ライティング

【実践】CTAボタンのデザイン改善でコンバーションを上げる方法!

イルカくん
イルカくん

ホームページは作ってあるのに成約率が上がらないのはどうしてかな?

CTAアクションを増やして成約率を上げたい。

コンバーションを上げるにはどうしたらいいの?

ウミガメ先生
ウミガメ先生

今は、多くの企業は自社ホームページを持っていて、そこから自社の商品やサービスを購入できるようになっていますよね。

ホームぺージが有効に活用できていて、成約率が上がっているのであれば問題ないのですが、

  • ホームページはあるけれど、成約率が上がらない
  • 成約率が上がるホームページを作りたい
  • CTAアクションが少なくて困っている
  • どうやったら成約率がアクション上がるのか分からず、手が付けられない
  • CTAボタンのデザインを開催することを改善してコンバーションを上げたいのだが、デザインを改善する工夫が分からない

このように、望むコンバーションが得られていないのであれば、ホームページやCTAボタンのデザインの改善をしなければなりません。

しかし、いきなりデザインの改善と言われてもどのように工夫したらいいのか分からず困りますよね。

今回は、CTAボタンのデザイン改善でコンバーションを上げる方法についてまとめています。

効果的なCTAボタンのデザインの実例もまとめているので、今後CTAボタンのデザイン改善を検討している方や、コンバーションを上げる方法を知りたい方はぜひ参考にしてください。

CTAボタンの役割とは?

CTAとは、「Call to Action(コール・トゥ・アクション)」の略で、日本語では「行動喚起」という意味です。

Webサイトの訪問者でもあるユーザーに対して、商品やサービスに関する具体的な行動を起こしてもらうことを指します。

例えば、資料請求をしてもらうことが目的のWebページであれば「今すぐ資料請求する」というようなボタンを陥てユーザーを資料請求ページへ誘導することがCTAボタンの役割となります。

CTAは多くの場合「ボタン」や「リンク」という形で表現されています。

Webマーケティングにおいて、CTAの役割は非常に重要。

なぜなら、ユーザーに対して明確に次の行動を促し、内容を理解し納得したうえで先に進んでもらう(商品やサービスの購入など)必要があるからです。

目的に応じたCTAを設計・設置することが非常に重要

効果が出やすい改善は以下のCTA周りの改修です。

  • CTAを配置する位置
  • ボタンの大きさ
  • ボタンの色
  • ボタン周りのマイクロコピー

ボタンの位置が見えにくいとか目立たない場合、その時点でユーザーは離脱していきます。

ユーザーが離れないためにも、CTAは目標に合わせた設計にしましょう。

CTAボタンを少し工夫するだけで、コンバーションを劇的に上げることができます。

にもかかわらず、CTAボタンを工夫している企業は少ないので、今まで何も改善をしてこなかった方は、この改善をするだけで売り上げを2倍にできるかもしれません。

コンバーションを上げるCTAボタンの特徴とは?

コンバーションを上げるCTAボタンは以下のポイントを押さえています。

  • デザインや色
  • 視線や動線
  • コピー

デザインや色

コンバーションを上げるCTAボタンは、ユーザーが見落とすことなくハッキリと「ボタン」だと認識できるように作られています。

例えば、

  • CTAボタンが大きさ
  • 全体の色にCTAボタンが埋もれてしまわないような目立つ配色
  • CTAボタンの動き

上記のように見落とされない工夫がされています。

自分のページを確認して、ボタンが小さすぎる場合はサイズを大きくして認識ができるようにしましょう。

ボタンのカラーは安心感を与えて不安を軽減する効果のある「緑」や、購買意識を刺激する「赤」「オレンジ」が使われていることが多いです。もし、感覚でそれ以外の色を使っている場合は、緑や赤、オレンジにすることでコンバーション率が上がる可能性があります。

また、ボタンに動きをつけることで、目に留まりやすくなる工夫をしているケースもあります。今すぐコーティングが出来る方は、ボタンに動きを付けてみてください。

その他に問い合わせを目的としたCTAボタンであれば、問い合わせの相手をイメージさせて安心感を与えるデザインもあります。

例えば、電話での問い合わせを促すCTAボタンの場合、「電話を受けるオペレーターのイメージ写真を配置する」などです。

イメージ写真を配置すると、話をする相手を具体化できるので、問い合わせに対する心理的なハードルを大きく下げることが出来ます。

ただし、やりすぎるとコンテンツの情報を邪魔してしまうので適度にしておくことが大切です。

視線や動線

CTAボタンは、ただ何となく配置しているのではなく、ユーザーの行動に沿った位置に配置します。

例えば、OATHの法則などページの中で商品やサービスについての興味を持たせた後に、CTAボタンを配置することがとでクリックさせやすくするなどです。

ボタンの配置を感覚で決めている方は、配置を改善するだけでコンバーション率が上がる可能性があります。

また、ライティングページのように、ページの構成が長い場合には、スクロールしても常時表示され続ける「追尾型CTA」も効果的です。

ホームページ型の場合は、コンテンツエリア内にCTAボタンを配置するだけでなく、わざとコンテンツエリア外に配置することで意識的にユーザーの目線に入るようにしている場合もあります。

