がいいでしょう。

会社に希望が持てない、会社を良い方向に動かしたいと思えないのであれば
今の会社にいても時間の無駄です。

また、あなたの上司を冷静に観察してみましょう
その上司はあなたの目標になりますか

上司の姿は将来のあなた自身の姿といっても過言ではありません
ふんぞり返って部下をこき使っている、上長に頭が上がらずヘコヘコしているなど、「ああはなりたくない」と思うのであれば辞めるべきかもしれませんね。

上司がやりがいを感じていて、充実した仕事をしていると、前向きになれるものですが
上司に尊敬できる部分がない場合は、将来がないと考えて辞める決断をするのは間違いではありません。

会社を辞める時に言われる事とは?

会社を辞めるという旨を伝えた時、そして辞めるまでの期間に
言われてしまうことって気になりませんか。

会社によってはかなり厳しいことを言われるところもあります。

まず、会社を辞めることを伝えた時には、よほど出来が悪い場合を除いて
引きとめられます

引き止め方としては、あなたがどれだけ会社に必要か、優秀なのかを言われることもあれば
残される後輩の教育はどうするのか、部下が育つまでは頑張って欲しいなど、様々です。

人材不足の会社ではどうにかして、退職をやめさせよう、延期させようと働きかけるので
思わぬ言葉に考え直してしまう人もいるでしょう。

それが本心からの言葉ではないことは、相手を見れば分かるはずです。

辞めることが決まってからは、引継ぎの期間に入りますが
辞めることが決まった途端、会社側の対応は冷たくなります

方々から嫌味を言われ、あなたが自分勝手に退職するせいで
その余計な仕事が回ってくる、新人の教育もあるのに大変などグチグチ言われるでしょう。

まさに人間の本性が見える時です。
そういった嫌味は聞く耳を持たず、淡々とやるべきことをこなしましょう

いちいち反応するだけ時間の無駄です。

無謀に辞めるのは最後の奥義

会社を辞める人の中には、計画的に辞める人と無計画に辞める人がいます。
計画的に辞める人は、辞めた後どうするのかをきちんと頭に入れて、その準備を整えます

例えば、転職をするなら転職先の内定をもらった後に、退職の旨を伝えますし
家業を継ぐのであればその知識や準備を整えながら退職に向かっていきます。

一方で無計画に辞める人というのは、単純に今の状況が嫌だから
逃げるために勢いで会社を辞めるという場合です。

会社を辞めた後のことは、辞めてから考える、または何も考えずに辞めてしまう
そして辞めた後は定職に就かず、実家でのらりくらりとニートになってしまう可能性があります

このように無謀な状態で辞めるのは、おすすめできませんが
無謀でもいいから辞めた方がいいというパターンもあります。

それは、会社のせいでうつになりかけていて、生命の危険を感じる場合です。
こういった時は、これ以上症状を悪化させないためにも、とにかく会社から離れることが重要です。

無謀に辞めるのは上記のように、どうしようもない状況にある時だけです。
最後の奥の手としておきましょう。

それ以外の場合は、しっかりと辞めた後の進退を決めてから辞めるべきです。
要するに計画的に辞めることが望ましいといえるでしょう。

クリエイティブな生き方

今の会社を辞めて転職するのも一つの方法ですが
自分で起業や独立をして、クリエイティブに生きるという方法もあります

特に会社の人間関係で嫌な思いをした人、給料と仕事量が見合わないのが不満な人は
自分で事業を立ち上げて、働いた分だけの収入を得ることができれば、理にかなっていますよね。

起業や独立というと、一昔前までは手に職を持っていないとできないとか
医師や弁護士など、難しい資格試験に合格する必要があるなど、敷居が高いイメージでした。

ところが、現在はインターネットが当たり前に普及したことによって
インターネットを使ったビジネスで、起業をする人が増えています

多少の知識は必要ですが、技術や資格がなくても、十分に可能性があるのです。
初心者でもインターネットビジネスで稼ぐことができる時代になりました。

会社や組織に縛られることなく、自分の力でビジネスを構築していくこと
その中で様々なアイデアを生み出して、更に新しい事業を展開していくことになります。

まさにクリエイティブな生き方を選ぶ人が増えているのも事実です。

インターネットビジネスには様々な種類があります。
まずは、どんなビジネスがあるのか、自分には向いているのかなどを調べることから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

入社4年目は仕事にも慣れて、冷静に周りを見ることができる年齢です。
そこで自分の将来を本気で考え始める人もいます。

会社を辞めたい理由は様々ですが、会社の現状があなたの思い描く未来とはかけ離れている場合や
本当にやりたいことを見つけた場合など、コレという決め手があれば、辞めるのも良い
でしょう。

間違っても後先考えずに勢いで辞めることだけは避けましょう
辞めた後は転職するのも良いですが、自分でビジネスを展開して稼ぐという方法もあります。

会社を辞めてから始めるのでは、いきなり稼ぐのが難しいので
在職中から少しずつ、インターネットビジネスを始めてみるのも良い方法です。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。