プレゼンテーション

文章力を向上させる方法とは?トレーニングで改善される?

文章を書くのが苦手…

トレーニングすれば上達するの?

 

学生時代の作文や読書感想文に始まり、社会人になってからも文章を書く機会は意外に多いものです。

文章と向き合う度に、思うようにかけなくて嫌な思いをしている人もいるのではないでしょうか。

文章を書くのが苦手な人でも、トレーニングすることで文章力をアップさせることは可能です。

苦手だからと言って書かないよりも、書き続けている方が上達します。

ここでは文章力を向上させるトレーニング方法や、そのコツといった部分をご紹介します。

文章が苦手な人は是非、参考にしてみてくださいね。

文章力が低いと損!?

Original update by:acworks

 

文章は学生でも社会人になってからも、どこかで必ず使います。

しかし「文章を書くのが苦手」「文章力がない」という人は損をしていることになるのでしょうか。

 

まず、文章力が高い方が何かと得ではあります。

学生時代でいうなら、論文を書く機会があるのですが、やはり文章力がある人の方が評価が高いです。

淡々とした文章になりがちな論文に、様々な言葉の表現を用いることで、飽きさせずに読んでもらうことができます。

誤字脱字が多い、表現に違和感を感じるという文章の場合、途中で読むのを辞めたくなってしまいます。

一方、社会人になってからも、文章力が高いと何かと得です。

仕事の中で書類を作成したり、メールを打ったりする機会が増えるので、そこでも文章力が発揮されます。

また、良い文章を書けることで、ライターとして働くこともできます

書くことが苦手でないのであれば、副業でライターをするという方法もありますね。

 

では、文章力がないと何が損なのかというと、残念ながらあなたが伝えたいことが相手に上手く伝わりません

何が言いたいのか分からない文章しか書けない人は、会話でも同様のことが起こります

話の道筋がバラバラで、聞いている方も混乱して、「結局、何が言いたいの?」となるのです。

文章力がない人は、簡単な文章を書くだけでも時間がかかってしまいます。

文章を書くたびに時間を取られてしまうと、書くのが億劫になってきます。

その状態が続けば、「文章を書く=苦痛」となり、ツライから書きたくないと悪循環に繋がります。

文章力を向上させる方法とは?

文章力を向上させるために、ただやみくもに文章を書くというのは間違いです。

苦手な人や文章力がない人が、今まで通りの方法で文章を書いても上達は難しいでしょう。

それなら難しい方法を学ばなければいけないのか、というとそうではありません

文章力がない人は、文章力がある人がやっている基本ができていないだけなのです。

基本なのでひとつひとつはとても簡単です。

①シンプルな文章

文章が苦手な人は一文を長くしたり、同じことを繰り返し書いている傾向にあります。

一文が長いと何を言いたいのか伝わりにくい文章になってしまいます。

また、「、」や「。」といった句読点を書かない人がいますが、区切りがない文章は非常に読みにくいです。

使いすぎも良くないですが、まずは一文に1つは入れてみましょう。

忘れてはいけないのが改行です。

文字のかたまりがいくつも存在する文章は、一目見ただけで読みたくなくなります。

改行をして見た目にもスッキリさせると、整っているように見えますし、読む側にも優しい文章になります。

②内容は具体的に

シンプルな文章ではあるものの、文章がぼやけないように書く必要があります。

ぼやけないように、というのは、主語・述語がはっきりしない、何を指しているのか分からない文章を書かないようにするということです。

よくありがちなのは、「あれ」「これ」「その」という表現を使うことです。

通じる場合もありますが、多くの場合「これは何を指しているの?」と迷いが生じます。

ですから誰もが分かる簡単な言葉を使って、具体的な固有名詞を書くようにしましょう。

③嘘は書かない

面白い文章にしたいからといって、内容を脚色した嘘の文章を書くのはタブーです。

また、調べもしないで自分の価値観だけで書くのも避けた方が良いでしょう。

調べたことに対して、あなたの考えや意見を入れるのは良いことです。

もし否定する文章を入れるのであれば、必ずその理由も書くようにしてください。

1つの主張に1つの理由を付けるイメージで意識しましょう。

また、ある程度のを作っておくのもおすすめです。

主張をしたら、その理由を書いて、その上で具体的な例と共に提案を書くといった感じです。

嘘は絶対にバレますので、あなたの信頼度を下げるだけです。

文章力を向上させるとレーニングとは?

