副業

インスタグラマーの収入源とは?インスタグラムで稼ぐコツは?

インスタグラマーって稼げるの?

インスタグラマーの収入源は何?

写真や動画に特化しているインスタグラムは特に若い女性に人気です。

中には、一般人なのにモデルや芸能人と同じくらいのフォロワー数を持ち、“インスタグラマー”として稼いでいる人もいます。

 

たくさんのインスタグラマーが誕生している今、これからインスタグラムを始めても、収入を得ることは出来るのでしょうか。

 

ここでは、インスタグラマーの収入源や、インスタグラムで稼ぐ方法について解説していきます。

既にビジネスを行っていて、インスタグラムを活用して売上や集客を伸ばしたいと思っている方もぜひ参考にして下さい。

 

インスタグラムをビジネスとして活用するには?

 

インスタグラムは写真や動画を投稿するSNSですが、FacebookやTwitterと全く同じではありません。

まずは、インスタグラムの特性や役割を確認しておきましょう。

 

インスタグラムの特性

インスタグラムが他のSNSと決定的に違うのは、シェア機能が無い点です。

Twitterのようにバズって不特定多数の人に投稿が届くことは無く、届く範囲はフォロワーのみとなります。

個人用であれば好き放題投稿しても何も問題はありませんが、ビジネスとして利用したいのであれば、インスタグラムの文化を正しく理解して、いかにフォロワーを増やすかがカギとなります。

 

また、フォローしている人以外の投稿がフィードに流れてこない代わりに、ハッシュタグを辿って他人の投稿を見るのが一般的です。

Twitterではハッシュタグは2~3個付けるのが一般的ですが、インスタグラムでは10個くらい付けるのが当たり前です。

 

他の投稿に埋もれてしまわないオシャレで美しい写真を投稿するのも、インスタグラムならではの文化と言えます。

 

インスタグラムの役割

インスタグラムを閲覧する人は、どのような気持ちで他の人の写真を見ているのでしょうか。

インスタグラムには写真や動画で独自の世界観を表現することが出来ます。

閲覧する人達は、そこに自分の理想像を発見し身近に感じているのです。

 

インスタグラムには多くの芸能人も投稿しています。

昔はアイドルや芸能人といえば手の届かない遠い存在で、憧れの対象でしたが、今の時代は違います。

彼らのプライベートを垣間見ることで、より身近な存在と感じ「自分と同じなんだ」と共感できます。

理想とする彼らと自分を重ね合わせ、自分も理想に近づけるという欲求を満たしているのです。

 

インスタグラムをビジネスとして活用するならば、フォロワーが何を求めているのか、常に意識することが大切になります。

 

インスタグラムに求められていることとは?

では、フォロワーがインスタグラムに求めていることとは、具体的に何でしょうか。

一つは同じ世界観を持つ人々との“交流”です。

リアルの世界ではなかなか同じ世界観を持った友人を見つけられなくても、インスタグラムの中なら簡単に世界中の人と繋がることが出来ます。

 

もう一つは、“理想像”を具現化してくれる点です。

写真や映像を見ることで、今まで漠然としていた理想像を具体的に捉えることが出来るようになります。

 

ですから、多くのフォロワーに好まれるセンスの良いもの、そして世界観を裏切らない写真を発信していかなければなりません。

 

[adsense]

インスタグラマーはいくら稼いでいる?

では、たくさんのフォロワーを持つインスタグラマーは、いったい幾らぐらい稼いでいるのでしょうか。

その前にインスタグラマーの定義を確認しておきましょう。

 

インスタグラマーとは?

インスタグラムをしている人全員を、インスタグラマーと呼ぶわけではありません。

フォロワーの数が多く、購買行動や消費行動に大きな影響力を持つ人を指しています。

渡辺直美さんのような芸能人はもちろんですが、一般企業に勤めているOLや普通の主婦でも、何らかのジャンルに特化していて何万人ものフォロワーを持っているインスタグラマーがたくさんいます。

また、特に影響力の大きい人のことを“インフルエンサー”とも呼びます。

 

稼いでいるインスタグラマーとは?

