コピー(セールス)ライティング

コピーライティングとは?売れるコピーを書くコツ3つ!

イルカくん
イルカくん
コピーライティングについて詳しく知りたい!

コピーライティングはどうやって勉強すればいいの?

売れるコピーを書くには?

ウミガメ先生
ウミガメ先生
多くの人があらゆる情報をスマホやPCなどのWeb上から得ている現代では、コピーライターの需要は高く、コピーライターを目指している方も多いのではないでしょうか。

しかし、コピーライターになるにはどうしたらいいのか、売れるコピーを書くにはどうしたらいのか、その方法が分からないという方も多いと思います。

そこでここでは、コピーライティングとはどのような文章なのか、また、売れるコピーを書くにはどうしたらいいのかなど、コピーライティングについての疑問に答えていきます。

コピーライターを目指している方、またコピーライティングのスキルを上げて売れるコピーを書けるようになりたい方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

Contents

コピーライティングとは?

コピーライティングを簡単に言うと、文章で人を動かす技術です。

「そんなことが出来るの?」と思う方もいるかもしれませんが、読者の心理を理解し、適切な言葉で関心と共感を得ることで、心を動かして行動に繋げていくことができます。

インターネットが普及している今、コピーライティングのスキルは非常に重要になっていると感じます。

セールスライティングとの違いとは?

コピーライティングというと、セールスコピーライティングと同じものと認識されることが多いですが、実際コピーライティングとセールスコピーライティングとは全く違うものになります。

本来、コピーライティングは、「イメージコピー・キャッチコピー」とも言われ、企業や商品のイメージを伝える文章の事を指します。

一方、セールスライティングとは、企業や商品の魅力を読者に伝え、購買意欲を掻き立てる文章のことを指します。

 

ただし実際は、コピーライティング=セールスコピーライティングという認識の方が一般的になってきていますので、以降は、コピーライティングとセールスコピーライティングを同等として続けていきます。

コピーライティングとアフィリエイターとの違いとは?

コピーライティングと同様、文章を書いて収入を得る職業にアフィリエイターがあります。

文章を書いて収入を得ることを生業としている点では、コピーライティングとアフィリエイターとも一緒ですが、両者の間には大きな違いがあります。

 

コピーライターは、クライアントから依頼された記事を書きます。

書きあがった記事はクライアントに納品し、その報酬としてあらかじめ決められた金額を貰います。

納品した記事に自分の所有権はなく、企業のものとなります。

 

一方で、アフィリエイターは、自分の書きたいことや感じたことなどを自分のブログなどに書きます。

コピーライターとは違い、書いた記事に対する報酬は決まっていません。

ブログなどに載せた記事を読者がクリックし、見に来てくれるまたは購入してくれることで収入を得られます。

そして、その収入は必ずいつも同じとは限りません。高額を得られることもあれば、ほとんど収入を得られないこともあります。

コピーライターもアフィリエイターも、どちらも文章で人の心を動かして行動に繋げる仕事ですが、文章の内容や読み解く顧客心理、さらにはビジネスモデルなど大きく異なってきます。

コピーライターの年収とは?

では、コピーライターの年収はどれぐらいなのでしょう。

コピーライターの年収と言っても一概にいくらということはできません。

会社で社員として働いているかフリーでやっているかによっても変わってきますし、その人の実力やスキルによっても全く変わってくるからです。

平均的に言われているのは、会社で働いているコピーライターの年収として、大手企業では500万円、中小企業で300~400万とされています。

フリーで稼ぐコピーライターには、何千万も稼ぐ人もいたりしますが、一方で全く収入にならない人がいるのも事実です。

コピーライティングができると会社の仕事に役立つ?

コピーライティングのスキルは、コピーライターではなくても役立ちます。

なぜなら、コピーライティングは相手の心理を理解して、適切な言葉を投げかける技術だからです。

 

例えば、パワーポイントを作る際もコピーライティングを理解していれば、そこで記載する文章が変わってきます。

「売上が2倍になりました。」というよりも、「売上が200%増えました。」と記載した方がその凄さが相手に伝わるかもしれませんし、もしくは全く違う表現の方が適切に伝わるかもしれません。

また、電話での対応も相手の心理を理解することで、投げかける言葉が変わってきます。

状況によって使う言葉を変えられるのは、普通の会社員でもとても強力な武器になります。

コピーが書けるとマーケティング職の転職に有利になる?