Original update by:まぽ

 

文章力を向上させるには、何よりも文章を読むことです。

「文章を書きたいのに何故、読むこと?」と思うかもしれませんが、他人の書いた文章を読むことはとても勉強になります。

読むものは本、新聞、ブログなど、文字が入っているものであれば好きなものでOKです。

まずは文章に触れるという部分が重要です。

自分の中にはない言葉や表現方法、言い回しなどを学ぶには、読んでインプットすることが1番です。

そして文章を読みながら、その文章の背景にあるものを読み解きましょう。

何故こんな言葉を使うのか、その言葉の裏にはどんな心理があるのかなども、考えながら読めるともっと良いですね。

 

言葉の表現方法も書き手によって異なります。

同じことを表現しているのに、違う文章で書かれていることは、よくあります。

その中で自分が分かりやすいと感じた言い回し、言葉、表現を取り入れていきましょう。

インプットしたら、アウトプットも重要なので、読んだ内容を参考に書くことも忘れないでくださいね。

文章の書き方としては、時間を決めて「短い時間で書く」という練習と、時間を決めずに「じっくりと書く」練習の両方を行うと良いです。

それでも書くことに苦手意識があったり、何を書いたらいいか分からないという場合は、「写経」がおすすめです。

写経は元々書かれた文字を写し取る作業ですが、文字を書くことには変わりありません。

長いこと文字と向き合う忍耐力や、長い文章を書くという集中力を養うことができます。

書くためにはまず、読むことです。

あまり文章を読んでこなかったという人は、意識してみましょう。

さらに文章力を向上させるコツ

文章の基本を学んだら、更に文章力を向上させる術を実践していきましょう。

まず、おすすめは書いた文章を「人に読んでもらう」ということです。

その相手は多少の文章力がある人、または得意としている人が良いですね。

そして読み終わったら遠慮なく指摘を入れてもらいましょう。

第三者に読んでもらうことは、客観的な目線からの意見をもらえます。

分かりにくい点は素直に「分からない」と言われますし、「私は分かるけど万人には分からない」など、多くのユーザー向けの文章になっているかも気づくことができます。

自分で書いていると見えない弱点を浮き彫りにすることができます。

 

次に感情に訴える文章を書くようにすることです。

人には様々な感情があります。

読み手が思わず共感してしまうような出来事を盛りこんだり、誰にでも経験があるような事柄を例題に出すなどが一般的です。

  • 喜びや幸せを感じさせる文章は「~してみたい」を生み出す
  • 自分らしくありたいという自尊心をくすぐることで、行動を起こす
  • 恐怖心を与えることで「このままではいけない」という感情を呼び起こす

 

こういった感情の中には人間の欲求が大きく動きます。

人が行動を起こすための「動機づけ」になる抽象的な概念です。

不足を満たす為に何らかの行動や手段を取りたいと考えるのです。

このように感情に訴える文章は読み手の心に残るだけでなく、行動を起こしてもらうという力もあります。

是非、意識して書けるようにしていきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

文章が苦手で文章力を上げたいという気持ちがあるなら、向上させることは可能です。

まずは伝えたいことをひとつひとつシンプルに書くところから始めましょう。

その為には、他に人が書いた文章を読むことも必要です。

あなたにはできない言葉選び、文章表現、言い回しなどをインプットしていきましょう。

もっと向上させたい場合は、あなたが書いた文章を第三者に読んでもらうという方法も良いです。

また感情に訴えるような文章を書けるように工夫すると、見違えるように向上していきますよ。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。