プレゼンテーション

販促に使えるアンケートの作り方のコツ!売上に繋がる例文とは?

販売促進をしたいなら、顧客への一方的な営業ではダメ?

アンケートを作るコツが知りたい!

 

マーケティングや営業などで活動していると、商品やサービスを紹介する機会が増えます。

その商品の良い部分、悪い部分、そして使うことで得られる効果など、紹介内容も様々です。

しかしこちらからの一方的な紹介や営業だけでは、顧客の気持ちは動きません。

そこで取り入れたいのが販売促進を目的としたアンケートです。

アンケートとはいっても、顧客に自由に書いてもらうものではなく

こちらで知りたいことを上手く盛り込む必要があるでしょう。

ここでは販売促進に使えるアンケートの作り方のコツを見ていきましょう。

売り上げにつながる例文にはどんなものがあるのでしょうか。

アンケートの役割とは?

Original update by:すしぱく

 

まずアンケートの役割を知ることから始めましょう。

アンケートは一方通行になりがちな販売する側から顧客への営業を対話に変えていくものです。

顧客が商品やサービスに何を求めているのか、どんなものを好むのかを知るための役割です。

顧客が欲しいと思う商品であれば、それだけ売り上げも伸びるでしょう。

アンケートによって、どの顧客に対して、自社の誰が、どんなアクションを取るべきかを考えるキッカケになります。

これらを考えるための情報を集めることができる項目設計のアンケートを作成して、分析できるだけの回答数を回収すること、これこそがアンケートの役割といえます。

また、アンケートの回答は客観的なデータになります。

すると顧客からの信頼性権威性というものを得ることができるようになります。

例えば、自社の社員が「この商品は良いですよ」と紹介するよりも、商品を使った顧客に「これすごく良かった」と言われて方は信用できると思いませんか。

自社の社員が自社製品を褒めるのは当たり前ですが、それを使用した第三者の回答は、本当の素直な意見として顧客の印象に残るのです。

アンケートの目的とは?

アンケートには目的を持たせるべきです。

そうでなければ、アンケートを作成しているうちに、軸がぶれてしまい、何が聞きたいのか分からないアンケートになってしまいます。

アンケートの目的は「リテンション」です。

リテンションとは既存顧客の維持や囲い込み、活用などを指します。

もっと具体的には、再来店、リピート購入、自社や製品サービスに対する満足度向上などが当てはまります。

アンケートを実施することによって、顧客の情報を引き出す必要があります。

大切なのはアンケートが目的によって内容が変わるという部分です。

例えば…

  • 販売促進のアンケートなら商品の良さ、ベネフィットを伝える
  • 社内改善のアンケートなら現状の問題点を浮き彫りにする
  • 満足度向上のアンケートなら現状の把握と分析ができる情報を集める

 

このように目的に沿ってアンケートの内容を変えることで、必要な情報が集まるようにしていくのです。

アンケートを作成する前に、目標の部分をよく検討して、目標に合った内容にしていくことが大切ですね。

アンケートを取る時の注意点とは?

Original update by:すしぱく

 

