自己啓発

会社を辞めたい40代必見!辞める理由やタイミングは?

これ以上は無理!会社を辞めたい!

会社を辞めるベストなタイミングは?

辞める時の理由はどうすればいい?

会社で働くことは当たり前と考えられていましたが、今では会社や組織を辞めたいという声が増えています。

特に、40代での独立や起業を考える人が多い傾向にあります。

果たして働き盛りの40代が、会社を辞めたいと思う理由は何なのでしょうか。

 

いざ、会社を辞めるとなれば、その後の生活のことを考えてタイミングも重要です。

ここでは、40代サラリーマンが会社を辞める理由やタイミングを見ていきましょう。

会社を辞めたいと思う理由とは?

Original update by:すしぱく

40代のサラリーマンといえば、会社のことも理解して先頭に立つ年齢です。

部下をもち、会社を引っ張っていく存在として活躍しますよね。

そんな40代が会社を辞めたい理由とは、どんな内容なのでしょうか。

給料が低い

仕事は会社に貢献して働いた分、報酬という形で対価をもらいます。

ですから、本来であれば頑張った分だけ報酬が返ってくるのが理想です。

 

ところが、今の社会は頑張れば頑張るほど、仕事量が増えるのに対して給料はそれに見合っていません。

  • こんなに頑張ったのに、給料はいつもと一緒・・・
  • 自分の方が成果をだしているのに、他の同期と変わらない給料・・・

こういう部分が徐々に不満となってきます。

 

給料の見通しが立たないと、この先将来にも不安を感じます。

そうなるともう少し給料が良い会社へと転職を考えることもあるでしょう。

労働時間に見合わない給料は会社を辞めたい人の大きな理由です。

人間関係がしんどい

次に悩む人が多いのが、人間関係です。

40代であれば、多くの人が部下を育てる立場になります。

しかし若い社員の考え方が理解できなかったり、意見が食い違ってしまうなどで一緒に仕事をするのにストレスを感じる方も多いようです。

 

また、上司と後輩の板挟みになっている人もいます。

 

上司は状況も分からずにただ「売り上げを出せ」「顧客を増やせ」と言い、後輩にそれを教育しようとしても「僕には無理です」と後ろ向きであれば、結果は出せません。

 

結局、すべて自分でどうにかしなければならない状況になり、より人間不信に陥っていきます

仕事にやりがいを感じられない

今の仕事は誰でもできるルーチンワークである場合、徐々にやりがいを失っていきます。

入社の時は企画をやらせてもらえるという話で入ったのに、蓋を開けてみたら違う世界だったという場合もありますね。

自分のやりたいことと、実際にやっていることに大きなギャップがあると仕事にやりがいを感じられず、モチベーションは下がる一方です。

毎朝「つまらないな」と思いながら仕事に行く日々ほど空しい日々はありません。

そうなると「やはり、自分がやりたいことに挑戦しよう!」となり、会社を辞めてしまうのです。

[adsense]

なぜ今、40代の脱サラが増えているのか?

そんな中、40代の脱サラが増えているのには、ちゃんと理由があります。

まず、年功序列を廃止しようという声が高まっていることです。

通常であれば、年齢順に出世をしていくのが一般的です。

しかし年功序列を廃止して役割、成果、発揮能力に応じた賃金制度を導入している会社が増えています

 

そうなると自分よりも若い社員が、自分よりも出世したり、給料が高いという事態が起こりうるのです。

 

気づいたら年齢は下なのに、自分の上司になっていたということもあります。

多くの40代男性にとって、それは耐え難い屈辱なのでしょう。

そんな状態で会社にいても、モチベーションは下がる一方ですし、このまま一生出世できないと考えると、将来が不安になります。

 

こんな状態が長く続くと、転職脱サラを考え始めるのです。

そして今は、インターネットビジネスが主流になりつつあります。

パソコンとネット環境さえあれば、そこでビジネスを立ち上げて報酬を得ることができるのです。

個人で稼いでいる人が増えていることから、世の中は組織での活動よりも個々の時代になっています。

 

30代や40代から副業でインターネットビジネスを始めて、稼げるようになると脱サラするという方が増えているのです。

40代で脱サラをしている人は何をしているのか?

Original update by:すしぱく

40代で脱サラした元サラリーマンは、どんなことをして稼いでいるのでしょうか。
会社を辞めるということは、収入を得る場所がなくなるということです。

収入が入らなければ、当たり前ですが生活ができません。

ですから40代で脱サラする人は、何も考えずにただ辞めたいから会社を辞めるのではありません。

 

ちゃんと辞めた後でも生活をしていくことができる「何か」を始めています。

その何か、とは、会社以外のビジネスです。

 

上記で少し触れたインターネットビジネスで、副業から本業に転向した人もいます。

転売フリーランスライターアフィリエイトなど、インターネットビジネスにも様々な種類があります。

これらのビジネスを成功させて、生活できるくらいの報酬を得るための「稼げる仕組み」を作り上げていくのです。

 

また、昔からある方法であれば、不動産収入で不労所得を得ることもできます。

不動産投資でマンションを建てて貸し出せば、その家賃収入が毎月入ってきます。

 

もちろんいつも満室をキープするためには、管理費メンテナンスは必要です。

成功すれば、老後の資産にもなりますし、将来的にも安定するでしょう。

 

このように、40代で脱サラした人の多くは、会社員ではない方法で稼ぐ方法を見つけて毎月、安定した収入を獲得しています。

 

頑張れば頑張った分だけ収入に繋がるので、サラリーマン時代よりも多く稼いでいるのに、「自由な時間は倍以上に増える」ということも普通に有り得ることです。

こうやってできた時間を有意義に使うことで、さらなるビジネスを展開させることも可能なのです。

脱サラをするベストなタイミングとは?

脱サラをしようと考えたとしても、タイミングを間違えれば大変なことになります。

今までもらえていた給料がなくなるので、生活ができなくなってしまうでしょう。

よく数か月から半年は生活できる貯金が貯まったら、会社を辞めるという考え方をしている人がいますが、貯金はあまり関係ありません

 

なぜなら、そのくらいの貯金では、いつか底をついてしまうからです。

 

 

大切なのは、最低限の生活ができるくらいの毎月安定的に入ってくる収入源を確保することです。

 

脱サラをしてから、新しい事業を始めようとする人がいますがそれでは遅すぎます。

ほとんどの人が、なかなか稼げない状況に焦って、空回りしていきます。

脱サラをするなら、会社に勤めている時から、副業などで事業を始める方が確実に安全です。

 

例えば、不動産投資で十分な家賃収入が得られるようにしておくとか、インターネットビジネスで売れる仕組みを構築しておくなどです。

まずは自分にどんな仕事が向いているのか、自分が何をしたいのかを見極めて、休日や空いている時間を使って少しずつ取り組んでみましょう。

そしてその仕事で生活費が稼げるようになったら、会社を辞めて本気でビジネスに取り組んでいきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

40代で脱サラをする裏には、給料が安い問題や、年功序列の排除、そして組織ではなく、個人が稼ぐ時代が到来しているという背景があります。

40代で脱サラした人は、会社や組織という場所ではなく、不動産収入やインターネットビジネスで、安定して稼ぐ仕組みを構築しています。

会社を辞めてから新しい事業に手を出すよりも、会社員時代にある程度の稼ぎを出せるようになってから、脱サラをして好きなことをビジネスにする方が安全で安心ですよ。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。