自己啓発

仕事にもう疲れた|辞めたい時に見るサイト

もう仕事を辞めたい…

仕事に疲れたのを放っておくとどうなる?リフレッシュ方法は?

なぜ、仕事に疲れたと感じていますか?

  • 業務内容
  • クライアントの対応
  • 社内の人間関係
  • 拘束時間など

生活の中で大半の時間を占めているのが仕事です。

ここでは仕事に疲れた状態を放っておくとどうなるのか、リフレッシュの大切さ、そしてどうしても辞めたい場合の準備についてご紹介します。

「仕事にもう疲れた」と感じる瞬間とは?

Original update by:acworks

仕事に疲れたと感じる瞬間は、仕事内容によっても変わってきますが、その中でも特に多くの人が感じる「仕事に疲れた」という瞬間を見ていきましょう。

人間関係が険悪

職場の人間関係が悪いという状態が、身体には1番こたえます。

人間関係が最悪になれば孤立してしまったり、協力して仕事をすることができません。

 

仕事はコミュニケーションが大切ですが、それができないとなると、ツライ時間を耐えるだけになってしまいます。

パワハラセクハラを受けているという場合も、精神的にツラいですよね。

 

仕事の内容がどうという話よりも、人との関係性が崩れた職場環境では仕事を続けていくことが困難になります。

残業続き

仕事上、多少の残業は仕方ないと思えますが毎日残業続きで、帰宅は午前様、そして翌日も朝から出勤となると、体力が持ちません。

 

中には残業をしていて終電を逃してしまい、会社に泊まり込みという劣悪な環境にある人もいます。

こうなると、息抜きすることもできませんし、24時間仕事をしている感じになってしまいます。

 

それがやりがいを感じる仕事ならともかく、つまらない仕事の場合は尚更、大きな負担を感じることでしょう。

 

ちゃんと休めないので集中力が低下して、やる気もなくなってしまいます。

ストレスばかりを溜めることになり、強い疲労感を感じてしまうのです。

仕事量が減らない

毎日真面目に仕事をこなしているのに、仕事量が減らない時は非常に疲れます。

これは仕事が遅い、要領が悪いということではなく、会社から与えられる業務量にあります。

 

実は仕事ができる人ほど、たくさんの業務を抱えてしまうのです。

この人には任せられると上司に思われることで、その人の仕事が終わっても次から次へと新しい仕事が上乗せられます。

 

結局、どれだけ頑張っても仕事が山積みの状態になり、毎日クタクタになって帰宅するという流れが出来上がるのです。

[adsense]

そのサインを見逃すと?

仕事への疲労感が限度を超えて、極限を迎える頃には周りの人から見ても「あの人は疲れているな」というくらいに、表に出てきます。

 

しかし会社全体が忙しいと、周りの人の疲労サインを見逃してしまいます。

疲労サインが出ているのに、見逃してしまうと何が起きるのでしょうか。

 

溜まりに溜まった疲労は、身体に不調として現れます。

疲れているのに眠れない「不眠症」になったり、「食欲不振」で食事も喉を通らなくなってしまいます。

 

他にも元々身体の弱い部分に症状が出ることも考えられます。

めまい、頭痛、胃痛、倦怠感など、様々な症状として身体が限界を訴えてきます。

 

仕事による拘束時間が長い、作業量があまりに多いと、法定労働時間や過労死ラインを越えてしまいます。

その結果、睡眠時間が削られて、疲れが取れないまま体力的にも精神的にも疲労が増していきます。

 

そんな状態になっても、同じ生活を続けていると、最悪はうつ病の症状がでてきます。

仕事に対してのやる気どころか、何をするにもやる気が出ない状態になるでしょう。

 

時間に関わらず身体の不調を感じて、ベッドから起き上がることもできないくらい重症化することもあるのです。

うつ病になれば会社で働くのが難しくなる可能性もあります。

 