実際に顧客にアンケートを取る際に、絶対にやってはいけないのが、自由に書かせてしまうことです。

顧客に渡して回答を待つようなものの場合、必要な情報が集まらない可能性があります。

あなたはアンケートによって何が知りたいのでしょうか

目的のところで、アンケートにどんな目的を設定し、実施することにしたのでしょうか。

そういった仮定を思い返して、アンケートを取っていく必要があります。

そのためには、こちらが意図することを書いてもらうような質問を用意しましょう。

まずは知りたい要素に分けて、質問を具体的に書きます。

「良い・まぁまぁ良い・普通・まぁまぁ悪い・悪い」などのような選択肢のアンケートを取ったとします。

そこで得られる結果としては、「普通」か「まぁまぁ良い」に意見が集中するのではないでしょうか。

この回答はあまりにも曖昧です。

曖昧な設問のアンケートを元に印象に基づく分析だけを報告するようなケースでは、アンケートの意味がありません。

要素を細分化して具体的な項目をあげてアンケートにしていきましょう。

ところが具体的な内容ばかりを意識してしまうと、答えを誘導するようなアンケートになってしまうことがあります。

作成者側の意図や先入観を感じてしまう設問が多いアンケートも意外に多いものです。

どの選択肢も作成者側の思惑の中でした答えを選べないようになっています。

これでは客観的な意見をもらうのが難しくなってしまいますよね。

欲しい答えを決めつけていたり、アンケートのターゲット像を先入観で限定してしまうのは危険です。

新しい兆しや問題点を掘り起こせなくなる危険性があります。

売上アップに繋がるアンケートの書き方とは?

売上向上を目指す、売り上げアップに繋がるアンケートを作成したい。

そんな時は、どのように書いていけば良いのでしょうか。

第一に考えて欲しいのは「その商品でどのような口コミが欲しいか」を考えることです。

どんな口コミが欲しいかは、商品によって変わってくるでしょう。

例えば…

化粧品で「肌がふっくらした」という口コミが欲しいのであれば、アンケートの設問の中に「肌のハリはどう変わりましたか?」といった内容を入れておきます。

ダイエット食品で「無理なく続けられた」という口コミが欲しいのであれば、アンケートの設問の中に「食事に物足りなさはありましたか」と入れていきます。

商品の訴求したいポイントが目立つようなアンケートになるように、逆算して設問を設計していくことが大切です。

 

アンケートの質問のすべてが書きこみ形式だと、アンケートを書く気すらなくなってしまいます。

アンケートの中には選択形式と書きこみ形式をバランスよく配置しましょう。

アンケートが集まらなければ、目的を果たせなくなるので元も子もありません。

顧客が参加したくなるアンケート、一見、敷居の低そうなアンケートにすることも、たくさんの情報を集めるために忘れてはいけない書き方になります。

販促に繋がるアンケートの例文とは?

商品の販売促進を目的としてアンケートを作成するなら、どのような文章が良いのでしょうか。

アンケートの例文を見ていきましょう。

個人情報について書いてもらう

年齢、性別、住んでいる地域、など個人を特定できない範囲で細かく設定しておくこと。
商品を購入したルート、どうやって知ったのかなども盛り込むと良いです。

今までの悩みについて書いてもらう

この商品を使う前に、どんなことに悩んでいましたか。
この商品にどんなことを期待して購入しましたか。
 
使ってどのように変化をしたのか書いてもらう

この商品を使用して、変化はありましたか。
また、どのような変化があったのかお聞かせください。

なぜ今まで上手く行かなかったのか書いてもらう

今まで上手くいかなかった原因として、思い当たることをお書きください。
些細な事でも構いませんので、お聞かせください。

商品を使っている中で一番印象的だったことを書いてもらう

この商品を使った中で、最も印象的だったことをお聞かせください。
また、どうしてそう思われましたか。

もし商品を使っていなかったら今頃どうなっていたとおもうか書いてもらう

この商品に出会っていなかったら、今頃どうなっていたと思いますか。
小さなことで良いので記入をお願いします。

どんな人にこの商品をお勧めしたいか書いてもらう

この商品を周りの方におすすめしたいと思いましたか。
また、それはどんな人でしょうか。

 

このように、導き出したい答えから逆算して、アンケートの内容を組み込んでいきましょう。

顧客側に不快感がないように配慮することも大切です。

まとめ

いかがでしたか?

アンケートと一言に行っても、目的や役割によって、アンケートの内容や行う業務が変わってきます

また会社の業種、業態、製品・サービスを行う対象によっても、変化があるでしょう

アンケートを作成する際は、「その商品でどのような口コミが欲しいか」を考えることです。

その上で、回答が導き出せる設問を逆算して設定していきましょう。

曖昧な回答を得るだけのアンケートでは意味がありません。

自由に書かせるアンケートや、答えを誘導するようなアンケートにならないように注意しましょう。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。