自己啓発

営業が嫌いだ!転職前に試してほしい克服法!

営業なんてやりたくない!

営業を続けたくないから転職するのはどうなの?

 

営業職に苦手意識を持ちながら営業をしている人がいます。

入社した時は希望に満ちていた営業職なのに、実際に働いてみたら理想とのギャップが大きいのです。

また、元々営業が得意ではないのに、異動で営業になってしまったという場合もあるでしょう。

そうなるとより、営業嫌いが加速していくのではないでしょうか。

ここでは営業が嫌い、苦手だという人のために、克服法をご紹介します。

転職を考えているなら、その前にちょっと考えてみてください。

営業が嫌いになる理由とは?

 

営業が嫌い!できればやりたくない…こういった人にはどんな理由があるのでしょうか。

まず営業は商品やサービスを紹介して、あわよくば購入してもらうのがメインの業務です。

しかし希望していない人に商品を紹介するのは気が引けますよね。

商品を紹介しても売れなければ業績は伸びませんし、営業成績も下がってしまいます

そうなると押し売りのような形になってしまうこともあり、だんだん仕事が憂うつになってしまいます。

また営業マンが訪ねてきたり、商品を勧めに来るとあからさまに嫌そうな顔をする顧客もいます。

しつこい営業、威圧的な営業に関わったことがある顧客にとって営業は悪いイメージしかないのです。

もし営業をしているあなた自身にも、そういったイメージがあるのであれば、セールスマンの精神がついてきていないという状況に陥るかもしれません。

「どうせ売れない」「また嫌な顔をされる」そんな思いで営業をしていても売れませんし。明らかに向いていないともいえるでしょう。

同じ営業でも会社によって戦略や方針は変わってきます

「顧客の意思に沿った営業をする」会社と「何が何でも売ってこい」という会社など様々です。

そういった会社の方針が合っていない場合も、営業を続けるのは厳しいでしょう。

転職をして他の職種に移れば楽になる?

そんなに営業が嫌い・苦手なのであれば、営業として働くのをやめるという方法もあります。

転職という方法ですね。

でも、転職をする前に知っておいてほしいことがあります。

それはどんな仕事でも決して楽ではないということです。

総務会計などの業務に就いたとしたら、その知識を付ける必要があります。

お金が関わる業務というのはとてもシビアなので、1円単位で間違いがあってはいけません。

それほど厳密で正確さが求められます。

もしあなたが計算や数学が苦手で大雑把な性格なら、やはり壁となって立ちはだかるでしょう。

またSEやプログラマーになれば、目まぐるしく変わるシステムのことに詳しくなければなりません。

覚える言語は増える一方ですし、無理な注文にも柔軟に対応できる余裕も必要です。

 

それぞれの職種には、その職種に就いてみないと分からない嫌な面というのが必ずあります

ですから営業が嫌で転職しても、今度は別の問題にぶつかって「営業の方が良かった」と思うかもしれません

とはいえ、営業として働くあなたにとって、精神的にも限界がきているのであれば、本格的に身体を壊してしまう可能性があります。

そうなる前に転職や休職をして、今の状況から脱出することが必要です。

しかし、まだ限界を迎えていない、もう少し頑張れるという状況なら、この壁を乗り越える方法を探してみましょ

営業には向き不向きがあるのも事実ですが、営業で学んだことは他に業務にも生きてきます

嫌になったから転職するのは誰にでもできます。

乗り越えた先に行かないと見えないものもあるので、余力があるなら乗り越える努力をするのをおすすめします。

転職前に知ってほしい!営業嫌いの克服法!