そうなる前に、仕事に疲労が限界に達したら、早めに対策を講じたいですね。

仕事に疲れたときはリフレッシュが大事

Original update by:NORA IT

本気で仕事をしていれば疲労感を感じるのは、仕方のないことです。

大切なのは疲労を溜めないように、留意することです。

 

仕事に疲れた時は、仕事から一旦、頭を切り離してリフレッシュするのがおすすめです。

軽い運動で気分転換

運動をして身体を動かすと、気分転換になりストレス解消できるのは有名です。

 

ポイントはあくまで「軽い」運動です。

 

ここで激しい運動をしてしまうと、身体に負担がかかり更に疲労が増してしまいます。

ウォーキング軽いランニングトレッキングなど、適度に身体を動かせるものが良いでしょう。

 

楽しんでできるものとして、野球やゴルフの打ちっぱなしやサンドバックを用意して、日頃の鬱憤を晴らすというのも悪くないですね。

1人の時間を有意義に使う

人間関係で仕事に疲れた時は、圧倒的に外的要因がほとんどです。

ですから、誰とも関わらずに1人で過ごす時間を設けるのはとても有効です。

 

知り合いのいない街に旅に出る、1人で目的を決めずに散歩するなど、身体を動かすこともできると、よりリフレッシュできます。

 

家にこもるよりも、1人カラオケ、ダーツ、漫画喫茶など外に出て1人の時間を有意義に使う方が気分が晴れるといわれています。

気の知れた友人と美味しいものを食べる

会社では言えないこと、上司や同僚への愚痴など、いつも我慢しているなら気の知れた友人に我慢していた内容を聞いてもらいましょう。

 

もちろん会社には無関係な友人が良いです。

とにかく聞き流してもらう感じで、自分の中に溜まっているものを吐き出しましょう。

 

そして疲れに効くのは、美味しい食べ物です。

愚痴を聞いてもらった後は、楽しい話をしながら美味しい食事を思い切り食べましょう。

 

旅行の計画や、やりたいことリストなどを話しながら食事をすれば明るい気持ちで前向きになれます。

どうしても仕事が辞めたいのなら事前の準備を!

リフレッシュをしていても、仕事の疲れが抜けないという場合もあります。

このまま、同じ職場にいたら精神的にダメになってしまうという危機感があるなら、辞めるのも一つの方法です。

 

しかし、気持ちに任せてただ、辞めるのは避けた方が良いでしょう。

できれば、辞めた後のことを考えてしっかりと準備をしてから辞めましょう。

 

今の会社を辞める場合、多くの人が行うのが「転職活動」です。

働かなければ生活ができないので、転職サイトに登録するなどして転職活動を行います。

 

しかし、疲れている中での転職活動はかなりハードです。

焦って転職を決めてしまうと、同じようにブラック企業に入ってしまうリスクもあります。

無理に転職活動を進めると、心身をさらに追い込んでしまうリスクがあるので注意です。

必要なのは収入源!

はじめはバイトでも良いですし、副業の一環で可能なビジネスもあります。

転職先が決まっていないのに、仕事を辞める場合は、休みの日を利用して副業を始めておいて、少しでも稼げるようになっていると良いです。

 

もっと確実なことは、本業以外に稼ぐことができる仕組みを構築しておくことです。

パソコンが苦手ではなければ、インターネットビジネスで収入源を作り、売れる仕組みを構築している人もいます。

 

なんでもいいので、まずは収入源を確保するということを始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

仕事に疲れた人の多くは、人間関係に悩んでいる、仕事量が多い、残業ばかりといった、自分では解決できない要素を抱えています。

 

放っておけばうつ病になる可能性もある状況での仕事は、本当にツラいです。

うまくリフレッシュができれば良いのですが、それでも疲れが抜けない人もたくさんいます。

 

会社を辞めるという選択肢もありですが、その場合は辞める前に準備をしっかりしておきましょう。

特に本業以外の収入源を得ておくと、その後の活動にも希望が見えてきます。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。