マーケテイング職とは、特定の商品やサービスの購入を読者に促進する仕事です。

インターネットが普及している現代では、特にWebマーケティング職は需要が高い職業と言えるでしょう。

コピーライティングは、商品やサービスの宣伝・広告のための文章を書く仕事ですから、マーケティング職には必要となる仕事と言えます。

そのため、マーケティング職に転職を考えている方でコピーを書くノウハウが身についていると、転職時にそのスキルは有利になるでしょう。

コピーライティングはどうやって勉強する?

では、コピーライティングのスキルを身に付けるには、どのような勉強をしたら良いでしょうか。

 

コピーライティングのスキルを上達させるためには、とにかく書くことです。実際に手を動かして書いてみるのが、一番早くスキルを上達させることができます。

よく、デザイナーも自分のスキルを上げるために、トレース(模写)を行います。

実際に、トレースを行うことで自分の中にストックができて、実践で使う引き出しを増やすことができます。

無駄な努力には要注意

しかし、何の知識もないままダラダラ書いているだけでは上達しません。

コピーライティングを上達させるためには、知識をインプットし実践としてアウトプットしていく、この繰り返しが重要です。

ただやるだけでは成長しないので、せっかくやるならちゃんと目標を持って、なにか一つでも成長するように練習をするようにしましょう。

 

では、実際に独学でコピーライティングのスキルをつけるためには、どの様な勉強法を行えばよいのか見ていきましょう。

独学での勉強法

インプット

  • オマージュする文章を集める

自分がいいと思う文章を、本や雑誌、DM・チラシ・広告等なにからでもいいので、とにかく集めます。

オマージュする文章を集めたら、次にそのコピーを写経のように繰り返し書き写します。

ちなみに写経は実際にノートに書いてもいいですし、PCでタイピングをしてもいいです。

大事なのは漠然と写経をするのではなく、

その文章にはどのような意味が込められているのかを考えながら書き写していくことです。

アウトプット

  • 反応の改善

コピーライティングは、インプットをするだけでは上達しません。

インプットと同じくらい大事なのは、インプットしたことをアウトプットする事です。

頭には入っていても、実際文章にしてみようとするとなかなか書けないものです。

そこで、今度は実際にコピーライティングを書いてみます。

 

しかし、ただ書くだけでは反応が分かりませんから、ブログやアフィリエイトなどで文章を書いてみて周りの反応を見るといいでしょう。

反応が悪ければ、どこがいけなかったのかもう一度見直し、改善したものをまた発信してみましょう。

 

このようにして、繰り返し繰り返しインプットとアウトプットを繰り返していくと、書くことに改善点やいいコピーを書くコツやポイントがわかってきて、コピーライティングのスキルも上がっていきます。

教養講座や先生から学ぶ

ただ、独学で学んでいると、これでいいのだろうかと不安になることもありますし、行き詰ってしまうこともあると思います。

また、間違った勉強法を間違ったと気付かずに続けてしまっているということもあります。

 

そこで、教養講座やコピーライティングの先生など、プロの方からノウハウを学ぶというのも上達に繋がる勉強方法の1つです。

コピーライティング教養講座に参加してみたり、自分の書いたコピーをプロの方に実際に見てもらってアドバイスや改善点を聞いてみるなどすると、いいコピーを書くコツや自分の書いた文章の改善点なども学べてスキルアップに繋がりますよ。

コピーライターとして仕事を受注する方法とは?

コピーライターとしてまだ駆け出しのころには、なかなか仕事を取るのは難しいと思います。

そこで、まずはクラウドソーシングなどを利用してコピーライティングの仕事を探してみることをおすすめします。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングでは、多くの企業からのコピーライティングの仕事が載っています。

最初から自分で仕事を取るのは大変ですから、まずはそこで腕試しのつもりで仕事を受注してみることをおすすめします。

内容が気に入ってもらえれば、追加で依頼をもらえたり、単価を上げたり、専属契約をもらえることもあります。

流れるコピーを書くコツ3つ

1.まずはリサーチする

売れるコピーを書くために大切な事は、まず、徹底的にリサーチをする事です。

顧客について、商品について、競合について、この3つの徹底的なリサーチが売れるコピーを書く時の重要な材料となります。

ターゲットとなる顧客についてリサーチすることで、顧客の心理や悩み・願望を理解します。

そして、競合他社が提供している商品やサービスについてリサーチし、自社の商品やサービスについても徹底的にリサーチして競合他社のものと比較することで、競合他社より優れている点や自社商品・サービスの強みをアピールできるようになります。

