副業

30代の独立起業|リスクなく成功するために!

30代を過ぎると急に脱サラを考える人が多いのは何故?

脱サラに成功する人、失敗する人の違いを知りたい!

30代になったから独立したい、脱サラしたいと考える人が増えてきました。

毎日の会社通い、嫌な人間関係、過剰なストレスから解放されたいという人もいるでしょう。

 

そんな脱サラですが、試みた人がみんな成功しているとは限りません。

脱サラして成功する人と失敗する人には、いくつかの共通点がありました。

 

ここでは30代からの脱サラでリスクなく成功するヒントを書いていきます。

本気で実行するなら、是非、成功する人を目指してくださいね。

30代で脱サラをして独立起業する人は多い?

30代になると脱サラをして独立したい、起業したいと考える人が一気に増えます。

 

20代のうちは社会とはなんなのか、社会人の常識のようなものを学ぶ場であったり、日々の業務に追われていっぱい、いっぱいな毎日があっという間に過ぎていきます。

 

30代になると仕事にも余裕がでてくるので、周りが見えるようになり、実は若い頃に思い描いていた自分像を再確認するような時間ができます。

 

社会人経験も積んだ、実績も残せた、自分の力を試してみたいなど人間的にも油がのってきて、チャンスを手にする絶好のタイミングになるのです。

 

脱サラを考える人というのは、元々夢を持っている人や、団体行動が苦手な人です。

ある程度、サラリーマン生活をして経験を積み、ある程度の貯金ができれば、自分のやりたい方向へと進もうとします。

 

そもそも20代の若いうちは社会的信用も薄く、ローンを組むにも中々OKが出ません。

かといって、蓄えておけるほどのお金の余裕もありません。

 

ですから、学生を卒業した後は、ひとまずサラリーマンとして就職して社会的地位や信用を得たり、貯蓄をしたりして、30代の脱サラに向けて準備をしているのです。

 

あくまでサラリーマン生活は夢を叶えるための準備期間であり、脱サラは夢に向かっての再出発となるのです。

[adsense]

脱サラしても失敗してサラリーマンに戻る人も多いという事実

脱サラして独立したいという夢を持つのは自由ですし、行動を起こさなければ状況は変わりません。

夢だけ思い描いていても、サラリーマンのままでは夢は叶えられないのです。

 

しかし、脱サラをした人のすべてが成功するという保証はありません。

脱サラをする人の中には、失敗する人がいます。

 

むしろ失敗する人の方が割合的には、成功する人に比べて多いといわれています。

脱サラに失敗した人の多くは、サラリーマンに戻るという選択肢が多いというのが現実です。

 

脱サラに失敗した場合、1番心配なのはその後の生活ができるか否かです。

多くの借金の後、脱サラに失敗した場合、自己破産する羽目になる人もいるでしょう。

 

では、自己破産をしたその後はどうなっていくのでしょうか。

 

自己破産したらもう起業はできないとか、信用が落ちるとか聞いたことありますよね。

確かに金融機関への信用は大幅に落ちるので、資金集めは困難になります。

 

でも二度と企業ができなくなるわけではありません。

実際に何度もチャレンジして成功を掴む人がいるのも事実です。

 

ただし、一般的に起業して失敗したというのは、世間体は悪いです。

生活のために再就職をしたいとしても、企業からは「組織の1人としては扱いにくい人」と見られてしまいます。

いつ辞めてしまうかも分かりません。

そういった意味で、なかなか就職先が見つからず、再就職が難しくなります。

特に40代を超えている場合は、年齢的なハードルもあるので、更に難しいでしょう。

起業する前に仮に失敗した場合にどう生計をたてていくのか、考えておいた方が良いですね。

30代の脱サラで失敗する人成功する人

脱サラで失敗する人と成功する人は一体、何が違うのでしょうか。

失敗する人

脱サラで失敗する人というのは、当たり前ですが、計画性がない人です。

会社を辞める前に準備もしないで「辞めてからどうにかする」などと考えています。

 

要するに、会社への不満、仕事への不満、人間関係への不満など「とにかく会社が辞めたい」という理由で脱サラをする人です。

 