影響力の大きいインスタグラマーが全員稼いでいるかというと、そうでもありません。

莫大なフォロワーがいても稼ぐことに興味のないインスタグラマーもいます。

 

一方で、しっかり稼いでいるインスタグラマーがいるのも事実です。

海外では、1億円を超える年収を得ているインスタグラマーもザラにいます。

もともとファッションブロガーとして注目を集めていた人が多いのですが、インスタグラムがきっかけで一躍有名になる人も大勢います。

 

例えば、アメリカのDanielle Bernsteinさんは、100万人以上のフォロワーを持つファッションブロガーですが、彼女は写真を一つ投稿するたびに、約180万円の報酬を得たこともあるそうです。

 

また、17万人以上のフォロワーを持つオーストラリアのMillie Belleちゃんは、生後2ヶ月から母親がインスタグラムに彼女の写真を投稿し、1歳の頃から1回の投稿で約3万円を得ています。

 

日本にも、インスタグラムの収入が年間600万円を超える一般OLのMOYAさんなどが有名ですが、月に200万円以上稼いでいるインスタグラマーも存在するようです。

 

インスタグラムを仕事にするメリット・デメリットとは?

 

莫大な金額を稼いでいるインスタグラマーは憧れますが、それを仕事にするとなったら、そのメリットデメリットを正しく知っておく必要があります。

 

インスタグラムを仕事にするデメリット

当然ですが、インスタグラムに投稿する写真には高いクオリティーが求められます。

期待を裏切るような写真を投稿してしまえば、フォロワーが離れていってしまいます。

個人で楽しむ分には「ま、いっか」で済みますが、仕事にするのであれば一切の妥協は許されないのです。

 

また、移ろいやすいフォロワー(世の中)の関心を的確にとらえ続ける感性も必要になります。

世の中の最新情報を常にキャッチして反応していくのは並大抵のことではありません。

時には、自分の感性を押し殺してフォロワーの拡大に努めなければならないこともあります。

 

インスタグラムはブログのように長い文章を考えなくても良いので、一見簡単そうに見えますが、自分のセンスを磨き続ける努力が必要なのです。

 

インスタグラムを仕事にするメリット

一方で、もともと豊かな感性を持った方には、ピッタリの仕事とも言えます。

好きなことを仕事に出来る喜びは、他のものには代えがたいものでしょう。

また、スマホさえあれば世界中どこからでも投稿できますので、職場に通う必要もなくなります。

 

上司も先輩もいない世界で、自分の自由な発想で、好きな時間好きな場所で仕事が出来るのです。

 

インスタグラムで収入が発生する仕組みとは?

インスタグラムの収入源は、ブロガーやYoutuberとはどうも違うようです。

ブログサイトやYoutubeには、企業の広告(アドセンス広告)が入っていますよね。

ブロガーやYoutuberは、そのアドセンス広告から収入を得ています。

 

しかし、インスタグラマーのフィードを見ても、そのようなアドセンス広告は見当たりません。

インスタグラマーは企業からの様々な“依頼”によって報酬を得ています。

 

依頼の具体的な内容としては、次のようなものが挙げられます。

● その企業やサービスについてのプロモーション
● 企業への写真素材の提供・販売
● 専門誌やWebメディアでのコラムの執筆
● 企業のECサイトやカタログのモデル
● インスタグラムの知識やノウハウに関するコンサルティング

企業からの依頼で一番多いのが、プロモーションです。

一般人のインスタグラマーはそのジャンルのカリスマであることが多いです。

そんな人が評価し愛用している商品なら、フォロワーも試しに使ってみようと思いますよね。

企業にとっては、広く浅く広告を打つよりも、省コストで大きな反響が得られるのです。

 

報酬は、フォロワー1人あたりにつき1円 が相場と言われています。

影響力によって、単価が0.7円~1.5円が目安となるようです。

3万人のフォロワーがいて、企業からの依頼を月に10件こなしたとすると、月収は30万円になる計算です。

 

ネームバリューや拘束時間、ターゲットの希少性によって単価は左右されますが、影響力が大きいインフルエンサーと呼ばれるクラスになると、その単価はグッと跳ね上がります。

 

インスタグラムと相性の良いジャンルとは?

