自己啓発

仕事に疲れたらどうする?今の仕事で本当に満足してますか?

仕事に疲れた時はどうすればいい?

どうやってリフレッシュする?

それでも、仕事を辞めたいと思ったら?

仕事に疲れたな・・・っとぼーっとしてしまう事はありませんか?

その状態は黄色信号です。

なぜなら、ストレスや鬱は、本人が気づかない間に進行しているケースがほとんどだからです。

ちょっと仕事が疲れたな・・・と感じる方は、心と体が壊れてしまう前にリフレッシュをする必要があります。

ここでは、簡単に気分転換が出来る方法を紹介していますので、少し立ち止まって、自分を見つめ直すきっかけになれば幸いです。

「仕事に疲れた」と感じる瞬間とは?

頑張って仕事をしている方ほど、「仕事に疲れた」と感じてしまう瞬間はあります。

仕事が順調な時は、そんなこと思わないのですが、ふとした時にやってくる「仕事に疲れた」という感覚

その原因は、

① 時間が不規則
② やりがいがない
③ 給料が低い
④ 仕事量が多い
⑤ 人間関係が煩わしい

の5つがあります。

① 時間が不規則

交替制の仕事をしていたり、長時間残業があったりすると、生活リズムが崩れてしまいます。

また、プライベートの時間がなかなかとることができずに、精神的にも肉体的にも疲れてしまいます。

② やりがいがない

どれだけ仕事を頑張っても、上司に認められなかったり、出世ができないと感じると、精神的に疲れてしまいます。

また、雑用ばかりで仕事を任せてくれていないと、自分のふがいなさに落ち込んでしまい、疲れてしまうこともあります。

③ 給料が低い

仕事に見合わない給料では、モチベーションが下がってしまい、疲れてしまうことがあります。

また、若手からの突き上げに疲れてしまう方も多くいます。

④ 仕事量が多い

長時間残業しないと仕事が片づかないぐらい仕事量が多いと、追い詰められて精神的にも肉体的にも疲れてしまうことがあります。

毎日残業で帰りが遅くなっている方は、ストレスが蓄積されているので注意が必要です。

⑤ 人間関係が煩わしい

仕事はそうでもないのに、人間関係で疲れてしまうことがあります。

気の合わない同僚、パワハラなど、人間関係の問題が仕事をする上で一番大変かもしれません。

以上の5つのことで、「仕事に疲れたなぁ。」と、感じてしまうことが多いようです。

[adsense]

「疲れた」そのサインを見逃すと?

先程お伝えした5つのような理由で、
「仕事に疲れたな。」と思っても、
「自分はただ甘えているんじゃないか?」
とか、
「まだまだ頑張りが足らないんじゃないか?」
とか、
どうしても、無理してしまいがちです。

そして、周りからも、
「もっと頑張れ!」なんて、励まされると、
心の中では、
「頑張ってるのに、これ以上、どう頑張ればいいんだろう・・・。」と、
思いながらも笑顔で、
「頑張る!」なんて、強がってしまうことがあります。

疲れたのサインを見逃してしまうと、体はもちろんのことですが、心が壊れてしまいます。

疲れたと感じる程度は、人それぞれです。

周りにどういわれようと、自分の心と体のことは、自分自身にしかわかりません。

少しでも、「仕事に疲れた」と感じたら、「うつ」になってしまう前に、無理しないで、休むことも大切です。

仕事に疲れたときはリフレッシュが大事

仕事に疲れたときは、リフレッシュが大事です。

リフレッシュして、「また、仕事頑張ろう。」と、負の感情をリセットすることができます。

人それぞれですが、ここでは、おすすめのリフレッシュ方法を5つご紹介します。

① 自分の好きなことをする

趣味に没頭したり、お気に入りのミュージシャンのライブに行ったりなんかもおすすめです。
静かに読書をしたりでもかまいません。
とにかく、自分の好きなことをとことん楽しみましょう。

② 遠くに行ってみる

時間とお金と体力に余裕があれば、少し遠くにプチ旅行なんかも、いい気分転換になるので、おすすめです。

新しい事に触れると、脳が活性化するのでリフレッシュ効果が高くなります。

③ 友達と語る

自分が今持っている負の感情を、友達に吐き出しましょう。
友達が共感してくれると、心が軽くなりますよ。

でも、こちらが一方的に、負の感情をぶつけるばかりでは、友達がしんどくなってしまうので、友達の話もしっかり聞いてあげましょう。

最後には、「聞いてくれて、ありがとう。」と、感謝の気持ちを伝えることも忘れないようにしましょう。

④ 感情を思いっきり解放してみる

バラエティ番組を見て、大声で笑ってみたり、カラオケで大好きな歌を大声で歌ってみたり、
映画を観て、涙を流してみたり、大人になると、素直に感情を表現することに躊躇してしまいがちですが、たまには、感情を解放してみると、心がスッキリしますよ。

