自己啓発

語彙力をつけるには?語彙を増やす方法と鍛えるコツはコレ!

イルカくん
イルカくん
なぜ語彙力が大事なの?
語彙力をつけるには?
語彙力を鍛えるコツは?
ウミガメ先生
ウミガメ先生
話が伝わらないことをすべて相手のせいにしていませんか?
  • 友達を話していても話がかみ合わなくて、「あの子とは、気が合わないなぁ。」と思ったことがある。
  • プレゼンやレポートを作成しても、いまいち聞き手のリアクションが薄く、「もっと反応してくててもいいのに。」と思ったことがある。

話がうまく伝わらいのは、相手にうまく話を伝えるために大事な「語彙力」が不足しているからかもしれません。

あなたの話を相手にうまく伝えるための必須スキルである「語彙力」についてまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

語彙力のない人は成功しない?なぜ語彙力が大事なの?

語彙力が大事と言われる理由は、「言語が人間の思考のもと」だからです。

言語とは「思想・感情・意志などを互いに伝達し合うための行為」のことを言います。

その言語の基礎が「語彙」なんです。

語彙力が乏しいと、相手に気持ちを伝える際にも、つたない表現になってしまったり、言葉を知らないあまり、内容が薄く、伝わりにくくなってしまったりする可能性があります。

ビジネスの場で、互いに話をしている時に、こちらが発した言葉を理解してくれないと、「こんな言葉も知らない教養がない人」というレッテルを貼られる可能性もあります。

「教養のない人とは一緒に仕事をしたくない。」と、知らないうちにビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。

 

また、人は物事を考える時に、頭の中で言語化して、思考を組み立てます。

言い換えると思考の組み立てには、言語の基礎でもある語彙が必要になります。

語彙力がないと、様々な角度から、物事を考えようと試みても、行き詰ってしまい、自分の思考に限界が生じてしまいます。

広い視野を持つためにも、語彙力があってもそれをうまくつかいこなせなければ意味がありません。

その場にふさわしい最適な言葉をチョイスして使える力も、語彙力の必須スキルです。

語彙力をつけるには?語彙を増やす方法は?

語彙力をつけるには、次の3つを意識してみてください。

1.好奇心を持つ

好奇心を持つことで、色々なことに興味がわいてきます。

自分を取り巻くありふれた環境を打破し、新しい世界観が開けていきます。

また、新しい趣味を増やす事で、新たな知識を取り込み、今まで知らなかった言葉を知る機会にも恵まれますし、色々な人と話す機会も増え、より多くの言葉を知るきっかけにもなります。

2.本、映画、漫画、雑誌、テレビ、音楽などあらゆるメディアに触れる

あらゆるメディアに触れることで、自分自身がよく使っている以外の言葉や表現に触れることができます。また、気になる言葉はひかえておき(インプット)、自分もその言葉を使ってみましょう。(アウトプット)

3.知らない言葉、わからない言葉の意味を調べる

知らない言葉、わからない言葉の意味は、積極的に調べましょう。

プラスアルファで、言葉の使い方や、類義語、対義語なんかもまとめて調べておけば、一気に語彙力を増やせます。

どうも、調べるのが苦手…と言う方には、「語彙力アプリ」がオススメです。

ゲーム感覚でレベル別に語彙の学習ができるので、勉強が苦手な方でも、楽しく語彙力をつけることができますよ。

語彙力を鍛えるコツとは?

語彙力を鍛えるには、次の4つの方法があります。

1.言い換える練習

自分が発した言葉、聞いた言葉などを、別の言葉に置き換えてみましょう。

 

例えば、「きれいな花が咲いている」なら、「可憐な花がほころんでいる」のように変換するのです。

別の表現が思い浮かばなかったら、インターネットで検索すれば、すぐに別の表現がみつかります。

「咲く 類義語」で検索したら、「見ごろを迎える」「つぼみが開く」「咲きほこる」など、「咲く」の類語がたくさん出てきます。

2.ブログを書く

人に読んでもらう事を意識して文章を書くことは、語彙力を鍛える訓練になります。

ブログを書く際には、「ありふれた表現はさける」「同じ言葉を何度も使わない」「人を惹きつける表現を工夫する」ことを意識しましょう。

それらを意識することで、普段、自分が使わない言葉を使う努力をするようになり、その結果、語彙力を鍛えることができます。

3.感じたことを具体的に言葉で表す

日々の生活の中で感じたことを具体的に言葉で表しましょう。

例えば、「あの花がきれい」と思ったのなら、なぜきれいと感じたのか具体的に言葉で表すのです。

「あの黄色い花と、青い空とのコントラストが色鮮やかに映えてきれい」のように、聞くだけで情景が浮かぶような表現を心がけるだけで、語彙力を鍛えるトレーニングになります。

4.言葉の意図を考える

本を読む時に、この表現をした作者の言葉の意図を考えることも語彙力を鍛える訓練になります。

読書が好きでないのなら、好きなアーティストの歌詞の意味でもかまいません。

人が発した言葉の意図を考えて理解していくことで、あらゆる角度から物事を考える癖がつきます。

物事を考える作業は、頭の中で言語を使って行われるので、結果的に語彙力を鍛える効果があります。

まとめ

いかがでしたか?

「語彙力」は「愛艇に伝える」時や、「物事を考える」時に必要になります。

語彙力がないと、表現も乏しく、思考にも限界が生まれやすくなるので、「語彙力」を鍛えることは、「成功するための必須スキル」と言えます。

語彙力をつけるには、

「好奇心をもつ」

「あらゆるメディアに触れる」

「わからない言葉の意味を調べる」

ことを意識しましょう。

 

さらに、つけた語彙力を鍛えるには、

積極的に色々な言葉を使っていくことが大切です。

「自分が発した言葉を別の表現に置き換える」

「人に伝える練習としてブログを書く」

「一言でなく文章で表現する」

「言葉の意図を考える」

ことを意識して行うことで、語彙力を鍛えられますよ。

「話が伝わらない自分」を卒業して、「話が伝わる自分」になりましょう。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。