プレゼンテーション

プレゼンテーションの意味とは?聞き手を魅了するプレゼン方法!

プレゼンテーションの意味とは?

聞き手を魅了するプレゼンの方法とは?

プレゼンを効果的にするための注意点とは?

 

初めてのプレゼンだけど、
「そもそも、プレゼンってどうしたらいいの!?」

何度かプレゼンしたことはあるけど、
「いつも聞き手にうまく伝えられなくてプレゼンが失敗に終わってしまう。」
「緊張してしまってうまくしゃべれない。何度やっても慣れない・・・。」

自分ではうまく出来たと思うのに、
「相手の反応がいまいちだけど、何が悪いのかよくわからない。」

プレゼンについて抱えているモヤモヤを解決したいと思いませんか?

聞き手を魅了するプレゼンのコツや注意点についてまとめています。

実践して、プレゼンに対する苦手意識を克服しましょう。

プレゼンテーションの意味とは?

Original update by : 210

 

「プレゼンテーション」とは、英語で「表現」「提示」「紹介」という意味があります。

ビジネスのシーンでは、「顧客に商品を紹介する」「社内会議で企画を提示する」など、「相手からアイデアや商品に対する理解や共感を得る」ために「紹介」する手段のことを言います。

聞き手を魅了するプレゼンの方法とは?

相手の理解や共感を得るためには、どのようなプレゼンテーションをしたらいいのでしょうか?

答えは、「聞き手を魅了するプレゼンテーション」です。

聞き手を魅了するプレゼンテーションをするには、次の4つのポイントがあります。

① 信頼関係を築く

簡単な自己紹介をして、聞き手の緊張を少しでも解きましょう

聞き手に親近感を持ってもらえるように、聞き手も体験したことがありそうな経験談や近況を話すことで、共感できる部分を共有しておくことで、聞き手との距離を縮めることができます

その時に、威圧感や緊張感を与えないようフランクな態度を心がけましょう

信頼関係を築くことで、聞き手の参加意識を高めることができるので、プレゼン前の自己紹介は、とても大切です。

② 聞き手の状況を考える

聞き手に、自分の考えやアイデアをプレゼンする際には、聞き手の状況を考えることが大切です。

「性別」「年代」「経済事情」「職業」「趣味嗜好」「モチベーション(自発的に参加しているかどうか)」などです。

若い女性に高級なアンチエイジング効果のある化粧品を提案してもあまり興味を持たれないかもしれません。

専業主婦の方に仕事でつかえるスキルの話をしても興味を持たれないでしょう。

聞き手の状況や趣味嗜好に合わせたプレゼンをしましょう

③ 聞き手が何を知りたいのか考える

聞き手のタイプには心理学者ユングの類型論に基づいて4つのタイプがあります。
4つのタイプ、それぞれに興味や価値を持つポイントが異なります。

  1. 「なぜ」を知りたいタイプ
    なぜそのことを知る必要があるのか、知るとどんないい影響が出るのかを知りたい。
  2. 「なに」を知りたいタイプ
    いろいろな知識を吸収し、得た知識をさらに深く掘り下げ、学びたい。
  3. 「どのようにするか」を知りたいタイプ
    すぐに実践して結果を検証したい。
  4. 「もし」を知りたいタイプ
    知識を活用してさらなる可能性を模索していきたい。

