プレゼンテーション

プレゼンテーションのコツ!伝わる話し方とは?

プレゼンテーションにはコツがある?

伝わる話し方をするには、どうしたらいい?

 

プレゼンをしても聞き手にまったく響かない状態では意味がありません。

プレゼンは聞き手に気持ちを伝え、行動を起こしてもらうためのものだからです。

同じプレゼンでも話す人によって、全く違う内容に聞こえることもあります。

そのくらいプレゼンで伝える力というのは大切なのです。

ここではプレゼンで聞き手を惹きつけて伝わる話し方をする方法を見ていきましょう。

プレゼンがつまらない人の特徴やプレゼンが上手いことで得られるメリットもご紹介します。

なぜプレゼンテーションは人を惹きつけるのか?

Original update by:acworks

 

有名コンサルタントや経営者のプレゼンは多くの人を惹きつけます。

時に歓声や拍手が飛び交うこともあり、非常に盛り上がりを見せるほど上手な人もいますよね。

ではプレゼンはなぜ、人を惹きつけるのでしょうか。

それは理論だけを並べた説明ではなく、感情で訴えるからです。

プレゼンをする時には、聞き手に伝えたい事、必要な内容を資料にしてまとめます。

その内容は論理的に検証結果や数字を使って、正しいことが並べられているだけです。

ここまでであれば、ロボットでも作成することが可能でしょう。

しかし、これを聞き手に伝えるとなると、事前に作った資料をそのまま読み上げるだけでは相手に伝わりません。

ただの数字羅列、何やら難しそうな検証結果を見せられても、聞き手の心には響かないのです。

 

ここで感情で訴えるという部分が必要になります。

元の資料は淡々としたものであっても、そこに実際の体験談事例を盛り込んだらどうでしょう。

実際に自分で悩んだり、困ったことを解決できた、良い方向へ向かったという話はとても親近感がわきます。

プレゼントひとつのストーリーとして捉えることによって、聞き手の中にもその物語が植えこまれます。

そして「自分に重ねて想像したり」「自分だったらどうだろう」と疑問を持つことで、共感・共鳴していくのです。

これはロボットにはできない、生身の人間だからできることです。

同じように悩み、経験してきた生身の人間が話すからこそ、プレゼンは人を惹きつけるのです。

プレゼンテーションが伝わらない・つまらない・感動しない人の特徴は?

プレゼンをしても伝わらない、つまらない、感動できない人は存在します。

そういった人にはどんな特徴があるのでしょうか。

ひとつが「あれもこれも」とプレゼンの中に自分の持ち手のコンテンツをあるだけ入れ込んでプレゼンをしてしまうことです。

正確に伝えるためには、あの角度からも、この角度からも、徹底的に正確な情報がなければいけないと思い込んでいます

その結果、良かれと思って様々な情報を盛り込んでしまうのです。

すると内容が多すぎて時間が足りなくなります

時間が足りなければプレゼンの時には早口になります。

これでは内容にまとまりがありませんし、聞き手にも伝わらないプレゼンになってしまうのです。

 

さらにプレゼンの最中に聞き手の顔や様子を観察することができない人も飽きさせてしまいます。

プレゼンの内容は聞き手によって興味がある人がいれば、理解が難しい人もいます。

理解が難しい人にとっては聞いているのも苦痛で飽きたり、眠くなってしまうでしょう。

そんな時は聞き手を観察して捕捉をしたり、発問をしたりするべきです。

聞き手を見ていないプレゼンターは、自分のことで精一杯に見えてしまいますし、聞き手に共感を生むことができません

眠そうな聞き手に喝を入れるような一言をタイミングよく放てるかという部分も大切なのです。

 

最後に、伝わる話し方話の構成にしていないという面もあります。

話す内容をどんなにカッチリ決めていたとしても、話し方や構成が適当では、聞き手に伝わりません。

プレゼンする内容が決まったら、それをどう伝えるべきか、どんな構成にすれば聞き手に響くのかを考えましょう

そのヒントはプレゼンを聞きに来るターゲットの気持ちに沿うことです。

また自分の体験談などを交えて、一つのストーリーにすることで、聞き手の想像力を掻き立てます

プレゼンの内容よりも、話し方や構成にも力を入れるべきなのです。

上手いプレゼンの話し方のコツとは?

