副業

【安全な副業ランキング】私が起業前に毎月10万円以上稼いでいた方法とは?

副業で稼ぎたいけれど、何をしたらいいか分からない!

安全にできる副業って何があるの?

サラリーマンとして働いていても、副業をして収入を得ているという人は結構多いです。
最近では、会社が副業を許可しているところもありますね。

世の中は副業をして次のステップへの足掛かりを作るという時代になっています。
この流れに乗って、自分も何か副業を始めたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

ここでは危険な副業、安心して取り組める副業をご紹介しながら、私が起業前に毎月10万円以上稼いでいた方法を大公開します。

おすすめしない危険な副業とは?

副業を始めるにも続けられなければ、一時期の収入で終わってしまいます。
せっかく始めるなら継続的に稼ぐことのできる副業が良いですよね。

副業にも種類は様々です。
まずは、おすすめできない危険な副業を見ていきましょう。

株式投資

古くから存在する株式投資は、現在では貯蓄から投資へと騒がれています。
政府もNISAIDECO(確定拠出年金)といった制度を積極的に推し進めていますよね。

投資金額が低く設定されているものもあるので、割と手が出しやすい状況になっていますが
実際の統計データを見てみると、億万長者を手にしている人というのは、元々5000万円以上の金融資産がある人です。

一般的な社会人がうかつに手を出すにはリスクが高いと言われています。
資金が数千万円単位であれば良いかもしれませんが、そうでない場合は大損をする可能性があります。

不動産投資

投資してマンションなどを建て、そこに住む人の毎月の家賃で収入を得るという不動産投資。
住む場所は必ず必要なものなので、一見、損がないように感じます。

しかし余程、条件が良い立地でない限り、空室が多くて家賃を下げざるを得なかったり
マンションの維持・管理にも多大なお金がかかります

またマンション住人同士のトラブルや、共有スペースの管理など、意外に面倒な仕事も待っています。
不動産経営のノウハウを知っている人ならいいのですが、そうでない場合は難しいでしょう。

仮想通貨取引

今話題のビットコインを筆頭とした仮想通貨取引は、話題性も手伝ってリスクが低そうに見えます。
しかしこの仮想通貨は詐欺が多く、かなり危険だといわれています。

「海外のビットコイン取引所で運用する」という類の、ニッチな分野になるのでライバルは少ないですが、
「日利1%」を保証などネズミ講が横行しているのが現実です。

なんだか稼いでそう、と軽い気持ちで飛びつくと非常に危険な落とし穴にはまってしまいます。

[adsense]

安心して出来る副業ランキングTOP10!

副業が当たり前になりつつある今、安心して取り組める副業にはどんな仕事があるのでしょうか。

ここではトップ10を上げながら、現代の傾向を見ていきましょう。

1位 アフィリエイト

自分の興味のある内容、知識のある内容を文章にして読みやすいサイトを作り
そのサイトに合った広告を貼って収益を得る副業です。

得意分野や専門分野を持っている人、文章を書くのが好きな人には稼ぎやすい方法です。
アフィリエイトで生計を立てている人がいるほど、稼ぐチャンスがあります。

多少のコツや文章のセンスは必要ですが、頑張ればそれなりに成果がでる副業です。
すぐに成果が出なくても、続ける精神力があるかにかかっています。

メリット:専門知識や得意分野の知識が豊富なら取り組みやすい/生計を立てるほど稼げる人もいる
デメリット:成果が出るのに時間がかかる/継続できないと意味がない

 

2位 不動産クラウドファンド

投資はちょっと重いし、失敗しそうと考える人が注目しているのが不動産クラウドファンドです。
1万円とお小遣いの範囲内で投資できるのが特徴で、元本割れ案件がないので安定運用で回しながら利益を得る事ができます。

途中解約はできませんが、運用の手間を省く事ができるのも嬉しいところ。
実績利回りは4.8%~14.5%と高いのも魅力です。

サポート対応も充実しているので1万円だけ試してみて、自分に向いているか試してみるのもおすすめです。
最初から大きく稼げることはないですが、マイナスになることは少ないといわれています。

