ライティング

Webライターの1文字単価の相場とは?高単価の案件を受けるには?

イルカくん
イルカくん
稼げるWEBライターになりたい!

報酬の相場はどのくらい違うの?

今の報酬になんとなく不満!

ウミガメ先生
ウミガメ先生
この記事ではライターの稼ぎにも関わる、1文字あたりの単価について紹介しています。

WEBライティングはサラリーマンの副業や、主婦が手軽に始められる仕事として人気を集めています。

未経験で資格がなくても始められる分、誰でもなれてしまうので1文字当たりの単価は、スキルによって大きな差が出ています。

そこで、ここではライターとしてどのくらい稼げるのか、報酬や単価についてまとめました。

これからWEBライターの始めようと考えている方や興味のある方は是非参考にしてみて下さい。

WEBライターの報酬とか?

WEBライターをはじめようと思ったら一番気になるのは報酬だと思います。

WEBライターの報酬については以下の3通りになります。

  • 文字単価
  • 記事単価
  • 時給単価

それでは1つずつ詳しく紹介していきましょう。

文字単価

文字単価とは「1文字○円」のように1文字あたりの金額×記事の文字数の計算になります。

主にクライアント側が、初心者や未経験のライターに発注する場合に多い計算方法になります。

 

以前は1文字あたり3円~10円程度でしたが、クラウドソーシングが広まった事からWEBライターが増加した為、1文字あたりが0.1円~1円の案件が増えている現状です。

記事単価

記事単価とは「1記事あたり○円」のように、文字数に関わらず1記事あたりで計算する方法の事を指します。

主に記事単価はプロのライターに依頼する場合に多い計算方法になります。

 

文字数の目安としては1000~3000文字程度の記事になります。

インタビュー記事で2万円以上、それ以外の記事では1万円以上が目安になります。

 

また、文章量が多い記事やSEO対策(※1)された記事などの場合は1記事あたり3万~10万円にもなり、さらに有名なライターの場合は、1記事で多くの収益を生む可能性があるので100万円以上の単価になるケースもあります。

※1 SEO対策とは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字を取った略称で自分の書いた記事がGoogle等の検索エンジンで上位に表示させる為の対策の事。

時給単価

時給単価は、外部のライターに業務を常駐業務を委託する場合に使う計算方法になります。

時給の目安としては概ね1500円~5000円程度でやはりライターの経歴やスキル、専門範囲によって大きく異なります。

 

また、時給が高めの場合は記事作成だけにとどまらず、編集や企画などのディレクターの役割も担う場合もあります。

WEBライターの1文字単価の相場とは?

WEBライターの1文字単価は経験やスキル等によって相場が変わります。

1文字あたりの単価を、一般的な金額相場で紹介します。

 

大きくカテゴリー別にすると以下のようになります。

  1. 有名ライター
  2. 上級ライター
  3. 中級ライター
  4. 初心者ライター
  5. 未経験ライター

それでは1つずつ紹介していきましょう。

①有名ライター

1文字あたりの単価相場:100円以上

補足:ふさわしい実績を持っているライター

②上級ライター

1文字あたりの単価相場:15円~20円

補足:ライターとして経験が豊富、元記者や専門的な知識を持っているライター

③中級ライター

1文字あたりの単価相場:3円~15円

補足:ライターの社員経験者、数年以上の経験の蓄積のあるライター

④初心者ライター

1文字あたりの単価相場:1円~3円

補足:未経験からスタートして、ある程度の記事を作成できるライター

⑤未経験ライター

1文字あたりの単価相場:0.1~1円

補足:全く記事を書いた事のないライター

 

このように同じ文字数の記事を作成した場合ではスキルや経験値で報酬が全く事なります。
理由は簡単です同じ文字数の記事を作成しても内容の密度が違うからです。

有名ライターや上級ライターは文章を書くプロなので、1記事から生み出す収益も高く、読み手側にとっても読みやすい記事、有益な記事なので高単価となります。

 

では、未経験のライターはどんなやり方で業務を始めればいいのでしょうか?
初心者ライターはどのようにすればレベルアップするのでしょうか?

次の項目で説明します。

初心者ライターは低単価案件をたくさんこなす

未経験者や初心者ライターは、低単価の案件をたくさんこなす事が重要になります。

なぜかというと最初の内は稼ぐ事より経験を積む事に専念した方が、後々に高単価の仕事を請け負う事が出来るからです。

 

どうしてもはじめたばかりだと、稼ぎたいという気持ちが先行します。
その為、報酬ばかりが気になってしまい単価が低い案件は避けようと思います。

 

しかし、低単価案件にもメリットはあります。

①受注しやすい

高単価な案件は、当然人気が出てライバルが多いです。

一方で単価が低い案件はライバルが少ないので受注されやすい傾向です。

 

高単価な案件は経験のあるライターが多く、またそれなりの記事を求められます。
もっというとクライアントも高単価で募集した案件を未経験者、初心者ライターに任せるわけがありません。

 

