副業

フリーデザイナーになるには?成功するためには?

フリーデザイナーとして独立したい!

でも失敗はしたくない…

なぜ、最初はフリーデザイナーとして成功できていたのに、徐々に生活ができなくなっていくのでしょうか?

フリーデザイナーには、それなりにリスクがあります。

独立するなら、やはり成功したいですよね。
ではフリーデザイナーで成功するためには、どんなことを重視すればよいのでしょうか。

フリーデザイナーで失敗する例や、フリーだから良いことなど、様々な観点から、フリーデザイナーについて紹介していきます。

 

フリーデザイナーになると仕事内容は変わる?

フリーデザイナーは、どのような仕事内容なのでしょうか?

デザイナーとは視覚的にその物を美しくするために、形・模様・レイアウトなどに、様々な工夫を凝らすお仕事です。

クライアントの依頼によって仕事が発生し、クライアントが意図したものをデザインで表現します。
作家ではないので、どれだけクライアントのイメージを形にできるかが勝負です。

デザイナーと呼ばれる主な仕事は以下の通りです。

  • ポスター・チラシ・商品パッケージなどのデザインを企画・制作するグラフィックデザイナー
  • Webサイトの構成企画、デザインを行うWebデザイナー
  • 自動車や家電製品などの工業製品のデザインを行うインダストリアルデザイナー

細かい話をするともっと多くの種類のデザイナーがいますが、フリーデザイナーになった場合も、その仕事内容は変わりません。
 
クライアントと交渉をしたり、話を聞いてデザインを具体化したり、設計書を書いたり…
もちろんデザインをするという点でも、基本的には仕事内容が変わることはないでしょう。

[adsense]

 

フリーデザイナーになると大変なこととは?

仕事内容にさほど変更はありませんが、フリーになることで増える仕事や大変なことはあります。
フリーデザイナーになることで、大変なことを見ていきましょう。

デザインに集中できない

デザイナーはクライアントの意志にそって、デザインをしていくのが仕事です。
自分のデザインが「商品」となるので、とても大切ですよね。

しかし会社というネームバリューがなくなるので、クライアントについてもらうためには、実績や知識を向上させ続ける必要があります。

自分のデザインを売り込むための営業や、スキル向上のための勉強会、また、他のフリーデザイナーと差別化を図るためのアイデアなどを考え続けなければなりません。

そうこうしているうちに、肝心のデザインをする時間が取れなかったり、じっくり集中するということができなくなります。

特に駆け出しのフリーデザイナーに、このような傾向があります。

会計とか集客とか雑務が一気に増える

フリーデザイナーになるということは、デザインをする仕事以外にも
様々な仕事が増えます。

事業計画、ターゲット、サービス内容、営業、請求、税金、確定申告など、あげればきりがないくらいの雑務や会計の仕事もこなしていかなければなりません。

会計や営業の経験がないのであれば、勉強する所から始めなければなりません。
これはかなりの時間を費やしますし、大変な作業となるでしょう。

また、顧客をゲットするための集客力がなければ、稼ぐことはできません。
ですから、活動時間のすべてを顧客へのサービス提供の時間、サービス向上の時間を確保しなければいけません。

全てを1人で行うということは、慣れるまでは大変な作業になることでしょう。

 

なぜフリーデザイナーで失敗するのか?

フリーデザイナーで失敗してしまう人というのは少なからずいます。
しかし失敗する人には、共通した特徴があることも事実です。

まず、自分の仕事に自信が持てないタイプは失敗します
フリーになって自分の力量が分からないと、どの程度のお金をもらうのが妥当か分かりません。

すると安請け合いしてしまい、もしかすると会社員であった頃よりも安いお金で仕事をする羽目になることも
きちんと行っていることには自信を持ちましょう。

また、自分のデザインとは方向性の違う仕事を受けてしまうと無理が出ます。
背伸びしすぎた案件は負担がかかるだけでなく、クライアントをガッカリさせてしまう可能性があります。

逆に天狗になっている人も失敗します。

自分のデザインに自信があるのは良いのですが、売り込みが激しかったり
顧客の意見を聞かずに、自分のデザインを突き通そうとするのは間違いです。

自信があるあまり、割高な金額を提示しても受け入れられません。
クライアントに寄り添った営業をすることをおすすめします。

また、「断れない」性格も要注意です。
断われないことで、仕事を受け過ぎてしまったり、大量の追加を無料でやってしまう場合があります。

これは自分の価値を落とすことになるので、仕事にはプライドを持って取り組みましょう。

一番は集客

そして、なによりも問題になるのがこの集客です。

最初は成功していたのに、次第に失敗をしてしまう人の多くは集客の仕組みが上手く回っていないことが上げられます。

紹介で仕事を受注できていたのに、その紹介がどんどん減ってきて、ついにはクライアントがいなくなるという事があるのです。

とくに、新しいフリーのデザイナーは次から次へとどんどん出てきます。

彼らと差別化を図り、しっかりと集客をしなければ、あなたのビジネスは苦境に立たされてしまうのです。

 

フリーデザイナーで良いこととは?

