自己啓発

上手い目標設定の方法とは?SMARTを使った具体例はコレ!

目標って立てないとダメなの?

目標は大きい方がいいの?

 

子供のころから、目標を立てては達成できず終わる、ということを繰り返している人はたくさんいます。

中には、立派な目標を立てたことに満足してしまい全く実行しなかった、なんて経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

 

学校の先生や上司は、「目標を立てましょう」とは言いますが、それを達成するための具体的な方法を教えてはくれませんでした。

目標を達成できないのは、目標設定の方法に無理や間違いがあるからなのです。

 

ここでは目標設定の方法を、具体例を挙げながら詳しく解説していきます。

正しい方法が身に付けば、あなたの目標は確実に叶うようになりますよ。

なぜ、目標設定が必要なのか?

Original update by : 写真AC

 

「毎日忙しくて目標なんて意識していられない。」
「目標なんて設定しなくても、特に困らないと思うけど…」

確かに、私たちは特に目標を定めなくても生きていくことは出来ます。

目の前の仕事をこなすのが精いっぱいで、目標なんて考える暇もない時もあるでしょう。

 

それでも目標は必要です。

なぜなら、目標がないと人間は「ただ生きているだけ」の存在になってしまうからです。

それでも毎日楽しく暮らすことは出来ますが、いつか限界が来ます。

「私は何のために生きているのだろう?」という疑問が生じるからです。

 

特に仕事面では、目標を設定することで、次のようなメリットを感じることが出来ます。

目標設定のメリット

● モチベーションが向上する
● 生産性が上がる
● キャリアを意識した行動を取るようになる

モチベーションが向上する

目標が明確になると、何のためにこの仕事をしているのか自覚できるようになり、モチベーションが向上します。

目標を達成できれば充実感を味わう事ができるため、さらに仕事への熱意が増していきます。

生産性が上がる

目標を達成させるための期日を設けると、効率的に仕事をこなす習慣が付き、生産性が向上します。

自分だけでなく周りも同じような工夫をすれば、社内全体の生産性も上がり、それがまたモチベーションの向上にも繋がります。

キャリアを意識した行動を取るようになる

目標設定によって、将来どのようなキャリアを築きたいのかというキャリアビジョンが明確になると、ステップアップの過程が見えてきます。

今の仕事をマスターしたら次に何をやるべきか、という展望が開けてくるので、進路に迷いがなくなります

 

しかし、目標設定の方法を間違えてしまうと、次のようなデメリットをもたらすこともあります。

目標設定のデメリット

● モチベーションの低下
● 仕事のクオリティが低下する
● 軌道修正が困難になる

モチベーションの低下

目標を達成できなかった場合、その反動としてモチベーションが低下してしまいます。

失敗によってマイナス思考ネガティブ思考に陥ってしまうと、周りにも影響を与えてしまいます。

目標が高すぎたのです。

仕事のクオリティが低下する

目標達成のための期日を設定したことで、その数値目標を達成するために“質”が犠牲になってしまう事があります

目標は達成できても、結果的に返品になったり、信用を落としてしまうケースもあります。

目標に無理があったのです。

軌道修正が困難になる

周囲の状況が変わってしまい、目標自体を修正する必要が出てくるケースがありますが、修正するのはなかなか難しいです

今までの努力が水の泡になってしまうのではないか?と思ってしまうからです。

しかし、目標に固執してしまうと、良い結果を得ることは出来ません

目標は周囲の状況によって修正可能でないといけません。

偉人はどんな目標を立てていた?

偉人と呼ばれる人たちは、その偉業を達成するために目標を立てていました。

どのような目標設定をして、高みに達したのでしょうか。

イチロー選手

輝かしい記録をいくつも持ち、44歳になっても現役に拘るイチロー選手。

目標についても数々の名言を残しています。

ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、ひとつひとつクリアしていけば最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになる、ということですね

また、目標を達成した後のことについても、次のように言及しています。

成績は出ているから今の自分でいいんだ、という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない

 

今のイチロー選手があるのは、目標を積み重ね、更なる高みを目指した結果なのが分かります。

マイケル・ジョーダン氏

バスケットの神様と称され、現役を引退した後も世界中に影響を与えるマイケル・ジョーダン氏ですが、目標につて次のような言葉を残しています。

目標を達成するには、全力で取り組む以外に方法はない。そこに近道はない。

一度目標を定めたら、中途半端に取り組んだりせず、全力を尽くして目指した結果、世界のスーパースターが誕生したのですね。

目標設定のコツ!目標は大きく?小さく?