 

リサーチから得られた材料をもとに、顧客に自社の商品・サービスを購入するとこで得られるベネフィットを伝えることで、顧客を購買行動へ導いていきましょう。

【顧客】

まずは、ターゲットとなる顧客について徹底的にリサーチします。

  • 顧客の家族構成・性別・年齢・職業・年収・学歴・住んでいる地域などのプロフィールから自分の売る商品・サービスに合ったターゲット層を絞り込みます。
  • 顧客が将来へ感じている恐怖から、顧客が何を不安に思って何を避けたいのかを理解します。
  • 顧客の持つ欲望や理想から、どうなりたいのか何を得たいのかを理解します。
  • 顧客が信じている事を理解し共感を得ることで、顧客と自分との間に信頼関係が出来上がります。
【商品】
  • 特徴 

できるだけたくさん、そして詳細に書きだします。

  • 得られる結果 

調べだした特徴から、その商品・サービスを購入することにより顧客が得られる効果・強み・長所・優れている点などを挙げます。

  • 結果から得られるベネフィット

これが一番大切な点で、顧客がその商品・サービスを手に入れることにより、将来得ることができる利益(ベネフィット)を明らかにします。

【競合】
  • 特徴

競合他社の商品やサービスについて、自社と異なっている点・類似している点をリサーチします。

  • 訴求ポイント

競合他社が顧客に訴求しているポイントをリサーチします。

  • オファー

競合他社が打ち出している価格・特典・保証・サービス条件・提供方法などをリサーチします。

 

これらのリサーチ結果を自社の商品・サービスと比較して、さらに上回るための改善点や修正点を見つけたり、他社には負けない強みを打ち出すことで、競合他社に負けないアピールポイントを明確に打ち出すことができます。

2.コアとなるアイディアを決める

読者に商品・サービスを購入してもらうための心に響くコピーを書くには、読者を引き付けるコア(中心・核心)となるアイディアを決めることが大切です。

強くアピールしたいがために、なんでもかんでも書きすぎてしまっても文章がまとまらず、結果、何を言いたいのか読者には伝わらない文章になってしまいます。

何を伝えたいのか、一番大切な事・核となることを決めてそれについて集中的に書くことで、読者にも伝えたいことがより分かりやすくストレートに伝わり、共感を得やすくなります。

3.型を決めてシナリオを作る

コピーを書くには、いくつかの決まった型があります。

まずはそれらの型を知り、自分がコピーを書く時にいずれかの型に沿って書くことで、売れるコピーを書くことができます。

 

では、それぞれの文章構成の型を見ていきましょう。

AIDAの法則

AIDAの法則とは、消費者の行動プロセスの事で

Attention(注意)

Interest(興味・関心)

Desir(欲求)

Action(行動)

以上の4つの要素の頭文字をとってつけてあります。

この4つのプロセスごとの消費者心理を理解することで、マーケティングの方法が分かるとされていて、セールスレターなどを書くときに役立ちます。

 

では、それぞれのプロセスごとの消費者心理を詳しく見ていきましょう。

 

まず第一段階は、Attention=読者の注意を引き付けます。

読者の注意を引かなければ、いくらいい文章を書いたとしても読んでもらうことはできません。

そこで、読者がこの文章を読んでみたいと思うようなインパクトのある1文で、読者の注意を引き付けます。

例えば、メールなら件名に、Webサイトなら最初に開いた1ページ目にインパクトのある1文を書くと、最初にその文字が読者の目に入り注意を引くことができます。

読者の注意を引いたら、次はInterest=興味・関心を持ってもらう必要あります。

それには、読者がどんな悩みや問題を抱えているかを理解し、その悩みや問題に共感することです。

すると相手も「自分と同じだ」と、あなたの文章に共感をもってくれます。

そのうえで、あなたの提唱する商品やサービスがその悩みや問題を解決する事を訴求し、読者の興味・関心を引き付けます。

 

読者の悩みや問題に共感し興味・関心を引き付けたら、あなたの提唱する商品やサービスが読者にとってどんなメリットがあるか、それを購入することによってどんなベネフィットを得ることができるかを伝え、Desir=買いたいという欲求を駆り立てます。

