自己啓発

アサーショントレーニングの方法とは?

イルカくん
イルカくん

アサーショントレーニングってどうやって行うの?

誰でも習得することは可能?

ウミガメ先生
ウミガメ先生

アサーショントレーニングでコミュニケーションスキルを磨くことができます。

相手を傷つけたり、不快な思いをさせずに、自分の意見を伝えるというのは、意外に難しいものです。

 

アサーショントレーニングによって、その難しいことが少しでもできるようになれば嬉しいですね。

ここではアサーショントレーニングの方法を見ていきましょう。

 

アサーショントレーニングはどのように行うのか、コツはあるのかなど気になる情報を集めています。

アサーショントレーニングに興味がある方は、是非参考にしてくださいね。

まずは自分のタイプを知ること!

アサーショントレーニングの開発者の1人である、アメリカの心理学者ウォルピィは、自己表現には3つのタイプがあると主張しています。

 

その3つのタイプがドラえもんの登場人物に例えられると言われています。

まずは、自分がどのタイプなのかを知るところから始めましょう。

●ジャイアンタイプ

ジャイアンタイプは「攻撃的タイプ」です。

自分の主張をハッキリと伝えることができますが、相手の気持ちは無視、自分の主張を押し付ける言動をします。

 

勝ち負けで物事を決めたり、優位に立とうとする気持ちが強いです。

その裏には「自分が一番」であり、「あなたはダメ」という気持ちがあるからです。

 

ジャイアンタイプは口調がキツイ、大声で怒鳴るという傾向にあります。

他にも自分勝手な行動をして相手を巧妙に操作しようとすることもあります。

●のび太タイプ

のび太タイプは「非主張的タイプ」です。

ジャイアンタイプとは反対に、自分の気持ちや意見を表現できなかったり、しそこなっている人が多いです。

 

ただ意見を言えない人だけでなく、曖昧な言い方や言い訳がましいのもこのタイプです。

「どうせ言っても分かってくれない」「自分はダメな人間だ」という気持ちをいつも抱いています。

 

また相手に対して「あなたの言うとおりにしてあげたい。でもあなたは私のことを分かってくれない」という恨みがましい気持ちが残りがちです。

●しずかちゃんタイプ

しずかちゃんタイプは「アサーティブなタイプ」です。

しずかちゃんは大人しそうに見えますが、自分の意見をしっかりと持っていて、それを相手に分かってもらえるように伝えています

 

自分の気持ちを正直に率直に且つ、その場にふさわしい表現方法で伝えることができます。

そして相手が同じように意見を話すことを人に勧めることができます。

 

その結果、意見がぶつかることがあっても、自分の意見をすぐに折るようなことはしません。

お互いに意見を出し合って、双方が納得するような結論を導き出します。

アサーショントレーニングで目指すのは、このしずかちゃんタイプです。

アサーションのトレーニングの方法とは?

アサーショントレーニングを習得するにはどんな方法があるのでしょうか。

大きく分けて2種類あります。

●本・書籍で学ぶ

アサーショントレーニングは多くの書籍で学ぶことができます。

入門・基礎・応用と書籍によって、難易度が分かれているので、自分の理解度に合わせて購入しましょう。

 

ただ、初めてアサーションを知る人には、書籍から学ぶのは難しいという声もあります。

最近では図解入りの本や子供向けの本も出ているので、簡単なものから入りましょう。

 

一度読むだけではなかなか理解は難しいので、繰り返し読むことや、実際に行動に移してみるのもおすすめです。

ただ、本を読むのが苦手な人は、習得が難しいでしょう。

●講座・セミナーで学ぶ

本が苦手な人やもっと実践的に学びたいのであれば、講座やセミナーで学ぶのがおすすめです。

実際に実例を見ることができるので、分かりやすいです。

 

講座の内容が進んでくると、ロールプレイングを交えたワークショップで体験しながら学べます

 

その場でアドバイスをもらうことができるので、身につきやすいですね。

短時間で習得したい人にもおすすめです。

アサーショントレーニングの事例とは?