失敗談をご紹介しましたが、フリーデザイナーになったからこそ
良かったと思うこともあります。

好きな仕事だけ選ぶことができる

組織に属しているとどうしても苦手な仕事、やりたくない仕事もやらなければなりません。
しかしフリーデザイナーになることで、自分のやりたい仕事を選ぶことが可能です。

もちろん選び過ぎてはダメですが、得意なことや好きなことをメインに選択できることは確かです。
また、自分のペースで進められるというのも、メリットといえますね。

頑張った分だけの収入が入る

会社員の場合は固定給なので、どれだけ頑張っても収入は増えません。
逆に見れば、それだけ安定して収入があるということです。

フリーデザイナーの場合は、頑張った分だけ収入が増えていきます。
働くということは結果が見えなければ続きません。

頑張った分だけの収入が入るというのは、それだけモチベーションも上がるということです。
頑張れば頑張るほど収入が増えていく世界に身を置くのはワクワク感が耐えないでしょう。

人間関係に悩まない

会社や組織に属している場合、必ず付きまとう問題が人間関係です。
デザイナーは個性が強い職業なので、方向性が合わないなど人間関係に悩む人は多いのです。

組織に属している場合は、そういう人とも上手くやっていかなければなりませんが、フリーになれば、そういった煩わしい人間関係の悩みはかなり減るでしょう。

自分が、一緒に仕事をしたいと思う人を選んで、仕事をすることができるのです。
優秀な人がいれば、直接アプローチして一緒に仕事をするのも自由です。

 

フリーデザイナーで食べていく為にすべき事とは?

フリーデザイナーになったとしても、生活ができなければ問題です。
よく「独立して食べて行けるの?」と聞かれることもありますが、「食べていかなければならない」のです。

では、フリーデザイナーで食べていくためには、何をしたらよいのでしょうか。

まず自分の仕事に自信を持って、安売りしないことです。
デザインの仕事を受ける時の「相場」を良く研究し、フリーでやることで発生する手数料も含めましょう。

自信がなかったり、仕事の依頼が少ないと、つい安く請け負ってしまうかもしれませんが、最初に足元を見られてしまうと、後から挽回が難しくなります。

安請け合いしない為には、あなたの考え方やデザインを気に入ってくれた人と仕事をするべきです。

 

世の中にはそれこそ、何千人ものデザイナーがいます。

しかしどのデザイナーにも個性があり、顧客の中にはあなたのデザインが良いと言ってくれる人もいるでしょう。

あなたのデザインとは方向性が違うデザインを求める人と仕事をしても成果が出ません。

 

無理に仕事を引き受けるのではなく、あなたの考えに共感してくれる人を探していくのがベターです。

しかし、初めからあなたのデザインを気に入る人はいません。

あなたが、フリーデザイナーとして実績を残して信頼を獲得していくことで得られるものです。

ですから「誰かの真似・模倣」ではなく、唯一の存在になれるような個性を磨きましょう

 

つまり「売れるコンセプト」を作ることです。

 

コンセプトに共感する顧客が増えれば増える程、ファンになるので無理な売り込みをしなくても売れるようになります。

また、安売りをしなくても、「あなたの商品がほしい」と言われるようになります。

 

その為にも、「売れるコンセプト」を最初に作りましょう。

 

もう一つは、「売れる集客の仕組み」を作ることです。

売上が増えずに悩む原因は、集客が上手く機能していないことです。

そうならないためにも、売れる集客の仕組みを作ることがポイントになってきます。

 

この仕組みがしっかりと機能すると、毎月安定的に新規の見込み客があなたのもとに訪れるようになります。

つまり、クライアントを獲得するために、紹介をお願いしたり、イベントやセミナーに参加する必要がなくなってくるのです。

 

するとその時間を、自分のサービスの向上のための時間に使ったり、既存クライアントとのコミュニケーションの時間に充てることができるようになります。

もちろん、プライベートな時間に費やすことも可能です。

 

すると、良質なサービスが提供できるので顧客満足度もはるかに向上します。

そして、口コミで評判が広がり、さらにビジネスが加速していくことができます。

あなたは、自分がしたい事だけにどんどん集中できる環境ができていくのですね。

 

「売れる集客の仕組み」は安定的にビジネスを成長させていくために、必ず必要になってきます。

 

唯一の存在になるためには?

唯一の存在になるためには、明確な「コンセプト」を打ち出すことです。

このコンセプトは以下の、SUCCESという手順で作ることが出来ます。

  • 単純明快である(Sinple)
  • 意外性がある(Unexpected)
  • 具体的である(Concrete)
  • 信頼性がある(Credible)
  • 感情に訴える(Emotional)
  • 物語性がある(Story)

それぞれのイニシャルをとって「SUCCES(成功)」と言われています。

スタンフォード大学の教授であるチップ・ハースとコンサルタントであるダン・ハースが著者である「アイデアのちから」という書籍にも紹介されている内容で、コンセプトを作る際のチェックリストとなります。

 

フリーで仕事を始めるなら、このチェックリストをもとにクライアントに分かりやすい明確なコンセプトを打ち出して、そこに共感してくれるクライアントと仕事をすることです。

そういった仕事を続けていくうちに、自分のブランドを構築することができます。

ブランドが構築されれば、あなたのデザインがもっと分かりやすくクライアントに受け入れられやすくなります。

 

もちろん、短期間でできる内容ではありません。
でも、この基本をブレずに行えば、年数を重ねるごとに収入も上がっていくでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

フリーデザイナーで成功するためには、あなたのデザインを気に入ってくれる顧客を見つけることです。
仕事がないうちはとにかく仕事の依頼を受けてしまいがちですが、そのままでは成功は難しいです。

フリーでデザインをしていくのであれば、あなたのデザインを売っていかなければなりません。
あなたのデザインの方向性と違う仕事は、受けないくらいの気持ちが大切です。

その為には、明確なコンセプトを打ち出して、ブランディングをすすめていきましょう。

売れるコンセプト」と「売れる集客の仕組み」を構築することで、あなたのビジネスは劇的に成長するでしょう。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。