プレゼンテーション

上手いプレゼンの組み立て方!伝わる!惹きつける!感動させるには?

どうして私のプレゼンは人を惹きつけられないのか!?

上手いプレゼンをマスターしたい!

 

プレゼンをしてもいまいち反応が悪い、聞き手がつまらなそう…こんな風に感じたことはありませんか。

上手に聞き手を惹きつけるプレゼンをする人がいると、何が違うのだろうと考えてしまいますよね。

プレゼンが上手な人はプレゼンの組み立てや構成が上手な人が多いです。

もちろん話し方も重要ですが、まずは組み立て方に注目してみましょう。

ここでは上手なプレゼンの組み立て方を中心に見ていきます。

聞き手を惹きつけるプレゼンを目指している人は必見です。

上手くないプレゼンテーションの特徴とは?

Original update by:Kazushi

 

あまり上手いともいえないプレゼンテーションには、いくつかの特徴があります。

上手くないプレゼントはどんなものでしょうか。

テーマを詰め込み過ぎ

プレゼンでは一つのテーマについて発表するのが基本です。

それなのにテーマが詰め込まれ過ぎていて、内容にまとまりがないプレゼンは誰の心にも響きません。

また、テーマはひとつでも話の内容が非論理的な場合は、テーマが伝わりにくいです。

聞き手に伝わりやすい論理的な構成を心がけましょう。

他にも1枚のスライドに文字、表、グラフなど、あれもこれもと内容が盛り込まれていると、情報量が多すぎて聞き手の印象に残らなくなってしまいます。

最後に「結局なにが言いたかったの?」というプレゼンで終わってしまうのです。

資料を読んでいるだけ

プレゼンをする際には資料を作成すると思いますが、実際のプレゼンの時に資料を読むだけでは聞き手は眠くなってしまいます。

また最初から最後までダラダラと喋り続けてしまうと、聞き手の集中力が持ちません。

話し方のスピード、抑揚、間などを意識して、なるべく簡潔な説明をするべきです。

また言葉だけに頼るプレゼンも、聞き手を説得することはできません

分かりにくいプレゼンは、資料やグラフ、検証結果などを盛り込んでいない場合が多いです。

聴衆の反応を見ていない

プレゼンはあなたの独り舞台ではありません。

聞き手がいて、その反応を見て、臨機応変に対応してこそ、聞き手の関心を引きます。

上手でないプレゼンとは、聞き手の反応を見ようとせず、ずっと原稿しか見ていないようなプレゼンをすることです。

一度もこちらを見ないプレゼンターの話など、聞き手に響くわけがありません。

また聞き手に「興味深い」と思わせるためにも、話の流れに意外性を持たせたり、ユーモアや親近感を感じさせるなどの工夫も必要です。

上手いプレゼンテーションとは?

では上手いプレゼンテーションとは、どんな特徴があるのでしょうか。

分かりやすく論理的

上手いプレゼンの特徴は、とにかく分かりやすく論理的であることがいえます。

論理の流れに飛躍がでないように、内容を論理的思考に基づいて整理ができているのです。

論理的な文章術をいくつかご紹介します。

5W1H

「いつ(When)、どこで(Where)、誰が(Who)、何を(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素をまとめる方法です。

それぞれに当てはめていけばいいので、比較的簡単に文章を組み立てることができます。

演繹法

仮定から論理的に推論を導くことができる思考方法です。

「AだからB、BだからC、ゆえにAはCである」といったように、複数の客観的事実や情報を前提として、そこから推定される結論を導き出します。

帰納法

観察したたくさんの事実や事例から、共通点や類似点をまとめて結論を出す方法です。

統計結果などに基づいて読み取れる傾向をまとめる際に使います。

構成をよく考えている

プレゼンが上手い人というのは、構成を考えることに時間を使います。

構成にはいくつかのパターンがあるので、まずはこの構成パターンを紹介します。

SDS法

結論を先に述べる構成です。

伝えたいテーマが明確になり、聞き手側にも伝わりやすいです。

最初の要約で内容全体を把握して、次に詳細を述べます。

最後に再度要約をすることで、最初の要約とは別の言葉で内容全体をまとめます。

PREP法

理由や具体例を交えつつ、じっくりと話を進めていく構成です。

要点でプレゼンの内容やポイントを述べた後、理由を述べたうえで具体例を出します

最後にもう一度要点を復習して結論を繰り返します。

DESC法

自分の意見や要望を相手に伝える時に使う構成です。

描写で客観的に現状を描写した後、表現で現状に対する意見や問題提起を表現します。

続いて提案で問題に対する解決方法の提案をして、その結果を述べるという流れです。

具体的な体験談が盛り込まれている

プレゼンで伝えたいことを分かりやすく述べるのも重要ですが、もうひとつ忘れてはいけないのが聞き手の共感を得ることです。

自分以外の他人を動かすのは「心に響いたかどうか」なのです。

共感を得ることで、その後の行動に繋がりやすくなります。

そこで大切なのが具体的な体験談となります。

抽象的な表現では聞き手が想像できずに伝わりません。

具体的に想像ができる言葉で分かりやすく伝えることで、聞き手の中に想像するという行動が生まれます

それが明確に想像できるほど、聞き手はあなたに親近感を覚えることでしょう。

さらに聞き手の興味を引きつけるように、意外性や斬新さ、ユーモアなどを織り込むことも必要です。

上手いプレゼンの組み立て方とは?

Original update by:シエルノ

 

上手いプレゼンの組み立て方のヒントを見ていきましょう。

それは1分間を3つのブロックに分けることです。

3つのブロックとは「疑問」「結論」「理由」を指します。

そして「疑問」に15秒「結論」に10秒「理由」に35秒を使う配分にします。

この順番にそって、伝えたいテーマの内容を流し込みましょう。

ポイントは、プレゼンがはじまったらまず、「疑問」を投げかけることから始めて欲しいという部分です。

プレゼンでは、結論を言うより先に相手の興味を引くことが大切だからです。

「この話は自分に関係ある話だ」「聞かないといけない」と聞き手に思ってもらうことが必要です。

するとその後の話の説得力が増します。

プレゼンの組み立てでは相手にどう思ってもらうかを計算にいれて考えるべきなのです。

「疑問」→「なんだろう(興味)」
「結論」→「へぇ~(驚き)」
「理由」→「なるほど!(納得)」

このような構成になるように組み立てていきます。

 

更にプレゼンをする時は、聞き手が理解しやすい構成で話しましょう。

その場合、構成が「なぜ、なに、どのように、どうなる」となっているように組み立てると、聞き手側も流れを掴みやすいです。

もちろん理由の部分には体験談や具体例を入れてストーリー性を持たせるようにすると、より分かりやすくなります。

物語として語ることは、聞き手にとってもスムーズに受け入れることができます。

上手いプレゼンの組み立て方を是非、意識してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

上手いプレゼンは構成や組み立て方に比重を置いています

要するにプレゼンにおけるテクニックを知っているか否かによって、変わってきます。

構成のパターンを覚えることで聞き手を惹きつける、伝わるプレゼンをすることは十分可能です。

伝いテーマは一つに絞って、伝えることの中に不要なもの余計なものがないか見極めましょう。

そして理論的に中身を整理してSDS法DESC法などのパターンに落とし込んでいきます。

あとは話にストーリー性を持たせながら、分かりやすい言葉で伝えるだけです。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法