副業

年収1000万の仕事・職業と生活とは?割合はどれくらい?

年収1000万円稼いでいる人の職業は?

年収1000万円稼いだらどんな生活ができる?

ゼロから年収1000万円超えを目指すには?

働いても働いてもなかなか収入が増えないことに悩んでいませんか?

 

「年収1000万円稼いだらもっと贅沢な生活ができるんだろうなぁ。」

「心にも余裕が生まれるんだろうなぁ。」

など、安定した収入があっても、やっぱり、年収1000万円台にあこがれてしまいますよね。

 

では、実際、年収1000万円を稼いでいる方の生活ってどんな感じなのでしょうか?

憧れの年収1000万円について紐解いていきます。

そして、今からでも、年収1000万円を超えるためにしておくべきことについてまとめていますので、参考にしてみてください。

年収1000万円を超える職業とは?

年収1000万円をこえる職業にはどのようなものがあるでしょうか?

  •  パイロット・・・平均年収1200万円
  •  医者・・・平均年収1100万円程度
  •  外資系企業・・・年収1000万円超え
  •  テレビ局員・・・平均年収1200万円
  •  漁師・・・平均年収1000万円超え
  •  大学教授・・・平均年収1100万円
  •  弁護士・・・平均年収1100万円

年収1000万円を超える仕事の特徴としては、高学歴で高い倍率をくぐりぬけて、内定を勝ち取るための人間力も必要です。

合格率の低い難易度の高い国家資格が必要だったり、就職するのも簡単ではありませんが、就職してからも、常に学び続けて努力し続けなければならなかったりしないといけません。

また、時間が不規則だったり、自分の時間を犠牲にしたりしなければならない仕事も、高年収な職業の特徴になります。

[adsense]

年収1000万円を超えている人の割合とは?

厚生労働省 国税庁の統計によると、年収1000万円を超えている人の割合は、「全体:4%」「男性:6%」「女性:1%」です。

割合でみるととても低いのがわかります。

 

例えば、働いている人が100人いたら、年収1000万円を超えているのはたったの4人ということになります。

女性は、結婚出産で、仕事を辞める方が多いため、男性よりも、1000万円稼ぐ割合が少ないです。

年収1000万円を超えている人の割合は、ほんの一握りということになりますね。

年収1000万円を超えている有名人とは?

年収1000万円を超えている有名人の特徴は、

① ひな壇芸人
② 地方営業で活躍している一発屋芸人
③ 地方のローカル番組などで活躍している芸人
④ アイドルグループの中の目立たないけど主力メンバー
⑤ デビューしたけどまだまだこれからのジャニーズ

などです。

消えた一発屋芸人、目立たないアイドル、知名度が低い有名人などと、馬鹿にしてはいけません。

実は、彼らは、私たちが思っているよりも年収が高かったりするのです。

 

有名人も、本業と合わせて、ブログの広告収入や、不動産投資、株式投資などの副業で賢く収入を稼いでいる方もたくさんいらっしゃいます。

年収1000万円以上を稼ぐ人の実際の手残りとは?

年収1000万円の方の手取り収入は、「698万円」です。

手取りとは、年収から税金や保険料を引いた額のことです。

 

具体的な内訳は、

「年収1000万円」-「所得税107.06万円」-「住民税75万円」-「社会保険料・年金119.9万円」=「手取り収入698万円」

1000万円稼いでも、「累進課税」により、稼げば稼ぐほど、税率が高くなる仕組みなので、年収が高い方ほど、たくさん税金として引かれています。

 

年収1000万円の場合は、「300万円」も税金で引かれ、手取り収入は、だいたい「700万円」程度です。

年収1000万円以上を稼ぐ人の生活とは?

年収1000万円を稼ぐ方の生活はどんな感じなのでしょうか?

手取り年収が約700万円

ボーナスを考慮しない場合の月収は、約「58万円」

 

58万円で、都会のタワーマンションの家賃が、30万円程度

日々の食費を奮発して5000円ずつつかっても、15万円

あと残り、13万円で、光熱費の支払など。

どんぶり勘定でも、余裕で生活できそうです。

 

現実は、年収1000万円稼ぐ職業についている方は、時間が不規則だったり、常に学び続けていかなくてはならないなど、自分の自由時間が少ない傾向にあるので、贅沢する暇さえ少なかったりします。

その結果、生活費を差し引いて余ったお金は、自然に貯蓄に回されているようです。

蓄えたお金を不動産投資株券購入などの費用にまわして、さらに年収アップをねらうのもいいですね。

ゼロから年収1000万円を目指す為にしなければならないたった一つの事とは?

すでに自己資金が数百万円もあって、年収も700万円を超えているのであれば、不動産投資がおすすめです。

不労所得となるので、働かなくても家賃収入だけで生活していくことができる理想的な生活が手に入ります。

まだ、自己資金が少なくて年収も高くないのであれば、副業から始めましょう。

副業にも、色々な方法がありますが、そのスキルを誰かに教えることができる仕事を副業として始めることをおすすめします。

例えば、

  • 記事書きの業務
  • メルカリやヤフオクなどの物販
  • ブログ運営
  • アフィリエイト
  • 通訳

など・・・

なぜそのような、仕事をするべきかというと、副業で稼いだ実績ができると、それを誰かに教えることが出来るようになるからです。

コーチやコンサルタントと言いますが、自分が労働の歯車になるよりも、教えることで対価を得る方が、得られる報酬も、自分の自由な時間も増えていきます。

例えば、あなたが主婦でメルカリで月収10万円を稼げるようになったら、その方法を月収10万円稼ぎたい主婦に30万円で教えるスクールを開催します。

月に1人生徒を取るだけで、売り上げは3倍に増えます。

作業も、教えることがメインになるので、ぐっと楽になりますよね。

そして、そこからさらに、次はプロデューサーとしてコンサルをしたいという生徒さんを60万円などでプロデュースしていきます。

すると、さらに売り上げは2倍に膨れ上がります。

このようにすると、単価を上げつつ、あなたの労働時間を減らしていく仕組みが出来上がります。

すると、月収1000万円どころか、2000万円、3000万円と増やしていくことができるのです。

私の場合も、最初はインターネットを使ったビジネスから初めて、コンサルタント、プロデューサーとしてステップアップしていきました。
今では、「コンセプトクリエイター」×「自動集客の仕組み化コンサルタント」として、起業をしたい方を対象に、年収1000万円を超える方法をお伝えしています。

これから副業を始めたいという方は、まずは自分にあった副業を見つけて実際に稼いでみるということから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

年収1000万円を稼いでいる方は、

「時間が不規則」
「自分の時間を犠牲にしている」
「就くのが困難」

など、働く前も働いてからも、大変な労力がかかっています。

そのような職業に就いてない場合でも、年収1000万円を超えるためには、本業と合わせて、副業でプラスアルファの収入を稼いで、年収1000万円をかしこく稼いで、安定した生活を手に入れましょう。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。