実際にアサーショントレーニングを受けて実践した人や、効果を実感した人の事例を紹介します。

 

すぐにできるようになるとは限りませんが、成果の大きさを知ればモチベーションもあがりますね。

●事例① 20代女性の場合

・場面

同級生の子どもがいるママ同士の集まりで、中心的な存在のママ友から、あるサークルに行こうと誘われました。

でも当日、あなたには別の用事があります。

・これまでの対応

断われずにしぶしぶ引き受けていいました。

ママ友仲間の中心人物なので、断れば仲間外れにされるかもしれないと思ったのです。

 

ここで波風をたてれば、子ども同士にも悪い影響がありそうなので、自分の予定は諦めようとしていました。

・アサーションを活用した対応

アサーショントレーニングを活用して、以下のように対応しました。

 

「いつも声をかけてくれてありがとう。でもその日は予定が入っていて、行くことができません。 せっかくなので私から他のママに声をかけてみるね」

 

すると、誘ってくれたママ友はこう言いました。

「わかったわ。じゃ別のママを誘ってみるわね」

 

まさかこんなにあっさり受け入れてくれるとは思わず、驚きました。

自分で少し気を付けるだけで、こんなにもスムーズにコミュニケーションができると実感しました。

●事例② 30代男性の場合

・場面

新しい部署に配属されたばかりで、まだ仕事の内容も分かっていない状態です。

そんな中、上司から会議の資料を提出するように催促されました。

・これまでの対応

この上司はいつも暇そうにしているのに、周りの人の納期にはうるさい人です。

配属されたばかりで仕事の内容が分からないのに、ちゃんと教えてくれない方が悪いと思いました。

いくらやればできると言われても、無理なものは無理です。

・アサーションを活用した対応

アサーションを習得して、次のように考えてみました。

 

この上司も彼の上司から催促されているのかもしれない。

仕事を教えてくれないのは、私ができると信用してまずは見守ってくれているのかもしれない。

 

でも様子が気になって催促してくれるのかも。

私も教えてもらおうとばかりで、自分で学ぶ姿勢が足りなかった。

上司とコミュニケーションを取って仕事を教えてもらうチャンスを得よう。

 

そして実際に行動した結果、上司は仕事に対してヒントをくれたり、親身になって力になってくれました。

仕事の様子を見て他の同僚に割り振るなどの配慮をしてもらえるようになりました。

アサーションが上手くいくコツ!

アサーションを習得して上手に活用することで、人間関係がガラリと変わります。

これまで悩んでいた人間関係がスッキリするのを感じるでしょう。

 

しかしアサーションを活用できるほどに習得するのは簡単なことではありません。

根気よく学び、根気よく繰り返すことが大切です。

今まで身についていなかったことが、急に習得できるなんてうまい話は皆無です。

 

ですから、失敗してもいいというくらいのおおらかな気持ちで始めましょう。

怖がって行動に移さなければ、いつまで経っても使いこなせません。

失敗から学ぶことはたくさんあるので、何度も失敗して自分のものにしていきましょう。

 

また、失敗が続いたからと言って落ち込む必要はありません。

失敗したらどこが悪かったのかを見直して、再チャレンジすればいいのです。

 

ゆったりとした気持ちで、自然に身につくくらい繰り返すつもりで習得していきましょう。

焦ってアサーションを身に着けようとするよりも、のんびり構えた方が上手くいくのです。

 

きっと周りはあなたが変わろうとしていることに気づき始めます。

自分でも少しずつ変化していくのが分かるはずです。

その変化を楽しみながら、自然に活用できるようになりたいものですね。

まとめ

いかがでしたか?

アサーショントレーニングを始める前に、まずは自分がどのタイプなのかを知ることから始めましょう。

 

攻撃的なのか、非主張的なのかで、力を入れるポイントは変わってきます。

 

アサーショントレーニングは書籍から学ぶこともできますが、より実践的に学びたい場合は、講座やセミナーがおすすめです。

実際に自分で体験することで、身につく速度が違います。

 

アサーショントレーニングをしても、すぐに使いこなせる人は少ないです。

失敗を繰り返しながらものんびりと構えて、習得していきましょう。

働き方編集部が「今イチ押し」する副業




働く時間や場所に縛られず、スキマ時間で高単価報酬が得られる働き方を取材し続けている当編集部。

今、副業初心者にもイチ押しするのが『メディカルライター』

医療の資格や知識がない、普通のサラリーマンや主婦の方でもメディカルライターとして活躍しています。


なぜ普通の人でもメディカルライターになれるのか?

月に50万稼ぐ人もいる!?

メディカルライターの働き方とは?

こういった疑問に答える内容になっています。


ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。