⑤ スポーツをする

スポーツが好きな方は、思いっきり汗を流してできるスポーツをしてもいいでしょう。
体力に自信がない方は、ウォーキングがおすすめです。

好きな音楽を聴きながら、自分のペースで歩いていると、普段気付かない景色に出逢えたり、いろいろな発見もあります。

運動することで、自律神経がととのい、心も体も調子がよくなるので、スポーツはおすすめです。

どうしても仕事が辞めたいのなら事前の準備を!

リフレッシュして、また仕事を頑張っていても、やっぱり「仕事に疲れた」という感覚が抜けない・・・。

そんな時は、「仕事を辞める」という選択肢が、頭をよぎりますよね。

仕事を続けられるに越したことはありませんが、心を壊してまで、仕事をするのは、よくありません。

収入がなくなると生活ができなくなり、さらに精神的余裕もなくなってしまうため、「仕事を辞めたい」と思った時には、事前の準備が必要です。

① 転職サイトに登録する

新しい仕事を探すために、登録して、自分のしたい仕事を探しましょう。

② 本業以外の収入源を確保する

バイトでも、副業でも、かまいません。

まったく、収入がないと、心に余裕がなくなるので、なにかしらの収入源を確保しておきましょう。

仕事を辞めても、生活ができるように、最低限2つのことは、事前に準備しておきましょうね。

私が起業をする前に毎月10万円以上を稼いでいた方法とは?

私はサラリーマン時代に、不動産投資副業で、本業以上の収入を得ていました。

もし、あなたがすでに、自己資金が数百万円もあって、年収も700万円を超えているのであれば、不動産投資がおすすめです。

不労所得となるので、働かなくても家賃収入だけで生活していくことができる理想的な生活が手に入ります。

まだ、自己資金が少なくて年収も高くないのであれば、副業から始めましょう。

副業にも、色々な方法がありますが、そのスキルを誰かに教えることができる仕事を副業として始めることをおすすめします。

例えば、

● 記事書きの業務
● メルカリやヤフオクなどの物販
● ブログ運営
● アフィリエイト
● 通訳

など・・・

なぜそのような、仕事をするべきかというと、副業で稼いだ実績ができると、それを誰かに教えることが出来るようになるからです。

コーチやコンサルタントと言いますが、自分が労働の歯車になるよりも、教えることで対価を得る方が、得られる報酬も、自分の自由な時間も増えていきます。

例えば、あなたが主婦でメルカリで月収10万円を稼げるようになったら、その方法を月収10万円稼ぎたい主婦に30万円で教えるスクールを開催します。

月に1人生徒を取るだけで、売り上げは3倍に増えます。

作業も、教えることがメインになるので、ぐっと楽になりますよね。

そして、そこからさらに、次はプロデューサーとしてコンサルをしたいという生徒さんを60万円などでプロデュースしていきます。

すると、さらに売り上げは2倍に膨れ上がります。

このようにすると、単価を上げつつ、あなたの労働時間を減らしていく仕組みが出来上がります

すると、月収1500万円どころか、2000万円、3000万円と増やしていくことができるのです。

私の場合も、最初はインターネットを使ったビジネスから初めて、コンサルタント、プロデューサーとしてステップアップしていきました。
今では、「コンセプトクリエイター」×「自動集客の仕組み化コンサルタント」として、起業をしたい方を対象に、年収1000万円を超える方法をお伝えしています。

これから副業を始めたいという方は、まずは自分にあった副業を見つけて実際に稼いでみるということから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

「仕事に疲れた」と感じる基準は、
人それぞれです。

「もっと頑張ろう!」と、さらに、奮起する方もいれば、
「もうだめだ・・・。」と、心が折れてしまう方もいます。

そんな時は、
人にどういわれようと、
「自分の気持ちが一番大事」
です。

仕事を辞めるには、
「転職サイトに登録」したり、
「本業以外の収入を確保」したり、
事前に準備しておくことで、
心に余裕を持って、次に進めます。

「うつ」になってしまう前に、
「仕事に疲れた」という、
自分の心の声に耳を傾けて、
新しい一歩を踏み出せるようにしましょう。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。