メリット:最低1万円を高利回りで運用できる/実績がある会社が多い
デメリット:利回りは確定ではない/途中解約ができない

 

3位 クラウドソーシング

パソコンとネット環境があればすぐにできる副業の定番です。
空き時間に無料で無理なくできる3拍子が揃っているので、人気があります。

自分の興味のあるジャンルで文章を書いていくライティング作業が主流ですが
デザインをしたりプログラムを組んだりする、専門的な分野も用意されています。

記事を書くのに様々な分野を調べることになるので、知識を広げることができます。
やればやるほど稼げるようになるので、初心者から上級者まで稼ぎやすい副業です。

メリット:空き時間に無料で無理なくできる3拍子が揃う/やればやるだけ稼げる
デメリット:ライティング業務は文字単価が低い/文章を書くのが苦手な人には向いていない

 

4位 セドリ

安く仕入れて高く売ることで儲けがでるのがセドリです。
需要がありそうな商品をできるだけ安く手に入れて、それをできるだけ高値で売るので確実性が高いです。

コツをつかむまでは知識をつける必要がありますが、慣れてくると確実に稼げるでしょう。
定番の商品は既にプロの競合が多くなっているので、定番でない商品に目を付けることが重要です。

一般的にオークションやマーケットに出品しますが、サイトによっては仲介手数料を引かれてしまうので
マイナスになる可能性もあります。

メリット:自分の腕次第で稼ぎが変わってくるのでやりがいがある/確実性が高い
デメリット:慣れるまでは知識が必要/サイトによって手数料が引かれるリスクがある

 

5位 治験バイト

新薬開発などのために募集される治験バイトは、事前に健康診断を無料実施してくれる上に、高収入案件が多いので、割がいいと人気があります。

登録後に病院が実施する簡単な事前検診に行くだけで、自分の健康状態が知れるのは、大きなメリットといえるでしょう。

新薬テスターという点で副作用のリスクはありますが、正式に病院と提携しているので、規約等もしっかりしたサービスを選べば安全に稼ぐことのできる副業です。

1ヶ月に20万以上稼げる案件もあるので、条件が合えば稼ぐチャンスもアップします。

メリット:無料で健康診断を受けることができる/1回で高額を稼ぐことができる
デメリット:未だに人体実験という見方をする人もいる/副作用のリスクはある

 

6位 覆面調査

あまり聞きなれない副業ですが、業界ではミステリーショッパーと呼ばれています。
依頼内容をスーパーやレストランでの実態調査をすることで収入がもらえる仕組みです。

観察力の高い人、好奇心旺盛の人にとっては、仕事という感覚を忘れて収入を得ることができます。
口コミ好きな人なら、向いている副業と言えるでしょう。

覆面という言葉から分かるように、その実態は決して明かしてはいけません。
決まりを守るのがこの副業の特徴なので、秘密厳守ができることが条件になります。

メリット:仕事という感覚なしで収入を得られる/探偵気分を味わえる/高額調査案件が多い
デメリット:秘密を守れないとできない/人気がある案件は抽選

 

7位 夜勤のアルバイト

意外に稼げるという声が多かったのが、夜勤のアルバイトです。
工事現場や施設、工場などで深夜に働く副業です。

本業の業務時間が短い人や、出勤がそれほど早くない人に向いている副業です
体力的にはキツイかもしれませんが、深夜の方が時給が上がるので稼ぎやすいと言われています。

頑張りすぎて本業に支障が出ないように気を付けないと、元も子もありません。
初めは短い時間から始めて、徐々に長くしていくという働き方が良いようです。

メリット:夜勤の方が時給が高いので稼ぎやすい/本業のシフトによっては続けやすい
デメリット:体力的にキツイ/本業に支障が出る可能性がある

 