コンテンツエリア外に配置することで、Webサイトをじっくりと読み進めないユーザーにもCTAボタンが認識できるようにしているのですね。

コピー

コンバーションを上げるためにはコピーも重要です。

クリックすることでどんなメリット外が手に入るのかを明確に伝えたり、クリックするのをためらうようなハードルは取り除くようにしましょう。

例えば、寝癖が付きにくくなるシャンプーの場合は、

「毎日5分の寝坊ができる」とか、「キャンセルはいつでもできます」とかですね。

ユーザーは商品・サービスの魅力や自分にとってのメリットを感じなければ、次の行動を起こしてくれません

そこで、メリットを明確に伝える手段として、マイクロコピーが活用されます。

マイクロコピーとは、CTAボタンのすぐ近くにある文言のことです。

クリックすると何が起こるのかを分かりやすくしたり、ユーザーにとってのメリットを簡潔に説明します。

例えば、商品購入が目的のCTAボタンであれば「本日まで送料無料」や「50%OFF」などという直接的なメリットの文言を付けます。

会員登録を目的としているCTAボタンであれば、「会員登録」だけでなく「無料会員登録」や「簡単1分で無料会員登録」など相手の背中の最後の一押しをする内容ですね。

CTAボタンのデザイン改善でコンバーションを上げる方法とは?

CTAボタンのデザイン改善でコンバーションを上げる方法は、7つのポイントを意識して改善するようにしてください。

  • 目につくところにCTAボタンを配置する
  • CTAボタンは一つにする
  • 注目させるデザインにする
  • Webサイトの訪問者(ユーザー)のニーズに合ったCTAボタンにする
  • CTAボタンの色をテストする
  • クリックできることを分かりやすくする
  • ラベリングやマイクロコピーを工夫する

1.目に付くところにCTAボタンを配置する

CTAボタンは一番目につきやすい場所に配置することが何よりも重要です。

Webサイトがライディングページのような、すべての情報を縦に積んでいく1カラムのレイアウトの場合、各節ごとにCTAボタンを配置することで自然に目に付くところに配置できます。

画面をスクロールしても常時表示される「追尾型CTA」として設置することも大変有効です。

また、ブログ形式のサイトの場合は画面右上と記事の下部分に配置しているケースが多く見られます。

ボタン配置は「Fライン・Zラインの法則」から考える

これは、Webサイトでの人の視線の動きを表したもので、横書きの文章を読むときの人の視線は左上から始まり右横から左下、最後に右下へと向かうことを指しています。

CTAボタンを右上に配置すると、Webサイトの訪問者(ユーザー)はまず左側にあるメインのコンテンツを見てから、視線の流れで右上にあるCTAボタンを見る流れになります。

2.CTAボタンは一つにする

異なるCTAボタンは1ページに複数配置しないようにしましょう。

例えば、「枕の申し込みボタン」と「布団の申し込みボタン」と「ベッドの申し込みボタン」を配置するなどです。

人は選択肢が増えると迷いが生じてしまいます。

迷いが生じると思考が停止してしまい、選択することすら辞めてしまう傾向があります。

申込みをせずに離脱する可能性を高めてしまいます。

異なるCTAボタンを複数個必要な場合は?

異なるCTAボタンがどうしても複数個必要な場合は、CTAボタンの中で優先順位をつけるようにしてください

例えば、同じページに「無料でお試し」「メルマガ登録」「お問い合わせ」といった内容の異なるCTAボタンがあるとします。

この3つのうちで、ユーザーに求める最重要のCTAボタンは何であるかが分かりやすいように配置するようにしてください。どれが一番おすすめかを分かりやすくデザインすることで、クリック率を上げることができます。

ただし、レベルの違うCTAボタンの場合には同列に扱っても問題はありません。

例えば、同じ商品で「10個入り」と「30個入り」というレベルの違う選択肢の場合は、すべてを合わせて一つのCTAボタンと考えていいということになります。

3.注目させるデザインにする

  • CTAボタンの周囲は余白を設ける
  • 配色を変える
  • 形を変える
  • 周りよりも大きく表示する
  • 矢印を使って注目させる
  • CTAボタンに動きを出す
  • 人は人に注目するという習性を利用する