またクライアント側も、低単価で依頼する場合はそこまで完璧な記事を求めている訳ではありません。

どちらかというと、素人っぽさのある記事を求めているケースもあるので、未経験者にも受注されやすいのです。

②お金を稼ぎながらライティングスキルを上げる事が出来る

未経験者や初心者はスキルがありません。

実際にWEBライティングの仕事をすれば、実践を積む事が出来ます。

 

また親切なクライアントですとマニュアルも完備している事が多いです。

本や教材を購入するのももちろん悪くはありませんが、各クライアントのライティングのルールがあるので、それを学びながらスキルアップができ、さらに報酬ももらえる訳です。

③高評価をもらいやすい

低単価の案件は簡単に書ける依頼が多いので未経験者などでも、あまり時間を掛けずに記事を作成出来ます。

また、低単価は体験談や感想文といった依頼が多いです。

 

このように、簡単な案件を多くこなしていき高評価を貰えれば、お金を貰いながら実績も積む事が出来るのです。

文字単価アップの交渉のポイントとは?

高単価案件を受けるためには、自身のライティングスキルを上げることが重要です。

1.文字単価「1円未満」と「1円以上」の差

ライターを始めるにあたり、最低限必要なスキルがなければこの差は埋まりません。

  • 誤字、脱字がほとんどない
  • 文章が統一されている
  • 指定をされたキーワードを違和感なく記事に入れている
  • 納期をきちんと守る

また、クライアントとのコミュニケーションがちゃんと取れる事も重要です。

2.文字単価1~2円のスキルについて

クライアント側から、記事毎に指定されたテーマやキーワードも指定をされるので低単価の案件よりは難易度が高めになります。

 

また、納品した記事の事実確認や日本語の使い方をしっかりと確認されます。
記事を作成する際に参照URLの提出を求められる場合もあります。

 

近年はSEOキーワードだけでなくのサジェスト(※2)や共起語(※3)を含めるような指示をされる事も多いようです。

3.文字単価1~2円のスキルについて

このカテゴリーになるとクライアントの大半が企業になり、仕事の種類は大手WEBメディアや中小企業のHPやECサイトのコラム等が中心となります。

 

求められる記事については、文字単価1~2円と大差はありませんがSEOキーワードをもとに、自分でタイトルや見出しなどの構成を考える案件が多いです。

 

また、文章におかしくならない程度で指定された共起語を文章に含めるような指示もあります。

さらにWEBでの読みやすいようにするため「1文字〇文字以内」「語尾は〇つ以上連続させない」など等といった指定をするクライアントも増えています。

 

※2予測変換の事。検索エンジンなどでキーワードを入力した際、そのキーワードと関連性の高いキーワードが自動的に表示される事。

※3あるキーワードがあった時に一緒に利用されるキーワードの事。例えると「学校」があった場合「制服」「教育」「先生」「規則」など連想されるキーワードの事。

文字単価アップの交渉のポイントとは?

単価アップを成功するには、日頃からのクライアント企業とのコミュニケーションが重要になります。

 

具体的にはクライアントの要望にしっかり貢献できているか、また納期や約束を守る事です。
理由としてクライアント側からするとライターの文字単価を上げるという事は、コストが増えるという事に意味します。

 

その為、ライターが真面目に案件をこなしたからといって自然に文字単価が上がる事はほぼありません。だから、日頃からのコミュニケーションが重要になってきます。

 

交渉をした際にクライアントが了承する理由として、新たにライターを雇うより、単価を上げてでも引き留めた方が得と判断した場合です。

つまり優秀なライターである必要があります。日頃からライティングスキルを磨きましょう。

 

但しあなたが優秀なライターでも単価アップが難しい場合はクライアント側の予算関係の問題もあります。
その場合は思い切って別のクライアントに移る事も手段の1つとも言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

WEBライターの報酬はスキルに応じて、0.1円~10円以上と大きな開きがあります。

WEBライターの未経験者や初心者の方は、はまずは低単価でも数をこなして実績や経験、スキルを積みましょう。
実績が無ければ高単価の案件を受注するのは難しくなります。

 

また、今より報酬を上げたい方も、より良い記事が書けるように努力をしていき、クライアントとのコミュニケーションを大事にしていきましょう。

スキルが認められれば、単価アップの交渉をしても了承していただける確率があがりますよ。

 

WEBライターのお仕事は、考え方を変えればお金を稼ぎながら記事の書き方を学べるチャンスです。
日々の成長も楽しむと、継続して続けることができるようになりますよ。

働き方編集部が「今イチ押し」する副業




働く時間や場所に縛られず、スキマ時間で高単価報酬が得られる働き方を取材し続けている当編集部。

今、副業初心者にもイチ押しするのが『メディカルライター』

医療の資格や知識がない、普通のサラリーマンや主婦の方でもメディカルライターとして活躍しています。


なぜ普通の人でもメディカルライターになれるのか?

月に50万稼ぐ人もいる!?

メディカルライターの働き方とは?

こういった疑問に答える内容になっています。


ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。