営業が嫌で転職を考えているけれど、できることはしておきたい。

できれば、克服して営業ができるようになりたい

このように前向きに考えている人に、営業嫌いの克服方法をご紹介しましょう。

営業が嫌いな人の多くは、顧客の立場に立って物事を考える視点がずれています

顧客が商品を買うのはその商品によって、現在悩んでいることを解決したいからです。

その商品を使うことで、「悩みが解決した」という結果を手に入れたいのです。

例えばドリルは穴をあけるための機械です。

営業はこのドリルを買ってもらうために、ドリルの良さをアピールします。

見た目、機能性、利便性など、顧客に興味を持ってもらえるように、ドリルの良い面を丁寧に説明するでしょう。

しかし、それでは顧客に「このドリルが欲しい」という気持ちは起こりません。

顧客が求めているのは、ドリルを使ったことで、求めている「穴」が開けられるのかという部分なのです。

ドリルの性能や機能という難しい話ではなく、「こういう穴を開けたい」」という悩みを解決できるかが重要です。

 

またセールスにおいて「小型商談」「大型商談」という部分で既に違いがあります。

顧客の頭の中での悩みは、潜在的にある悩みと顕在化している欲求とに分けられます。

小型商談では潜在的にある悩みを、上手に言い当てられるかがポイントになります。

例えば「もうすぐ暑くなるのに夏物がない」「近頃は気温が下がって寒くなってきた」などです。

潜在的に感じていることなので、言い当てられた時に「そうなの!」と反応が返ってくるのです。

一方で大型商談では、潜在的にある悩みを顕在化する欲求に育て上げていくことが重要になります。

「涼しく過ごせる夏服が欲しい」「お洒落な秋物ジャケットを買いたい」などを顧客に意識させて、更には具体的なアクションを起こすキーワードまで掘り下げることです。

単純に「~したい」という感情から「いつまでにこうしたい」という具体性が必要なのです。

営業が上手くいかない人は、このニーズの掘り下げ方が間違っている場合があります。

ここを意識するだけで、あなたが「買ってください」という前に「欲しい」「ください」と言われるようになります。

営業は相手を豊かにすること?

売れる営業マンと営業が苦手なあなたの違いはなんでしょうか。

両者の違いとして1番大きいのは、マインドの違いです。

おそらく売れない営業マンはセールスに対してネガティブなイメージが強いのではないでしょうか。

顧客に営業をしながら「どうせ売れない」「押し売りのようで気が引ける」など、弱気になってしまいます。

こういった気持ちでいると、言葉には出さなくても態度や表情で顧客にも伝わってしまいます

マイナスな感情で営業をした商品を、顧客が良いものと認識することはないです。

一方で売れる営業マンはセールスに対してポジティブなイメージを持っています。

「良い商品だから進める」「自信があるから多くの人に使って欲しい」こんな気持ちで営業をします。

ポジティブな気持ちで営業をする人には、何とも言えない「勢い」があります

最初は興味がなかった顧客も、そのポジティブな勢いに徐々に惹きこまれていきます。

心から良いと思っているもの、それを共有したいという気持ち、一緒にハッピーになりたい、というまさにハッピーオーラが出ているのです。

営業が嫌いで商品が売れない営業マンは、その商品のことを知らない人が多いです。

良い部分も悪い部分も踏まえたうえで、こんな悩みが解決する、こんな成果が得られるというのをアピールできません。

まずはマインド面をプラスの方向に切り替えることを考えてみましょう

マインドは自分自身でコントロールできるものです。

そういった点を意識していくと、苦手意識も薄れ、気持ちが楽になります。

まとめ

いかがでしたか?

営業が嫌い、苦手という人は、商品が売れない、顧客に嫌な顔をされるなど、思い通りに営業成績が伸ばせないのではないでしょうか。

一方で営業成績の良い優秀な営業マンがいるのも確かです。

両者の違いはマインドの違いです。

営業嫌いな人はセールスにネガティブな印象が強く、売れる営業マンはセールスに対してポジティブな印象を持っています。

これだけでも営業成績には大きな違いが出てしまうでしょう。

顧客がその商品自体ではなく、その結果、自分の悩みが解消されることを望んでいることを考えましょう。

顧客側の気持ちに沿ったニーズを掘り下げることで、少しずつ営業が好きになれるかもしれません。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。