副業

インターネットを使ったお金の稼ぎ方!在宅でできるのは?

インターネットを使ってお金を稼げるって本当?

時間を効率的に使って、自宅に居ながら稼いでいきたい!

お金を稼ぐといえば、どこかの会社に就職して収入を得るのが一般的です。
またはアルバイトやパートという形態もありますが、どちらにしても出稼ぎにいきます。

しかし、インターネットが普及している今は、インターネットで稼ぐ方法も増えています
家から一歩も出なくても、インターネット上でお金が稼げる時代です。

インターネットを使ったお金の稼ぎ方には、どんな方法があるのでしょうか。
在宅でできるものに的を絞ってご紹介していきます。

在宅とパートおすすめは?

在宅で稼ぐことができるとはいえ、これまで主流だったパートで収入を得ている人もいます。

実際には在宅とパート、どちらがおすすめなのでしょうか。

それぞれのメリット・デメリットを見ながら、考えてみましょう。

在宅ワーク

自宅にいながら、ちょっとした空き時間を使って効率よく稼ぐのが在宅ワークです。
締切や納期さえ守れば、働く環境やスケジュールは自由に設定することができます。

自由度が高いので、時間が空けばいつでもどこでもできる仕事内容が多いです。
本業を持ちながら行う人や子育て中の主婦も続けやすいといわれています。

ただ、自己管理ができない人の場合、ダラダラと仕事が長引くことがあり、仕事とプライベートの区分けが難しくなることがあります。

また、予定通り仕事がこなせない場合や、やり直しに手間がかかる等の理由から、収入が不安定になることもあります。

パート

家の近くのコンビニやスーパーなどで、レジ打ちや品出しなどの仕事をします。
基本的にパート先に出勤するのが主流です。

月々の収入額が、あらかじめ予測できるのがメリットといえます。
また、ある程度であれば時間設定など、働き方を自由に設定することができます。

ただ、未経験の仕事に就く場合、慣れるのに時間がかかったり、人に関わる仕事の場合、人間関係に悩むこともあるでしょう。

「自分の希望する条件に当てはまる仕事が見つからない」と苦労する人もいます。

以上のことから、人間関係の悩みが少なく、自由度が高い在宅ワークの方が、長く続けていくのにはおすすめです。

もちろんパソコンを持っていて、ある程度使えることが条件ですが、難しい操作は不要なので、在宅ワークで隙間時間を利用して稼ぐ方が効率が良いです。

[adsense]

在宅でもできるインターネットを使ったお金の稼ぎ方とは?

では、インターネットを使ってお金を稼ぐ方法には、どんなものがあるのでしょうか。
様々な業種とその稼ぎ方をご紹介します。

アンケートサイト

アンケートサイトはアンケートに答えることでポイントを貯めて、それを現金や電子マネーに交換して稼ぐことができます。

アンケートには人数制限があるものもあるので、アンケートが始まって呑気に構えていると、回答が締め切られてしまうことがあります。

アンケートには素早く、真面目に回答するのが基本です。
特にポイントが高いアンケートは人気があり、締切も早いので注意しましょう。

アンケートの数をこなそうといい加減に答えてしまうと、矛盾点が発覚し、次回からアンケート依頼が来なくなるなどのペナルティが発生します。

素早く真面目に回答する」というのが鉄則です。

メリット ・アンケートサイトに登録してアンケートに答えるだけなので、難易度が低い
・インターネットビジネス初心者でも、すぐに始めることができる
・難しい操作が必要ない
デメリット ・人気のあるアンケートはすぐに締め切られてしまう
・時間やタイミングが合わないと、報酬が良いアンケートに出会わない
・誰でもできる分、ライバルも多い

 

データ入力

パソコンで文字や数字の入力をメインとした仕事です。
根気さえあれば、誰でもできる簡単な仕事が多いです。

パソコンを持っていて、タイピングがスムーズにできれば、仕事もはかどります。
仕事はクラウドソーシングに登録し、そこから探すのが一般的です。

入力にはノルマが課されるのが一般的で、1日の就業で例えば800件のデータを入力するといった、条件に合わせて、ひたすら入力を行うことになります。

またデータチェック業務も含まれていて、入力されたデータが正しいかどうかを、ひたすらチェックするという業務もあります。

メリット ・パソコンで文字入力ができれば誰でも取り組むことができる
・スピードや正確性が上がれば、報酬アップを狙うことも可能
・時間も場所も問わずに作業ができる
デメリット ・ある程度のパソコンの知識、正確なタイピング技術が必要
・経験がある人の方に仕事が流れていくので、初心者にはライバルが多い
・無茶な文字数を要求してくる仕事もあるので、自分のスキルを把握しておく必要がある

 

テープ起こし・テープライター

録音された音声を聞いて、文字に書き起こす仕事です。
データ入力は文字を見て文字を入力しますが、テープ起こしは音声から文字に起こします。

大して変わらないように思えますが、実際にやってみると難しいです。
その分、データ入力よりも報酬が良いというメリットはあります。

音声は話す人によって、聞き取りにくいこともありますし、案件によっては専門用語が飛び交うこともあります。

何度も同じところを聞き直さなければならないので、ある程度の経験は必要です。
その業界の知識を勉強する必要もあるので、事前準備が意外と大変です。

メリット ・データ入力に比べると報酬が高い
・経験があればすぐにでも始められる
デメリット ・慣れるまで作業のスピードが滞る可能性がある
・専門用語や関連内容の勉強など、事前準備が必要

