副業

副業の確定申告の方法とは?簡単に手続きをするには?



確定申告ってどのくらい稼いだら手続きするの?

確定申告の方法とは?

副業をしていて、ある程度収入を得ると出てくるのが確定申告です。
副業をしているから確定申告をするというわけではなく、収入によって異なります。

確定申告って難しい手続きをしなければいけないと考える人もいますよね。
正しい方法を覚えておけば、確定申告に構えることはありません。

ここでは確定申告をしなければいけない収入額や
確定申告の方法をご紹介します。

確定申告はいくら稼いだかするの?

確定申告は、1月1日から12月31日までの1年間の会計結果を国に申告する制度です。

一般的に会社勤めの社会人であれば、会社で取りまとめて申告されるので、あえて自分で行う必要はありません。

しかし個人事業であったり、社会人でありながら副業で収入が発生している場合は、1年で稼いだ金額の合計によって、確定申告が必要です。

確定申告は、副業をしている人が必ず行わなければいけないのかというと、実はそうではありません。

1年間の中でどのくらい収益が発生したかによって、申告の有無は変わるのです。
では確定申告をしなければいけない稼ぎとは、どのくらいなのでしょうか。

副業の場合は、1年間の所得が20万円を超えた場合に確定申告が必要です。
しかも、単純に収益になった金額ではありません。

1年間の収入から、必要経費を差し引くことができます。
必要経費を差し引いた状態でも20万円を超えていたら、確定申告が必要です。

言い換えれば、副業をしていても20万円を超えていないのであれば、確定申告の必要はないということです。

ですから、確定申告をする前に、副業で稼いだ1年間の収入や、副業に必要な経費をそれぞれ、計算しておく必要があります。

その結果、1年間の所得が20万円を超えた場合は、確定申告を行いましょう。

[adsense]

白色申告と青色申告の違いとは?

副業の確定申告には、「白色申告」と「青色申告」があります。
確定申告をするのであれば、これらの違いを知っておく必要があります。

まずは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

白色申告は記入が簡単なので、副業を始めて間もない人や、所得が少ない人が選択しています。

確定申告用の書類の提出も少ないので、難しい書類を用意する必要はありません。
ただし、青色申告に適応される特典がありません。

一方で、青色申告は白色申告よりも難しい書類を書く必要があります。
また、集める書類も数が多くなります。

青色申告をするには、事前に税務署に申請書を出しておく必要があります。
申請がない場合は白色申告扱いになります。

手続きが大変な分、青色申告をすると、最高65万円までの特別控除により節税ができます。
その他にも青色申告には以下のようなメリットがあります。

  • 赤字を繰越すことができる
  • 親族への給与を経費にできる
  • 30万円未満のものを一括でその年度の経費にできる

副業に大きく関わってくるのはやはり、特別控除の部分です。
青色申告の申請は一度出せばそれ以降は、青色申告になるので、申請は一度だけです。

副業での稼ぎが高額になってきたら、青色申告の方が節税できる可能性が高くなります。
副業での収入によって、使い分ける人が多いという特徴があります。

確定申告の方法とは?

確定申告を行うには、まず1年間の収入と、必要経費を計算しておきましょう。
1年間の収入から経費を差し引いた結果が、確定申告の金額になります。

次に、必要書類を用意しましょう。
確定申告に必要な書類は以下の通りです。

  • 収支内訳書
  • 確定申告書B

収支内訳書は2枚あります。
1枚目には、売り上げや経費の内訳、所得金額などを記入します。
2枚目には、主な売り上げ先や仕入先の詳細を記入します。

確定申告書Bは2枚と添付書類台紙があります。
1枚目には、第一表事業収入や所得控除などを記入します。

2枚目には、第二表源泉徴収税額などを記入します。
添付書類台紙には、源泉徴収票や各種控除の関係書類をのり付けして提出します。

ここまでは白色申告、青色申告共に共通した書類です。
青色申告には、所得税青色申告決算書が必要です。

これらの書類は税務署でもらってきて、手書きすることができますが、国税庁のウェブサイトからもダウンロードできます。

また、平成28年からはマイナンバーの記載欄が追加されたので、必ずマイナンバーを記入する必要があります。

また、実際の収入が分かる明細書必要経費が記された領収書なども用意しておくと、提出を求められた時にスムーズに手続きを進めることができます。

これらの書類を持って、期間内に税務署に申告します。
期間内は2月16日から3月15日までです。

この期間を過ぎると申請は出来なくなるので、注意しましょう。
また、3月に入ると税務署がかなり混雑するので、早めの申請をお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?

副業の場合は本業以外の所得が20万円以上になったら、確定申告が必要です。
副業に関わる経費があれば差し引くことができるので、経費を引いても20万円以上であれば必要です。

確定申告には白色申告と青色申告があります。
それぞれの特徴は以下の通りです。

  • 白色申告は提出書類が少なく、書類に記載する内容も簡単
  • 青色申告は書類への記載事項は多いが、特別控除を受けることができる

初めての確定申告であれば、収入もそれほど多くないので、簡単に済ませることができる白色申告が良いでしょう。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。