Original update by : 写真AC

 

目標は大きい方がいいのか小さい方がいいのか、著名人の間でも意見が分かれるところです。

しかし結論を先に言えば、“どちらも大切”ということになります。

 

目標は、長期的な目標(大きな目標)と、すぐに達成可能な目標(小さな目標)を組み合わせることで大きな力を持ちます。

 

例えば、あなたが「将来はカフェを経営したい」という目標を掲げたとします。

どんなカフェが良いかな、と全国のカフェめぐりをしたり、カフェに置くインテリアや雑貨を探したりするのはとても楽しいですが、それだけではいつまで経ってもカフェの経営なんて出来ません。

カフェを経営しようと思ったら、もっと地道にコツコツと学ぶことがあるはずです。

有名なカフェで働きながら接客を覚えたり、資金の調達法や立地を考えたり、提供する料理を研究したりと、オープンに漕ぎ付けるまでにやるべきことが山ほどあるのです。

一つ一つは地味ですが、その小さな目標を積み上げなければ、大きな目標を叶えることは出来ません

 

また逆に、大きな目標を持っていないと、何のためにこの小さな目標を達成しようと努力しているのか分からなくなることがあります

子供の習い事などを見れば分かりやすいのですが、例えば、野球やサッカー。

習い始めたばかりの時は楽しくて仕方がないのですが、体力作りのための走り込みや球拾いなどは楽しい練習とは言えません。

最初は優しかったコーチや監督も、上手くなればなるほど厳しくなっていきます。

その時に、将来はプロの選手になりたいとか、甲子園で活躍したいという大きな目標がないと「いったい何のためにこんな辛いことを我慢しているのか?」という疑問が湧いてきて、途中で止めてしまうのです。

モチベーションを保つためには、大きな目標の存在は欠かせません

 

大きな目標と小さな目標を両立させることで、目標の達成率はより高くなるのです。

目標を設定する方法とは?

大きな目標と小さな目標を設定するのがコツですが、その方法にもいろいろな手法があります。

ここでは、代表的な6つの方法について、その概要を解説していきます。

1. SMART
2. ベンチマーク法
3. ランクアップ法
4. 期中設定法
5. KGI×KPI×KDI法
6. NLP式目標設定法

SMART

「SMART」または「SMARTゴール」と呼ばれる目標設定の手法で、次の頭文字を取っています。

S・・・Specific(具体的な)
M・・・Measurable(測定可能な)
A・・・Attainable(現実可能な)
R・・・Relevant、Realistic(価値観に沿った、現実的な)
T・・・Timely(期限がある)
Specific(具体的な)

目標は、明確で具体的な表現で表すべきである

Measurable(測定可能な)

目標は、達成具合が判断出来るよう、測定可能なものにすべきである

Achievable(達成可能な)

目標は、希望や願望ではなく、達成可能なものにすべきである

Relevant、Realistic(価値観に沿った、現実的な)

目標は、自分でも納得できるものであり、かつ、現実的なもにすべきである

Timely(期限がある)

いつまでに目標を達成するか、期限を定めるべきである

例えば、「痩せたい」という目標があるのであれば、

  • S・・・何をして痩せるのか?
  • M・・・何キロ、何センチ痩せたいのか?
  • A・・・その数字は達成可能な数字なのか?
  • R・・・痩せることについて自分は納得しているのか
  • T・・・いつまでに達成させるつもりなのか

という事を考え、「食事制限せずに、ウエストを半年で5センチ細くするために、週に2日ジムに通う」という、具体的かつ、達成可能な目標が設定できます。

ベンチマーク法

ベンチマーク法とは、目標を立てる際に、ライバルをベンチマーク(水準点)に設定する方法で、企業でよく使われる方法です。

次の手順で目標を設定していきます。

1. 自分がベンチマークを超えた先に何があるのか?
2. 自己分析とライバル分析
3. ライバルが成功している要因は何か?
1. 自分がベンチマークを超えた先に何があるのか?

企業の場合は、ベンチマークとなるライバルを超えたら業界トップに躍り出ることになりますが、個人の場合は、ライバルを超えた時にどのような自分でありたいのかを考えておく必要があります

なりたい自分を想定してから、それに近いライバルを選定してもOKです。

2. 自己分析とライバル分析

自分とライバルの間にはどれくらいの距離があるでしょうか。

距離を埋めるためには何をすれば良いでしょうか。

3. ライバルが成功している要因は何か?

ライバルはなぜ成功しているのか、その要因を探って真似することが、自分が成功する近道になります。

 

例えば、「人気者になりたい」という目標を掲げたとして、上司からも後輩からも慕われているAさんをベンチマークに設定したとします。

彼が飲み会に参加しないと分かると、自分も行きたくないと言う女子社員がいる一方で、自分が欠席したとしても誰も気にかけない、というほど人気度に差があることが分かりました。

Aさんの行動をよく観察してみると、困った表情をすることはありますが、不機嫌になることが一切ありません

仕事が上手く回らないと憮然とした態度を取っていたことを反省し、まずは不機嫌な態度を改めることにしました。

 

