副業

副業で10万円以上の不労所得を構築する方法!

副業で稼いで生活に余裕を持たせたい!

月に10万円稼ぐことは可能なの?

どんなに働いてもなかなかお給料が上がらない時代です。
残業もあまりできない、でも税金や物価はあがるばかりですね。

そんな時、本業のお給料の他に、10万円の収入があったら、どんなに楽でしょうか。
しかも不労所得で得ることができれば、本業だけでプラス10万を得るようなものです。

しかし、世の中にそんなうまい話があるでしょうか。
ここでは副業という業界に視点をあてて、不当所得10万円を稼げるのか考えてみましょう。

不労所得10万円を得るための副業の種類や注意点、私が実際に10万円以上の不労所得を構築した方法もご紹介します。

 

副業を始める前の注意点

副業という考え方は昔からありますが、今はそのありかたも多様化して様々な種類の副業があります。

昔ながらの「内職」に始まり、転売や不動産投資といったお馴染みのものや、パソコンを使うならクラウドソーシングやアフィリエイト、アドセンスなどの広告収入も有名です。

副業は本当に種類が多いので、まずはどんなものがあるのかを知ることが大切です。
副業と言えお仕事なので、人によって向き・不向きがあります。

友達に勧められて同じことを副業にしても、同じように稼げるとは限らないのです。
また、あくまで本業ありきでの副業なので、副業にさける時間も人それぞれです。

本業に支障をきたすような副業をするのはおすすめできません。
もちろん残業続きでとても、副業をする時間がない人はやらない方がいいです。

現在の副業の中でも、最も主流なのがパソコンとインターネットさえあればできるもの。
よく言われるのは、アフィリエイト広告収入という類のものです。

参入者が多い分野なので、成功した人の体験談なども非常に参考になります。
そういったものを読んでいると「自分にもできるかも」と感じてしまうのです。

しかしネット上でよく見る「簡単に稼げる!」「1時間の作業で高収入」というような言葉は、信じてはいけません。

誰でも簡単に稼げるのであれば、今頃、どの人も稼いでいます。
現実的にインターネットを使った副業では、3000円以上稼げているのが全体の5%ほどです。

ただやれば稼げるのは間違いで、勉強や工夫をしながら、試行錯誤して続けた上に多少の収入がある、という感じでしょうか。

「簡単に稼げる」と思って始めたものの、現実はそうではなくて挫折していく人が多いのです。
副業の種類を知った上で、自分が続けやすいものを選ぶことが大切です。

[adsense]

副業の種類とは?

副業を選ぶ時には、自分に合ったものを選ぶことが大切ですが、どんな副業があるのか知っておきましょう。

 

ネット系副業

パソコン、インターネットを利用した副業です。
現在、最も主流な副業と言っても良いでしょう。

  • クラウドソーシング

インターネット上で、クライアントと仕事のやり取りができるのがクラウドソーシングです。
ネット環境とパソコンさえあればできるものが多いので、初心者でもすぐに始めることができます。

内容としてはWEBデザイン、プログラム構築、ライティング、データ入力、アンケートなど種類も豊富です。

報酬は内容によって異なりますが、報酬が良いものほど難易度も上がるので、内容をよく確認して仕事を選ぶことが大切です。

 

  • アンケート、ポイントサイト

スマートフォンやパソコンを使ってアンケートに答えることで報酬が発生する副業です。
隙間時間に短時間で完結するものが多いので、時間がない人でも手を出しやすいですね。

資料請求、会員登録、アプリダウンロード、ゲームなどでポイントを獲得して、そのポイントに応じて1ポイント1円相当の商品券や現金に換えることができるシステムです。

初心者にも稼ぎやすいと言われていますが、ひとつの仕事の単価が低いので、数をこなす必要があります。

 

  • フリマ、オークションサイト

インターネット上のフリーマーケットのような仕組みで、自分で値段を付けて転売します。
メルカリ、ヤフオク、ラクマ、ZOZOフリマなどのフリマ、オークションサイトを利用する副業です。

せどりとも呼ばれていて、人気のある商品を安く手に入れて仕入れ値より高く売ることで利益を得ます。

どんな商品が売れるのか、流行やニーズを敏感に察知することができる人に向いています。
使用するフリマサイトによっては手数料が発生するので、報酬が減ってしまう可能性もあります。

 

投資による副業

自己投資という言葉がありますが、自分で投資をしてそこから収入を得ていく方法です。
種類としては不動産投資FXなどがあります。

不動産投資はアパートやマンションを建てて、その家賃収入を得るという方法です。
家賃設定、空室対策、住人トラブルなどの管理ができるのであれば良いかもしれません。

ノウハウを持っている人には良いですが、初心者向きではないですね。

FX(外国為替証拠金取引)は株式投資や投資信託、先物取引などの投資商品の中で最も人気のある投資です。

平日の隙間時間や仕事から帰宅後などの時間を使って、取引を行います。

1万円もあれば口座開設をして始めることが可能です。
他の副業とは異なり稼ぐだけでなく損をする可能性もあるので、リスクを伴います。

 

アルバイトによる副業

休みの日や深夜を利用して短期間・短時間のアルバイトをして収入を得ます。
市場調査員・コンビニ・居酒屋・警備員など、多くのアルバイトがあります。

特に深夜のアルバイトは時給も上がるので稼ぎやすいでしょう。
ただし、本業の後の副業なので、体力的に自信がある人でないと続けにくいです。

中には日給1万円を超えるアルバイトもあるので、時間や日数は本業に支障のない程度に、都合を考えて選択しましょう。

 

私が月収10万円以上を稼ぐ不労所得を構築した方法とは?

すでに自己資金が数百万円もあって、年収も700万円を超えているのであれば、不動産投資がおすすめです。

不労所得となるので、働かなくても家賃収入だけで生活していくことができる理想的な生活が手に入ります。

私自身もサラリーマン時代は不動産投資をして、毎月10万円以上の安定した家賃収入を得ていました。

まだ、自己資金が少なくて年収も高くないのであれば、副業から始めましょう。

上記に記載したように、副業にも色々な方法がありますが、そのスキルを誰かに教えることができる仕事を副業として始めることをおすすめします。

私の場合はアフィリエイトでした。

PCひとつでどこでも仕事ができるという点と、顔出しをしなくてもいい点、物販のように在庫を抱える必要もなく、またクレジットカードの上限いっぱいまで商品を買ったり、出荷準備などの肉体労働がないという点に魅力を感じて始めました。

10万円を超えるようになったのは、始めて3ヶ月ほどしてからです。

そこからは、安定して10万円以上を稼げるようになり、100万円を超える月もありました。

そこから、コンサルタント、そしてプロデューサーとステップアップをすることで、毎月安定して50万円、そして100万円を稼げるようになりました。

今は「コンセプトクリエイター」×「自動集客の仕組み化コンサルタント」として、起業・独立を考えているかたのサーポートを行っています。

これから副業を始めたいという方は、まずは自分にあった副業を見つけて実際に稼いでみるということから始めてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

副業と言っても様々な方法があります。
もし、これから副業を始めたいと考えているのであれば、その種類を知ることから始めましょう。

副業と言えども、その人の得意分野や苦手分野があるので、内容によっては難しいものもあります。
続けて行けそうな内容を選ぶようにしましょう。

副業の中には「すぐに稼げる」とうたっていることもありますが、信憑性はありません。
ある程度の稼ぎを出すには、片手間では難しいと考えましょう。

自分に合っていて本業の合間に続けやすい副業を選ぶことが重要です。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。