これは脱サラをして夢を叶えたい、明確な目標があるということではなく、現状から逃げたいというマイナスな理由です。

 

こんな状態で脱サラをしても、1年たたない間に、結局サラリーマンに戻ってしまうでしょう。

 

また、メンタルが弱い人も失敗しやすいです。

脱サラをするからには、基本的には1人で険しい道を突き進むことになります。

 

様々な困難にぶつかることもあるでしょう。

そんな中、上手くいかない時にも努力して切り抜ける力が必要になってきます。

 

ツライからといって、体調を崩しても代わりに稼いでくれる人はいないのです。

どんなことがあっても、そこから巻き返せるメンタリティがないのなら、脱サラには向いていません。

成功する人

脱サラして成功する人は、事前に十分な準備ができています。

ある程度の投資も必要になる脱サラですが、そのための資金を用意しています。

 

また脱サラしてすぐに稼げるようになる人は滅多にいません。

新しい仕事が安定するまでの生活資金のこともしっかりと考えています。

 

どのような分野で脱サラすれば良いのか、あらかじめ有望なビジネスや成長市場をリサーチしておくことも必要です。

 

そして脱サラに強い信念を持っている人も成功していきます。

高い理想でなくても、一定の目的や目標を立てて、そこに向かって進んでいくタイプです。

 

そうなれば、例え困難が起こっても、目標達成のためにルートを引き直して再びそこに向かって努力し始めることができます。

 

周りに何と言われようとも、なかなか成功が見えなくても、不屈の意志や精神を持っている人は
夢を叶える力にも優れています。

 

もっと良いのは脱サラする前に、何かしらの稼げる仕組みを構築しておくことです。

副業でインターネットビジネスを始めるなど、空いた時間いできる作業で稼ぐ仕組みを作るのです。

 

準備ができていれば、脱サラへの時間を作ることができます。

そして稼げる仕組みを作っておけば、お金を作ることができます。

このように、成功する人は先を見通す力、十分な準備ができる人なのです。

私が副業で月収50万円以上を稼ぐ不労所得を構築した方法とは?

すでに自己資金が数百万円もあって、年収も700万円を超えているのであれば不動産投資がおすすめです。

不労所得となるので、働かなくても家賃収入だけで生活していくことができる理想的な生活が手に入ります。

私自身もサラリーマン時代は不動産投資をして、毎月50万円以上の安定した家賃収入を得ていました。

 

まだ、自己資金が少なくて年収も高くないのであれば、副業から始めましょう。

上記に記載したように、副業にも色々な方法がありますが、そのスキルを誰かに教えることができる仕事を副業として始めることをおすすめします。

 

私の場合はアフィリエイトでした。

PCひとつでどこでも仕事ができるという点と、顔出しをしなくてもいい点、物販のように在庫を抱える必要もなく、またクレジットカードの上限いっぱいまで商品を買ったり、出荷準備などの肉体労働がないという点に魅力を感じて始めました。

 

50万円を超えるようになったのは、始めて6ヶ月ほどしてからです。

そこからは、安定して50万円以上を稼げるようになり、100万円を超える月もありました。

そこから、コンサルタント、そしてプロデューサーとステップアップをすることで、毎月安定して70万円、そして100万円と稼げるようになりました。

 

今は「コンセプトクリエイター」×「自動集客の仕組み化コンサルタント」として、起業・独立を考えている方のサーポートを行っています。

脱サラをしたいという方は、まずは自分にあった副業を見つけて実際に稼いでみるということから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

30代で脱サラを考える人が多いのは、社会人としての経験を積んで油がのってくるからです。

また、ある程度の貯金が貯まるのも理由の一つといえるでしょう。

 

しかし脱サラをしても成功する人と失敗する人では、圧倒的に失敗する人の方が多いです。

十分な準備、不屈の意思、明確な目標や目的を持って、取り組めるようにしましょう。

 

会社を辞める前に、稼ぐことができる仕組みを構築しておくと時間にもお金にも余裕ができるので、成功への道が見えてきますよ。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。