 

最後に、その商品・サービスについて、期間限定や数量限定・今なら○○円お得など、希少性やo得感を伝えて、読者をAction=早急に買おうという気持ちへと導きます。n

3つのNot(読まない・行動しない)を超える

コピーライティングには、3つのNotが存在します。

これは、読者が

  • 読まない(Not Read)
  • 信じない(Not Believe)
  • 行動しない(Not Action)

という3つの壁のことを指します。

 

では、3つの壁とはどのようなものなのか、そしてその壁を越えるにはどうしたら良いかを説明していきましょう。

読まない(Not Read)

まず、最初の壁がNot Read=読者があなたの書いた文章を読んでくれないという壁です。

あなたがどんなに一生懸命書いた文章でも、基本的に全てを読まれることはほとんどありません。

なぜなら、人がスマホを見る時を考えてみましょう。

スマホを使うのは電車を待っている時や電車の中・昼休みや休憩時間・待ち合わせの合間など、ちょっとした隙間時間であることがほとんどです。

そのような状況では、スマホにさらっと目を通す程度で、じっくり文章を読むことはほとんどありません。

 

そこでまずは、自分の文章が読まれることを意識して、文章を書かなければなりません。

そのためには、読者の興味のある言葉やインパクトの強い言葉を使ったタイトルをつけるなどして、読者の「読みたい」という関心を引き付ける必要があります。

 

信じない(Not Believe)

次の壁は、Not Believe=読者があなたの書いた文章を信じないという壁です。

例え読者があなたの書いた文章を読んでくれたとしても「嘘でしょ?」とか「どうせやらせでしょ?」と思うのが一般的です。

人は元々他人の言ったことをなかなか信じないものです。

 

しかし、文章の内容を信じてもらえなければ、次のステップ=行動へは進んではいきません。

 

そこで、ここでは読者の心に寄り添い、読者が「なぜ?」「どうして?」と思う悩みや疑問について一つ一つ丁寧に解決してあげます。

そうすることで読者は「この記事は自分のことを分かってくれている」と思うようになり、信頼感を得て、あなたの書いた文章に共感してくれるようになります。

 

行動しない(Not Action)

最後の壁がNot Action=行動しない壁です。

基本的に人は面倒くさがりで、新しいことや行動を起こすことを躊躇したり先延ばしにしたりするものです。

そのため、たとえNot Readの壁を越え、Not Believeの壁を越えても、なかなか買うという行動はしてくれません。

 

そこで、限定やポイントサービスなど特別間のあるものをつける、また、「買っても効果がなかったら」などリスクを感じて購入を躊躇している人もいるので、返金保証制度などを設ける事で、できる限り読者の不安材料を取り除くようにしていきます。

そうすることで、読者の購買意欲を一押しし、買うという行動へと導きます。

新PASONAの法則

PASONAの法則とは、有名なコピーライターの神田昌典氏が提案した文章構成の型で、

それぞれ

Ploblem(問題)

Agitation(炙りたてる)

Solution(解決策)

Narrow down(絞り込み)

Action(行動)

の頭文字をとったものですが、はじめに提唱していたPASONAの法則のAgitation(炙りたて)で、読者の不安や悩みを煽るような文章が頻繁に出るようになってしまい、これではいけないと、読者の心理に寄り添う文章の形に変更されたものが、新PASONAの法則です。

改正されたものでは

Agitation(炙りたてる)がAffinity(親近感)

Solution(解決策)がSolution(解決策)とOffer(提案)となりました。

 

この文章構成の型の流れは以下のようになります。

Ploblemで、まず読者の悩みや問題を明確化します。

そしてAffinityでは、読者と同じ悩みや問題に寄り添い、読者の共感を得ることで信頼感を持たれるようにします。

Solutionで問題の解決策を提示し

Offerでサービスや特典を提供します。

さらに、Narrow downで「今なら限定で」とか「このサイトを見ている人のみ」などの緊急性や限定を提示して、提案を受け入れてもらいやすくします。

そして最後に、Actionで、読者が今すぐ行動を起こしたくなるような条件を提案して、読者を行動へと導きます。

このような一連の流れで書かれた文章の型を新PASONAの法則といい、コピーライティングの手法として広く使われています。

4つの学習タイプ

人に何かを伝える時、人は皆同じような受け取り方をするとは限りません。

そのことを理解せず、全ての人に同じ伝え方をしても、相手には言いたいことが全く伝わっていなかったという事になりかねません。

 