 

Webライター

ホームページやブログなどを代表する、メディアコンテンツに載せる文章を書いて、それを納品することで報酬をもらう仕事です。

ネットが使える環境とパソコンさえあれば、自宅以外でも仕事ができます。
増え続けるメディアコンテンツに比例して、大きな需要があります。

まずはクラウドソーシングサイトに登録して、仕事を得ることで徐々に信用を得ていきます。
報酬の高い仕事を得るためには、良い評価と実績を積み重ねていくことです。

いきなり高い報酬を狙うのではなく、安くても自分が確実にできる仕事を選びましょう。

メリット ・ネット環境があればいつでもどこでも仕事が可能
・自分の得意分野の仕事を選んで作業を開始できる
・実績を積み重ねると報酬アップも期待できる
デメリット ・文章を書くのが苦手な人には向いていない
・報酬が安い案件が多いので、最初からたくさん稼ぐのは難しい

 

アフィリエイト

アフィリエイトは、商品やサービスを自分のサイトやブログのページで紹介し、その広告主から報酬をもらう仕事です。

ただ紹介すれば良いだけでなく、その商品やサービスが売れなければなりません。
スムーズに購入に導く文章力やインパクトのあるタイトル、検索されやすいSEOなどの対策が必要です。

アフィリエイトで稼ぐためには、自分のサイトやブログにできるだけたくさんの人を集める必要があります。
その為に検索エンジンのこと、文章の書き方など、創意工夫が重要になります。

メリット ・少ない資金で誰でも始めることができる
・上手に商品を売ることができれば、大幅に稼ぐことができる
・続けていくうちにそのサイトやブログが資産となり、不労収入を得ることも可能
デメリット ・誰でも始められるが、誰でも稼げるわけではない
・SEOのノウハウや文章力など、地道に勉強する必要がある
・参入者は多いが商品が売れないと投げ出してしまう人も多い

 

在宅ワークを始める前の注意点とは?

在宅ワークを始めるなら、できれば長く続けていきたいものです。
そのためにも、在宅ワークを始める上での注意点を見ておきましょう。

まず、在宅ワークはその名の通り、家でやるお仕事になります。
ですから、外に出るのが好きな人や、人と関わるのが好きな人には向いていません。

業務内容によっても向き不向きがあるので、自分に合った仕事を探すことが重要です。

また、在宅ということでプライベートとの境が分かりにくくなる人がいます。
会社に出社することもないので、仕事という意識が薄くなってしまうのです。

しかし、報酬が発生する以上、きちんと「仕事」という意識を忘れないようにしましょう。
関わった仕事には責任を持って、納期を守るのが鉄則です。

さらにダラダラと仕事を長引かせないためにも、使える時間を決めてメリハリをつけましょう
例えば、本業の後であれば、帰宅後1時間を在宅ワークにあてる、土曜日の午後は在宅ワークをするなどです。

クワウドソーシングサイトに登録して、仕事を探す場合は、単価が安いことに驚くかもしれません。
でも、初心者のうちは高単価の仕事を取るのは難しいです。

まずは単価が安くても確実に仕事をこなして、信頼や評価をアップさせましょう。

そして忘れてはいけないのが、在宅ワークで稼いだ分は、きちんと確定申告をしましょう。
特に副業で取り組む場合は、年間の所得が20万円を超えたら、確定申告は必須です。

稼げるようになったら、確定申告のやり方についても勉強しておきましょう。

私が在宅で月収5万円以上を稼ぐ不労所得を構築した方法とは?

私の場合はアフィリエイトでした。

PCひとつでどこでも仕事ができるという点と、顔出しをしなくてもいい点、物販のように在庫を抱える必要もなく、またクレジットカードの上限いっぱいまで商品を買ったり、出荷準備などの肉体労働がないという点に魅力を感じて始めました。

 

5万円を超えるようになったのは、始めて3ヶ月ほどしてからです。

そこからは、安定して10万円以上を稼げるようになり、100万円を超える月もありました。

そこから、コンサルタント、そしてプロデューサーとステップアップをすることで、毎月安定して50万円、そして100万円を稼げるようになりました。

 

今は「コンセプトクリエイター」×「自動集客の仕組み化コンサルタント」×「起業支援プロデューサー」として、起業・独立を考えているかたのサポートを行っています。

これから副業を始めたいという方は、まずは自分にあった副業を見つけて実際に稼いでみるということから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

インターネットを使った仕事には、いくつも種類があります。
時間を選ばず、どこでもできるということで、パートよりも効率が良いという声も多いです。

しかし向き不向きはあるので、仕事内容をよく見て自分に合ったものを選びましょう。
また、初心者は報酬単価が低いことがありますが、まずは確実に仕事をこなして信用を得ましょう。

副業で稼ぐ場合は、確定申告が必要になります。
少しずつ仕事を増やしながら、必要なことを勉強していけば、着実に収入を伸ばすことができます。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。