聞き手の興味や価値が、この4つのタイプに分類されることを意識し、「なぜ」「なに」「どのようにするか」「もし」を必ずプレゼン内容に入れましょう

どのタイプの方が聞いても、満足できるようにバランスよく盛り込むことが大切です。

不特定多数を相手にする大衆向けのプレゼンではまず、「なぜ」から伝え、プレゼン内容に興味を持っていない聞き手にも興味をもってもらえる訴えかけから始めましょう。

④ 伝える順番を考える

伝える順番を間違えてしまうと、聞き手はそのプレゼンテーションに全く興味がなくなってしまいます。

その結果、聞き手は、話が入ってこなくなり、プレゼンテーションが成功する可能性は低くなってしまいます。

聞き手に興味を持ってもらうために、効果的な4つのプレゼンの始め方をご紹介します。

  1. 結論を伝える
    いきなり結論から伝えることで、聞き手の集中をぐっと高めることができます
    例:「今日お話しする内容を実践することで、〇〇になります。」
  2. 質問する
    聞き手を積極的に巻き込むことで、聞き手の参加意識を高められます
    例:「これからお伝えする〇〇で、皆様は何が得られると思いますか?」
  3. 現実、具体的な数字による問題提起
    現実に起きていることや、具体的な数字を提示して問題提起することで、プレゼン内容により興味を持ちやすくなります。
    例:「本題に入る前に、このデータをご覧ください。このデータが表していることは・・・」
  4. 引用
    プレゼン内容にまつわる経験をストーリー形式で話すことで、聞き手もそのストーリーの中に入り込むことにより、プレゼン内容を理解しやすくなります。
    例:「今日は、寒いですね。私がお客様にお会いしたのもこんな寒い日でした。」

以上の4つの中で、冒頭部分、聞き手の集中を高められそうなトピックを効果的に使いましょう

プレゼンを効果的にするための注意点

Original update by : 210

 

プレゼンを効果的にするために4つの注意点があります。

①  伝えることを明確にする
②  1スライド1主張でシンプルに
③  文章を暗記しない
④  聞き手の温度差に合わせる

① 伝えることを明確にする

プレゼンの構成の基本は、「主張」「根拠」「結論」の三本柱です。

  1. 「主張」
    プレゼンで一番伝えたいことです。
  2. 「根拠」
    なぜその主張をするのか根拠を合わせて伝えることで、その主張の重要性が強調されます。
  3. 「結論
    主張を実行することで実際どうなるのか結論を伝えましょう。

実行することで得られたベネフィットや成功事例、実行しないとどうなるかの失敗事例を盛り込むことで、聞き手が具体的にイメージしやすくなります

 

この3つをプレゼン内容に必ず入れないといけません。

② 1スライド1主張でシンプルに

プレゼンに、自分の伝えたいことを詰め込み過ぎてしまったり、主張を目立たせようと色を使いすぎてしまったりした結果、ごちゃごちゃしてしまい何がなんだかわからなくなってしまいます。

「1スライドでの主張は1つ」

色は「赤・青・黒などの3色程度」にしておくのがベターです。

③ 文章を暗記しない

聞き手に完璧に伝えたいと思うあまり、文章を丸暗記して挑んではいけません

プレゼンをスムーズに進める為には、ある程度、練習して暗記することも大切です。

しかし、「文章を暗記」するよりも、「単語で覚えておく」ほうが、「自分の言葉がでてきやすく感情をこめやすい」ので、聞き手の心に訴えかけやすくなります。

また、緊張や、聞き手の予期せぬ反応などで、頭が真っ白になり、話が飛んでしまっても、臨機応変に軌道修正がききやすいので、「単語で覚えて」プレゼンに挑みましょう。

④ 聞き手の温度差に合わせる

プレゼン内容に興味を持っている方には、積極的に情報を伝えればよいのですが、誰かから指示されて、とりあえずプレゼンを聞いている方もいらっしゃいます。

そのような場合、プレゼンに乗り気ではないため、あつく語られれば語られるほど、聞き手との距離は離れてしまうばかりです。

聞き手の反応を観察しながら、聞き手の温度差に合わせた伝え方をしましょう

まとめ

いかがでしたか?

聞き手を魅了するプレゼンの4つのポイントとは、

「信頼関係を築く」
「聞き手の状況を知る」
「人が何を知りたいのか考える」
「伝える順番を考える」

です。

「聞き手と信頼関係を築く」ことで、「聞き手の参加意識を高める」ことから始め、プレゼンの構成の基本である「主張」「根拠」「結論」の三本柱で、「何を伝えたいのか明確に」し、「伝えたいことを簡潔に」、「自分の言葉」で聞き手に伝えましょう。

文章を丸暗記するのではなく、「単語で覚える」ことで、自分の感情も込めやすくなるので、よりいっそう、聞き手の心に訴えかけることができますよ。

聞き手の「反応に合わせて熱量を調整」することも、ポイントです。

人の心をつかむプレゼンで同僚に差をつけましょう。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。