人には、大きく分けて以下の4つの学習タイプがあると言われています。

タイプ1:なぜ型

タイプ2:なに型

タイプ3:どうやって型

タイプ4:今すぐ型

この4つの学習タイプを理解し、それぞれのタイプにあった伝え方をすると、結果全ての人に伝わる文章になります。

では、4つの学習タイプをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

タイプ1:なぜ型

このタイプの人は、なぜと理由を知りたがるタイプで、理由が分からないと行動しません。

そこで、このタイプの人に行動してもらうには、読者がそれをすると得られるメリット、もしくはそれをしないと被るデメリットを書きます。

 

タイプ2:なに型

このタイプの人は、証拠やデータ・根拠などを求めるタイプです。

はっきりとした証拠やデータがあると行動しますので、証拠やデータ・根拠を述べてあげましょう。

 

タイプ3:どうやって型

このタイプの人は、具体的な方法を求めます。

そこで、ステップバイステップの形で方法を説明してあげると行動を起こすようになります。

 

タイプ4:今すぐ型

このタイプの人は、今何をするべきか、今すぐにできることは何かを知りたがります。

そこで、このタイプの人には、今すべき具体的な行動を伝えてあげると行動を起こします。

 

このように、人は皆同じ考えや価値観をもっているわけではありません。

色々なタイプの人がいるという事を理解し、文章構成の中に4つの学習タイプに沿ったなぜ(理由)・なに(証拠・データ・根拠)・どうやって・今すぐを盛り込んだ文章を書くと、全ての人に理解してもらえる文章を書くことができます。

 

QUEST フーミュラ

日本語ではQUESTの法則としても知られていますが、有名なコピーライターのマイケルフォーティン氏が提唱した、読者を引き付け売りげをアップする文章構成の事です。

 

QUESTはそれぞれ、

Quality(絞り込む=ターゲットを絞り込む)

Understad(理解する=読者の悩み希望を理解し共感する)

Educate(教育する=問題や要望の解決策を提唱する)

Simulate(興奮させる=商品・サービスの購買意欲を高める)

Transition(変化させる-商品・サービスの購入へ促す)

の頭文字をとったものとなります。

では、それぞれ詳しく説明していきます。

Quality(絞り込む=ターゲットを絞り込む)

Qualityでは、ターゲットを絞り込み、そのターゲット層に向けて要望や悩みを解決できることを伝えます。

ここでは、どんな人たちに向けたものなのか、すぐ分かるようにすることが大切です。

ターゲットとしている読者に、「自分へのメッセージだ」と強く思われるような文章にします。

 

Understand(理解する=読者の悩み希望を理解し共感する)

Understandでは、読者の悩みや要望を理解し共感していることを伝えます。

悩みや問題、要望を理解してもらえていると思うと、読者に共感と信頼の気持ちが生まれます。

 

Educate(教育する-問題や要望の解決策を提唱する)

Educateでは、商品・サービスの特徴やメリットなどを説明し、それが読者にとってどれだけ優れているかメリットがあるかを訴求し、それによって読者の悩みや問題が解決することを提唱します。

 

Simulate(興奮させる=商品・サービスの購買意欲を高める)

Simulateでは、商品・サービスを購入することで読者が得られるベネフィットについて話、購買意欲を高めます。

また、特典や限定・希少性を強調して、いかにその商品・サービスが価値のある物かを読者に印象付けます。

 

Transition(変化させる=商品・サービスの購入へ促す)

最後にTransitionで、商品・サービスの購入への一押しをして、読者を購入へと促します。

この時「返金保証制度」や「今だけのお得値引き価格」「サービスポイント」などを載せ、今購入するとお得な事をアピールします。

PREP法

PREP方法は、主にビジネス文書やプレゼンの資料を作成する際に用いられる文章校正の型です。

PREPは

Point(要望・結論)

Reason(理由)

Example(具体例)

Point(結論)

の頭文字を合わせたものです。

 

文章構成の流れは

まず最初に、Point=要望・結論を言います。

次にどうしてその結論になるかReason=理由を述べます。

この時「なぜなら」を使って説明すると、文章の流れがより自然に繋がります。

そして結論に至った理由をExample=具体例を出して説明します。

「例えば」などの言葉を使って具体例を出すと分かりやすくなります。

最後に再びPoint=最初に述べた要点や結論を繰り返し言うことで、より要点や結論の印象を強くします。

 

PREP法には以下の利点があります。

  • 最初に結論を言うことで時間のロスを防げる。
  • 結論が最初に分かるので、文章の流れを理解しやすい。
  • 最初と最後に結論を言うことで、読者により要点や結論を強く印象付けることができる。

スラスラ進むコピーの書き方とは?