人の脳には、シミュラクラ現象と呼ばれる3つの点が集まった図形を見ると、人の顔と見えるようにプログラムされています。

コンセントの穴が顔に見えたりするのが一例です。

この、人は人の顔に注目するという習性を活用して、CTAボタンを注目させる方法があります。

例えば、CTAボタンに顔や目線が向いている人の写真を近くに配置したり、CTAボタンを指さししている写真を配置することで、ユーザーの視線をCTAボタンに誘導するなどです。

なお、写真に使用する人物はターゲットに設定しているWebサイトのユーザーと同じような人物像を使用するようにしてください。

30代女性をターゲットとしているならば、30代女性に見える女性の写真を使うと良いです。

人は無意識に自分と似ている人や憧れを持っている人に注目する性質があります。

そのため、Webサイトを訪れたユーザーにとって「自分と同じ仲間」であるとか「仲間に入れてほしい」と思われるような人物の写真を使うことで、CTAボタンが注目されやすくなります。

4.Webサイトの訪問者(ユーザー)のニーズに合ったCTAボタンにする

ユーザーが「商品の購入」を目的にWebサイトを訪問してきた場合には、購入を促すCTAボタンで間違いありません。

しかし、ユーザーが「もう少し詳しく情報を知りたい」という目的でWebサイトを訪問してきた場合は、「商品購入」を促すCTAボタンしか無いとコンバーションを上げることが難しくなります。

例えば、商品やサービスがすでに世の中に浸透していて良く知られている低額のモノであれば、購入へのためらいを感じにくいので商品を購入する可能性はあります。

一方で、初めて見るような商品やサービスで、しかも高額である場合は購入する可能性は低くなります。

その場合は、「無料サンプル」や「資料請求」などのCTAボタンを配置して、購入までにワンクッション挟んだ方が成約率は上がります。

5.CTAボタンの色をテストする

人は色に対して固有のイメージを持っています。

緑色は草木などの自然を連想することから健康・安心・安全というイメージがあり、赤色は地や炎といった非日常さを連想させることから危険・興奮・情熱といったイメージを抱きます。

実際にコンバーションを上げているCTAボタンには、安心感を与えて不安を軽減する効果のある緑色や、購買意欲を刺激する赤色やオレンジ色が使用されていることが多いです。

ただし、すべてのサイトで通用するような絶対的な配色はありません。

定期的にテストをしてコンバーションが高い色を発見することが大切です。

デザイナーの経験が浅い場合やマーケティングの知識がない場合に多いのが、Webサイトを全体的にまとまった色合いにしてしまうケースです。

統一感を大事にしてしまい、同系色ばかりをつかってCTAボタンが目立たなくなってしまうことがあります。

ボタンが目立たないとクリックされないので、全体の色遣いには注意をするようにしましょう。

6.クリックできることを分かりやすくする

  • ボタンを立体的にする
  • ボタンにアイコンを付ける

平面的なボタンより、立体的なボタンの方がコンバーションが上がるというケースもあります。

平面的なサイトの作りになっている中に、立体的なボタンがあると目立ちます。

クリックできることをクリッカブルと言いますが、立体的なクリッカブルはユーザーの「クリックしてみたい」という好奇心を生みやすくしてくれるので、コンバーションを上げることにつながります。

また、マウスオーバー(マウスカーソルを対象物の上に重ねると何らかの処理を行うこと)時に動きや色が変化すると、クリッカブルであることが分かりやすくなります。

アイコンを付けることでCTAボタンを分かりやすくする方法もあります。

矢印やボタンを押すようなイメージのアイコンを文言の近くにデザインすることで、CTAボタンであることをより分かりやすくすることができます。

7.ラベリングやマイクロコピーを工夫する

「ラベリング」とはCTAボタンに書かれている文言のこと、「マイクロコピー」はCTAボタンのすぐ近くの文言の事を言います。

ユーザーにとってのメリットをラベリングやマイクロコピーで説明することで、CTAボタンをクリックしてもらいやすくなるのでコンバーションを上げることにつながります。

ラベリングやマイクロコピーのポイントは、下記の5つです。

  • 目的を分かりやすくする
  • 簡単さをアピールする
  • お得感が伝わるようにする
  • ユーザーの目線に立つ
  • 話し言葉のラベリングにする

1.目的を分かりやすくする

CTAボタンのラベリングは目的が分かりやすい文言であることが絶対条件です。

例えば、「こちらをクリック」というラベリングよりも「無料で資料請求」という、行動を具体的にしたラベリングの方が目的をはっきりさせることができるので、何のためにクリックするのかが分かります。