Original update by:acworks

 

プレゼンが上手い人にはどんな違いがあるのでしょうか。

ここでは上手いプレゼンの話し方のコツを見ていきましょう。

苦手な部分ほどゆっくり話す

言葉とは不思議なもので、自分で愛着を持っている言葉を発生する時は、一音一音を大切にするので「噛む」ことは滅多にありません

逆に苦手な内容や説明しにくい部分、さらには自分で内容をよく理解できていないことについては、「早く言い抜けたい」という心理が働きます。

その結果早口でギクシャクした話し方になってしまうのです。

自分で説明がしにくい、難しいと感じる部分というのは、聞き手にとっても同じです。

ですから早く切り抜けたい気持ちを抑えて、他の部分よりもあえてゆっくり話すことを意識しましょう。

聞き手の立場に沿って伝えれば、苦手な部分でも伝わりやすくなるのです。

想像しやすい言葉を使う

流暢に流れるように話すプレゼンであっても、抽象的な言葉ばかりでは印象に残りません

聞き手に身体感覚で内容を捉えてもらうためには、色、匂い、質感をイメージできる「想像しやすい言葉」を使いたいものです。

例えば「大きな海」というよりも「真っ青な海」と言った方が風景が浮かびやすいですし、焼き魚を「上手く焼けた」とするよりも「川の焦げ目が香ばしい」とした方が匂いまで想像できそうですよね。

このように聞き手が想像力を働かせることができる言葉を選ぶことも、プレゼンでは重要なことなのです。

インパクトがある言葉を使う

時に大袈裟な表現現代の流行語などを用いるのもインパクトがあっておすすめです。

例えば新商品のビールを宣伝する際に「おいしいビールです」というのが正統派です。

しかしインパクトという面でみると丁寧過ぎて響きません。

多少砕けた表現でも「このビールヤバいんですと話した方が聞き手の心に響くことがあります。

また自分が進める商品や企画を説明する際は、それをありありと思い浮かべながら話せるようにしておきましょう。

インパクトのある言葉と一緒に「自分がどう感じたか」を伝えた方が聞き手の記憶には残りやすいのです。

プレゼンテーションが上手くなると!?

プレゼンが上手くなったって何も役に立たない、と思っていませんか。

プレゼンが上手くなると、驚くようなメリットを掴むことができます。

第一に、相手に行動を起こしてもらいやすくなります

プレゼン以外にも「仕事を頼みたい」「雑用を代わってほしい」など、相手に伝えたい場面ってありますよね。

そんな時にもプレゼンのテクニックが役立ちます。

言葉の使い方や伝え方を知ることで、相手に行動を起こしてもらえるようになるのです。

 

第二に自分の意見や提案が通りやすくなります

ここは絶対に勝ち取りたい案件、この仕事は絶対に任せてほしいという場面で、プレゼン技術があればあなたの意見が通りやすくなります

提案を持ち寄って検討する際も、あなたが持ち込んだ提案を上手にプレゼンできれば、採用されやすいのです。

仕事以外にも例えば気になる異性がいて、アプローチする際にもプレゼン技術は使えます。

 

第三に相手を引きつける話し方ができるようになります

話が上手な人というのは、人当たりが良く人を集める傾向にあります。

これは話しながら相手を見て、相手の気持ちに沿った話し方ができるというプレゼン技術に通じます。

個人の会話の中でも相手を見て話すこと、相手の状況や環境を察していくと、自然と相手に好かれます。

プレゼンが上手い人というのは、自然と人に注目される人になれるということです。

まとめ

いかがでしたか?

プレゼンで伝わる話し方をするには、いくつかのコツがあります。

ただ自分が伝えたい事、話したいことを並べるだけでは、聞き手に響くプレゼンは不可能です。

聞き手の立場や気持ちに沿うこと、話している最中も聞き手に目を向けることが大切です。

プレゼンの内容も重要ですが、もっと重要視して欲しいのは、伝え方や構成です。

話す相手によって伝え方は変えるべきですし、構成も練り直す必要があります。

プレゼンが上手い人は何が違うのかを学んで、自分のものにしていきたいですね。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。