スラスラ進むコピーを書くためには、売れるコピーを書くコツ3つで述べたように、まず徹底的にリサーチをして文章を書くための材料を集めることです。

そのリサーチした材料をもとに、コア(中心・核心)となるアイディアを決めます。

そして、いくつかある型の中から自分の書こうとしている文章に合った型を選び、その型に沿ってシナリオ=ストーリーを考えて文章を書きます。

一旦文章を書き始めたら、とにかく一気に書ききるのが大事です。

手が止まってしまう人や、文章を書くのが遅い人の特徴は書く(アウトプット)と考える(インプット)を同時にやっている傾向があります。

両方を同時にやると、通常の2倍以上の時間がかかります。

最初は誤字があっても、文法がおかしくても、ロジックが通ってなくてもいいので、とにかく書く時は書くことだけに集中して一気に書ききることが大事です。

このような手順をとると、スラスラ進むコピーを書くことができます。

初心者がやりがちなコピーライティングの落とし穴

ここで、コピーライティングの初心者がやりがちな落とし穴についてお話ししましょう。

まだコピーライターとして初心者のときは、どうにか自分の文章を読んでもらおう、自分の言いたいこと伝えたいことを分かってもらおうと思って、読者へのメッセージが自分目線になってしまいがちです。

しかし、自分の言いたいことを並べ立てているばかりの文章だったり、上から目線の自分本位の文章では読者は読んではくれません。

ラブレターを書くときに、自分のことしか書いていない文章は相手に響かないですよね。

相手がどれだけ素晴らしいのか、どういった未来を歩いていきたいのか、相手にとって魅力的な内容でなければその言葉は響きません。

大切なのは、読者の気持ちを理解し読者目線で文章を書くことです。

読者目線になり読者の気持ちを理解することで、読者から共感を得ることができ、そこから自分と読者の間に信頼関係が生まれます。

信頼関係が生まれ親近感を持つようになることで、読者は文章を読んでくれるようになるのです。

大切なことは、最終的に読者に行動してもらうためには、あくまでも読者目線になり、読者の気持ちを理解し共感を得られる文章を書くという事です。

コピーライティングに悩んだ時の対処法とは?

どんなコピーライターでも、たとえプロの有名なコピーライターでさえも、時には文章を書くことに悩んだり行き詰ったりすることもあります。

 

そのような時には、いかに紹介するような方法で乗り切りましょう。

リサーチし直す

コピーライティングに行き詰った時には、もう一度リサーチをし直してみましょう。

そうすることで、気が付かなかったこと新たに分かったことなどが見つかり、コピーライティングのヒントとなるでしょう。

型を見直す

コピーライティングには、前述したようにいくつかの型があります。

そして、もしかしたら今あなたが使っている型はあなたが伝えようとしている文章構成には合っていない型かもしれません。

そこで、もう一度文章構成の型を見直してみると、あなたの書きたいこと・伝えたいことにピッタリの型が見つかるでしょう。

一旦手を止めてリフレッシュする

コピーライティングに悩んだ時には、一旦手を止めて作業から離れ、全く関係ないことをしてみましょう。

 

例えば散歩をしてみたりとか趣味の事をやってみたりなど、全く違うことをすることで、気持ちをリフレッシュすることも大切です。

気持ちがリフレッシュされたことで、新たなアイディアが浮かんでくるかもしれません。

働き方編集部が「今イチ押し」する副業




働く時間や場所に縛られず、スキマ時間で高単価報酬が得られる働き方を取材し続けている当編集部。

今、副業初心者にもイチ押しするのが『メディカルライター』

医療の資格や知識がない、普通のサラリーマンや主婦の方でもメディカルライターとして活躍しています。


なぜ普通の人でもメディカルライターになれるのか?

月に50万稼ぐ人もいる!?

メディカルライターの働き方とは?

こういった疑問に答える内容になっています。


ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。