コピー(セールス)ライティング

文章が苦手|書くのが遅い時の対策は?

文章を書くのが苦手!
どうしたら文章を早く書くことができるの?

文章を書くことに抵抗なくスラスラ書くことができる人がいる一方で
文字を書こうとしてもなかなか進めることができない、苦手意識がある人も多いです。

それでも文章を書けるようになりたいと思うのであれば
何かしらの対策を練る必要があります。

ここでは文章を書くのが苦手な人のために
文章を素早くスラスラ書くためのヒントをご紹介します。

文章が苦手!書くのが遅い原因とは?

文章を書くのが得意な人がいる反面、
文章を書くのが苦手な人や、書くのが遅い人にはどんな原因があるのでしょうか

書くこと自体の力が弱い

本や文章をたくさん読んできた人でも
いざ、文章を書こうとすると、難しいと感じる人がいます。

特に書き出しに迷う人は多く、何から書き始めればいいのか頭を悩ませます。
確かに白紙のページに文章を書き出すのは難しいことです。

そうなると無意識に文章を書くことを避けてしまう傾向にあります。
文章を書くことを避けてきたような人は、いつまでも書くことに苦手意識を感じます

そして文章を書く力が養われないので、どんどん書けなくなります。
その結果、書くこと自体の力が弱くなり、いざ文章を書こうとしても書けなくなってしまうのです。

いきなり書き始めている

白紙の状態からいきなり文章を書き始めようとする人がいますが
構成が出来上がっていないのに、書き始めてしまうと終わりが見えてきません

それは書きながら構成を考えるからです。
考えながら書いていると、思わぬ方向に内容が飛んでしまいます。

また、他に書きたいことが出てきた時に、平気で脱線していきます。
これでは全体のまとまりがない文章になってしまうでしょう。

また一からまとまっているものを文章にするのと、考えながら文章にするのとでは
書くスピードにかなりの差が出てしまいます。

そうやって書いているうちに、何が書きたかったのか分からなくなり
最終的に書き終わることができなかったり、時間がかかってしまいます。

最初から100点満点の文章を書こうとしている

最初から100点満点の完璧な文章を書こうとする人は
なかなか文章をまとめることができません。

少し書いては「気に入らない」といって消してしまったり
もっと良い言い回しはないかと考えるうちに時間だけが過ぎてしまいます

文章を見直すことは大切ですが、まずは最後まで書ききることも必要です。
書き直した文章が書き直す前と比べて特別良くなるケースは稀です。

その文章が何故良くないのかという理由を分かっていないのに
いくら書き直しても見違える文章になることはありません。

最初から完璧な文章を書く必要はありません。
まずは伝えたいことを分かりやすい言葉で書くことに集中しましょう。

[adsense]

苦手な文章をスラスラ書くには?

 

文章を書くのが苦手な人が、スラスラと書けるようになるには、いくつかのポイントがあります
ポイントを知れば文章を書くことが苦痛ではなくなるので、是非、見直してみましょう。

まず、「内容を考える」「書く」「見直す」は別の作業だと考えてください。
この3つを一度にやろうとすると混乱しますし、分かりにくい読みにくい文章になってしまいます。

内容を考える

いきなり文章を書き始めるのは、やめましょう。
まずは何を伝えたいのか誰に伝えたいのかなど内容を練っていきます。

書きたい内容が決まったら、その内容についてしっかりと下調べをしましょう
何も知識がないのに文章は書けません。

書籍、インターネット、人に聞いた話、情報を習得する場所は様々です。
まずはインプットをすることで、文章を書くための材料が集まります。

下調べなくして文章でアウトプットすると、内容が薄い面白くない文章が出来上がってしまいます。
また内容に嘘が含まれている文章は誰も読みたいと思いません。

複数のルートで下調べをして、信憑性のある内容をまとめましょう
書く内容が決まったら、次に誰に伝えたいのかを具体的に想定します。

できれば実在する人物を思い浮かべて、その人に分かる言葉で伝えます。
その人が考えそうなことを予測して、求めている内容を提供するのです。

書く

内容がしっかりと決まってしまえば、あとはその通りに書くだけです。
書く作業は書く前の作業があったからこそできることです。

文章を作成する中で、書くことは1番最後と言っても良いでしょう。

まずは構成を決めましょう
ずらずらと文字が羅列してあるだけでは、読みやすい文章とはいえません。

見出しを入れたり、写真を使ったり、全体でだいたい何文字で書くかなどを決めます。
文章には型があるので、そこが分かれば書きやすくなります。

下調べをしたことに、自分の考えや体験談などを加えながら
具体例とともに易しい文章で書くことを意識しましょう。

調べたことをそのまま載せたのでは、オリジナリティのない文章になってしまいます。
読み手側に面白いと思ってもらうには、独自性や強みを生かした文章が求められるのです。

読み手側の気持ちになって書くことが、読まれる文章のコツです。
そして、最後まで書ききることが大切です。

見直す

一通り文章が書けたら、見直してみましょう。
最初から最後まで読み直すことで、誤字脱字に気づくことができます。

また黙読よりも声に出して読むことで、言い回しや表現の違和感に気づけます
難しい言葉を使う必要はないので、誰が読んでも分かる文章であればOKです。

あまりこだわりすぎると、内容を装飾してしまい本当に伝えたいことが隠れてしまいます。
ある程度、言いたいことがかけていればまずは良しとしましょう。

書き終わった後、すぐに見直しをするのも悪くはありませんが
できれば、見直しは翌日以降にすることをおすすめします。

書いた直後はその文章に慣れすぎているので、違和感に気づきにくいです。
できれば翌日、頭の中をクリアにした状態は、まさに読者と同じ状態です。

その状態で見直すことで、読者目線の見直しが可能になります。

まとめ

いかがでしたか?

文章を書くのが苦手だという人は、その苦手意識から書くことを避けていたり
最初から完璧な文章を書こうとしている人が多いです。

文章は書かなければ上手くなりませんし、最初から上手に書ける人は少ないのです。
まずは、誰が読んでも分かる易しい言葉を用いて、最後まで書くようにしましょう

「内容を考える」「書く」「見直す」は一緒にやらないことを意識して
最初はすべてを別日程で作業してみてはいかがでしょうか

慣れてくると、ポイントをつかめるようになり、「内容を考える」から「書く」はスムーズにできるようになります。
慣れてきても「見直す」に関しては、1日置くようにすると良いでしょう。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。