自分よりも優れている点をどんどん取り入れて、最終的にライバルを越していくのです。

ランクアップ法

ランクアップ法とは、自分を確実に成長させるために「ストレッチ目標」を設定する方法で、次の6つの切り口から目標項目を考えていきます。

● 改善
● 代行
● 研究
● 多能化
● ノウハウの普及
● プロ化
改善

ネガティブな部分に注目し、それを「改善」することを目標とします。

代行

先輩や上司など、自分よりもランクの高い人の仕事を「代行」出来るようになることを目標とします

研究

あるテーマについて、自分に取り入れた場合メリットがあるかを「研究」することを目標とします。

例えば、もっとお金を稼ぎたいから副業を始めようと思った時に、どのような副業が自分に合っているのかを研究し、比較検討することを目指します。

多能化

今持っているスキルに違う分野のものを加えて「多能化」することを目標とします。

例えば、バレエを習っているけれどヒップホップやジャズダンスも習って、どんなジャンルも踊れるようになることを目指したりします。

ノウハウの普及

自分のスキルや体験を、第三者に「ノウハウ」として広げていくことを目標とします。

例えば、お料理が得意な人がレシピを公開するために、SNSを活用して情報発信することを目指したりします。

プロ化

スキルやノウハウを専門家レベルにまで高めることを目標とします。

例えば、料理研究家と名乗れるように調理師や栄養士の資格を取ることを目指したりします。

期中設定法

期中設定法とは、出来るか出来ないか分からないような、高い目標にチャレンジする時に適しています。

無謀だと思われる目標を立てた場合、未達成に終わることが多いですが、期中設定法を上手に活用出来れば、最終的に目標を達成する確率が高くなります

 

まず、“1年”や“半年”など一定期間を決めて、その間に、「何を」「いつまでに」「どれくらい」「どのように」出来るのか、段階的に詰めていきます。

 

例えば、「年間100万円の不労所得が欲しい」という目標を立てた場合、まず投資について勉強する必要があります。

投資の勉強をいつまでにどのレベルまで行うか、1年後に100万円の不労所得が欲しいのであれば、3ヶ月くらいの間に頑張って詰め込もうと思うはずです。

次に、元手となる資金をいつまでにいくら貯めるのか。

3カ月後に勉強が終わるのであれば、それまでに貯めておく必要がありますし、1年で100万円を目指すのなら、残りの9ヶ月で何%の運用益が必要かも計算できるはずです。

最初は曖昧で無謀だと思われる目標が、徐々に具体化されて実現可能になっていくのです。

KGI×KPI×KDI法

KGIとKPI、そしてKDIを上手に組み合わせて、目標達成まで導く方法です。

● KGI(Key Goal Indicator)・・・・・・目指すべき最終的なゴール
● KPI(Key Performance Indicator)・・・中間目標
● KDI(Key Do Indicator)・・・・・・・KPI達成のために実際に行った行動の回数

KGI、KPI、KDIは全て計測可能な数値で表します。

 

まず最初に、KGIを設定します。

例えば、英語をマスターしたいという目標を掲げたら、KGIに「TOEIC 900点」とか「英検準1級合格」など計測できる数値を設定し、併せて期限も設定します。

 

次に、中間目標であるKPIを設定します。

1ヶ月で中学英語の復習、3ヶ月で高校英語の復習、半年後までに問題集を1冊終えるなど、KGIを達成するために必要な項目を設定していきます。

 

そして、実際にそのために行った行動を数えていくのがKDIに当ります。

NLP式目標設定法

NLPとは、Neuro Linguistic Programmingの略で、神経言語プログラミングと訳されています。

1970年代にアメリカで生まれた心理学理論で、目標設定やコミュニケーションスキルの向上ツールとして世界中で活用されています。

NLP式目標設定法は、次のステップを踏んでいきます。

① 肯定的な言葉で目標を設定する
② 目標の主語を“自分”に設定する
③ 目標を具体化する(いつまでに、どのように、どのくらい…など)
④ 目標を達成した時に、自分はどのような感覚になるかをイメージする
⑤ 目標を達成したら、周囲はどのような反応をするのかをイメージする
⑥ 目標達成のために必要なものをチェックする
⑦ 目標達成の障害となるものを特定する
⑧ より高次元の目標に繋げる

そして、その時に注意しなければならないことが3つあります。

1. 肯定的な表現を使う事
2. 自分でコントロール可能な目標を設定すること
3. 必ず達成したシーンをイメージすること
1. 肯定的な表現を使う事

これは、否定的な表現を使うと、「一度否定された自分」をイメージしてしまうためです。

例えば、「トイレを汚さないでください」という張り紙が貼ってあると、一度“汚いトイレ”をイメージしてしまうために、トイレが余計に汚れてしまう、というのと同じです。
(今では「いつもきれいに使ってくれてありがとうございます」という張り紙を見ますよね。)

 

①の目標設定時、④や⑤のイメージの時も、否定的な言葉はNGです。

2. 自分でコントロール可能な目標を設定すること

目標を実行するのはあくまでも自分です。

「子供の夢が叶いますように」という目標(願望?)ではなく、「自分は金銭面で子供の夢をサポートする」と、主語を自分に置き換えて下さい

3. 必ず達成したシーンをイメージすること

目標を達成した瞬間をハッキリとイメージすることで、ゴールが明確になりモチベーションが上がります。

喜びに溢れた感覚や、周囲が絶賛している“良いイメージ”を思い浮かべて下さい。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法