8位 アンケートモニター

企業からの簡単な入力項目に対して回答したり、受け答えすることで収入がもらえるのが、アンケートモニターです。

よくあるのが化粧品の試供品を使ってみて、その感想を口コミするというものや、スマホアプリを一定期間使って、使い心地やおすすめ度などを紹介するもの。

空いた時間にスマホだけでできるので、人気が高い副業といえるでしょう。
自分のペースで空いた時間に稼ぐことができるといえます。

ただ、報酬が良いものや、人気の分野はこまめにチェックしていないと、締め切られてしまいます。
1問10円という低単価のものもあるので、選ぶアンケートによって報酬に差が出そうです。

メリット:空いている時間を有効活用できる/ノルマがないので自分のペースで稼ぐことが可能
デメリット:人気のアンケートは競争率が高い/単価が低いので数をこなす必要がある

 

9位 ライブチャット

「暇な時に誰かとしゃべりたい」そんな気持ちで簡単に始めることができるのが「ライブチャット」です。
話題が豊富な人や、お喋りな人に向いている副業です。

インターネットを利用して相手の好む話をするだけです。
今は顔を見せなくてもOK、メールでもOKというライブチャットもあるので、取り入れやすいといわれています。

1回のライブチャットで数万円稼ぐ人もいると言われています。
実際に会う必要はないので安全と言えるでしょう。

メリット:誰でもすぐに始められる/想像以上に高収入/自分の興味のあるジャンルを話すだけでも良い
デメリット:話すのが苦手な人には向かない/アダルト系のライブチャットもあるので見極めに注意

 

10位 内職

パソコンやスマホが苦手な人でも始められるのが内職です。
昔からある副業なので安全性は高く、「段ボール組み立て」や「シール貼り」など、初心者でもすぐできます。

種類も多いので自分の得意な分野から選ぶことができるので、稼ぎやすいです。
家に居ながらできるので、子育ての合間に取り組む主婦に人気があります。

ただ、現在はネット系の副業が定番になっているので、徐々に減りつつあります。
また、簡単すぎる作業だと報酬が安くなるので費用対効果が低くなってしまいます。

メリット:初心者でもすぐに始められる/パソコンができなくてもOK
デメリット:作業量の割に単価が低いので効率が悪い/ネット副業が多くなっているので徐々に後退している

 

私が起業をする前に毎月10万円以上を稼いでいた方法とは?

すでに自己資金が数百万円もあって、年収も700万円を超えているのであれば、不動産投資がおすすめです。

不労所得となるので、働かなくても家賃収入だけで生活していくことができる理想的な生活が手に入ります。

私自身もサラリーマン時代は不動産投資をして、毎月10万円以上の安定した家賃収入を得ていました。

まだ、自己資金が少なくて年収も高くないのであれば、副業から始めましょう

上記に記載したように、副業にも色々な方法がありますが、そのスキルを誰かに教えることができる仕事を副業として始めることをおすすめします。

私の場合はアフィリエイトでした。

PCひとつでどこでも仕事ができるという点と、顔出しをしなくてもいい点、物販のように在庫を抱える必要もなく、またクレジットカードの上限いっぱいまで商品を買ったり、出荷準備などの肉体労働がないという点に魅力を感じて始めました。

10万円を超えるようになったのは、始めて3ヶ月ほどしてからです。

そこからは、安定して10万円以上を稼げるようになり、100万円を超える月もありました。

そこから、コンサルタント、そしてプロデューサーとステップアップをすることで、毎月安定して50万円、そして100万円を稼げるようになりました。

今は「コンセプトクリエイター」×「自動集客の仕組み化コンサルタント」として、起業・独立を考えているかたのサーポートを行っています。

これから副業を始めたいという方は、まずは自分にあった副業を見つけて実際に稼いでみるということから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

少しずつ副業という言葉が主流になりつつある最近ですが、実際に副業を始めようと思っても、何をしたらいいか悩んでしまう方も多くいます。

今は様々な副業があるので、選び放題ですが、中には危険なものも多々あります。
逆に、多くの人が参戦している副業を選んでしまうと、仕事をもらうのに苦労することもあります。

もちろんあなた自身の得意・不得意もあると思うので、「これならできる!」というものを見つけましょう。
月々のお給料に少しでもプラスになれば、生活も豊かになるはずです。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。