2.簡単さをアピールする

「会員登録はこちら」というラベリングよりも「1分で登録完了」などのマイクロコピーを付け足すほうが簡単にできそうだとユーザーに思ってもらいやすいです。

なるべくハードルの低い行動であることを感じてもらうことが大切で、手間を数字で表すとイメージしやすくなります。

3.お得感が伝わるようにする

お得感を演出する文言をマイクロコピーにすることが理想的です。

「カートに入れる」というラベリングよりも「今日だけ20%OFF」などのマイクロコピーを付け足すほうがメリットやお得感を感じてもらうことが出来ます。

「1週間限定」という限定性や「残り10個」という希少性を持たせるとよりお得感を演出することが出来ます。

4.ユーザーの目線に立つ

ラベリングに使う文言はユーザー目線にすることが大切です。

「資料を差し上げます」という企業側からの文言ではなく、「資料を手に入れる」というユーザー側の言葉にすることで、ユーザーを当事者であるとい意識に変えることが出来ます。

5.話し言葉のラベリングにする

私達が普段会話をする時に使わない言葉はユーザーが「自分の事」として誘導しにくいです。

ユーザーが「自分の事だ」と感じなければ、当然ながらCTAボタンをクリックすることはありません。

「あの商品の 購入 よかったよ」などというように「購入」という言葉は会話の中ででてくることはほとんど無いと思います。

CTAボタンのラベリングを「購入」を「購入する」といった動詞の文言にしたり、「買う」や「カートに入れる」に変更してください。

効果的なCTAボタンの実例はコレ!

実際に使われているサイトではどのようになっているのか、4つの事例をご紹介します。

1.Amazon

Amazonは日本最大を誇るESサイトで近年急速に拡大を広げています。

この例のCTAボタンは、ユーザーに対して「なか見!検索↓」というコピーで本の画像をクリックするように力強く促しています。

コピーと矢印の組み合わせにより、ページの中で必ずそこに目が行くようにしているのです。

クリックすると、本の一部をページをめくるようにしてプレビュー表示で見ることが出来るようになっています。

2.IKEA

IKEAは、世界各地で展開している北欧スウェーデン発祥の家具量販店です。日本でも徐々に新店舗が展開されており、平日休日問わず多くの人で賑わっています。

IKEAは、顧客が興味を持てるようなその時々の季節の行事に合わせてコピーライティングを駆使してターゲットとしている顧客を惹きつけています。

そして、顧客の興味によりスムーズに「詳しく見る」へのクリックが行われるようにしています。

画像の例では、「秋冬を彩る小物たちで暮らしを楽しもう」というコピーライティングにより、季節の変わり目に新しく小物などの購入を検討している顧客に対して興味を惹きつけるようにし、「詳しく見る」へのクリックを促すようにしています。

3.ドミノピザ

世界展開している宅配ピザチェーン店のドミノピザのWebサイトにはCTAボタンが2つあります。

一般的には目的を絞ってCTAボタンを一つだけ配置します。

しかし、ドミノピザの場合はサイトの訪問者に対して配達か持ち帰りかの2つの選択肢を与えています。この2つのCTAボタンはサイトの訪問者にアクションを促すために、もっとも単純で分かりやすい表現が使用されています。

文言が同士のCTAボタンを使用する場合が多い中で、ドミノピザのCTAボタンは「配達注文」と「お持ち帰り予約」という直感的に訪問者が希望するボタンを選択できるように明確な文言が使用されています。

4.zoom

企業向けビデオ会議システムのzoomは、ホームページに「完璧なビデオ、クリアな音声。インスタント共有。」というコピーが使われています。

このコピーは製品の価値を伝える簡潔明瞭なメッセージであり、Webサイトの訪問者でもあるユーザーの注意を引くことが出来るかなり強力なコピーです。

簡潔明瞭なコピーによって、CTAボタンでもある「サインアップは無料です」へのクリックを後押しする効果があると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

CTAボタンはWebサイトの訪問者でもあるユーザーに対して、商品やサービスに関する具体的な行動を起こしてもらうことを目的として配置しています。

CTAボタンを少し工夫するだけで、コンバーションを劇的に上げることができます。

コンバーションを上げるCTAボタンの特徴は3つ。

  • デザインや色
  • 視線や動線
  • コピー

CTAボタンのデザインを改善してコンバーションを上げる方法は7つ。

  • 目に付くところにCTAボタンを配置する
  • CTAボタンは一つにする
  • 注目させるデザインにする
  • Webサイトの訪問者(ユーザー)のニーズに合ったCTAボタンにする
  • CTAボタンの色をテストする
  • クリックできることを分かりやすくする
  • ラベリングやマイクロコピーを工夫

定期的にCTAの改善をすることで、コンバーションを2倍、3倍と増やしたケースもあります。

今まで改善をしたことがない方は、まずはCTAの見直しをおすすめします。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。