インスタグラマーとして稼ごうと思ったら、フォロワー数を増やすことは必須です。

しかし企業からの依頼が来なければ、たとえフォロワーが100万人を超えても収入は「0」となります。

“企業からの依頼”という視点に立つと、インスタグラムと相性の良いジャンルが見えてきます。

  • ファッション
  • デザイン、アート
  • グルメ
  • 観光スポット
  • インテリア
  • 雑貨
  • 動物、ペット
  • フィットネス
  • メイク
  • 料理
  • 風景

インスタグラムは写真が命ですから、写真で魅力が伝わるジャンルというのが、最低限必要な要素となります。

その上で、プロモーション商品のあるジャンル、写真集が出版されやすいジャンルなどを選ぶと良いでしょう。

 

インスタグラムで稼ぐための最も重要なポイントは?

有名人であれば「インスタ始めました」と宣言するだけで、何万人ものフォロワーを獲得できますが、一般人の場合は地道にコツコツとフォロワーを集めなければ、稼ぐインスタグラマーにはなれません。

しかし一般人が、今日の晩御飯や窓からの風景を投稿しても、誰も見向きもしません。

 

インスタグラムで稼ぎたいのであれば、どうしても外せないポイントというものがあります。

それは、「コンセプト」

そのアカウントのフィードを見ただけでその人の“理想世界”、何を目指しているのか、どのようなことを伝えたいのかが分かるようにしなければなりません。

 

そしてコンセプトから外れた写真を絶対に投稿しない事。統一感が一気に崩れてしまいます。

 

例えば、フォロワー数260万人を持ち、写真集も出したShinjiro Onoさんは、愛犬まるの日常写真を投稿していますが、まるに関係ないものは一切投稿していません。

コンセプトは「日本らしい風景写真で、みんなを元気付けたい!」

東日本大震災の後に、まると日本のあちこちを回り、日本らしい景色や文化を感じられる場所で撮影した写真をアップしていき、共感を得てきました。

 

 

 

フォロワー数が80万人に迫るTravis Burkeさんは、世界中の絶景、大自然がコンセプトですが、その美しい写真を見ているだけで、自分も旅行に行った気分になれます。

 

 

フォロワー数が72万人を超えたあいりおさんは、オシャレで可愛いお菓子ばかりを投稿しています。

もともと二人のお子さんを持った普通の主婦でしたが、今では料理雑誌などにも、写真とレシピが掲載されています。

 

 

どのアカウントも統一感があり、一目で「あ、この感じ好き!」と共感できるものばかりです。

 

投稿に統一感を出しクオリティーを高めるためには、写真を加工する技術も磨きたいところです。

インスタグラム内のフィルタを使って加工するのはもはや当たり前で、複数のアプリを使って独特の世界観を演出しているインスタグラマーも多いです。

 

また、ある程度のフォロワーを獲得するまでは、コメントを貰ったらマメに返信していくのもフォロワー獲得のコツとなります。

 

まとめ

インスタグラムで稼ぎたいと思ったら、まずはインスタグラムの特性を理解することが必要です。

インスタグラムは他のSNSと違って拡散機能はついていませんので、ハッシュタグを活用して地道にフォロワーを獲得していかなければなりません。

 

そのためには、多くのフォロワーが求めているものを知り、時には自分を押し殺す必要も出てきます。

高いクオリティーを求められますが、好きなことを好きな場所で、好きな時間に行えるという自由もあります。

 

海外ではインスタグラマーとして億を超える金額を稼いでいる人達もたくさん出てきています。

日本でも、企業のプロモーションを行ったり、写真集を出版することで稼ぐ人が増えてきました。

プロモーションの場合、フォロワー数1人当り1円というのが相場になりますので、フォロワー数の獲得が稼げるかどうかの分かれ道になります。

 

写真を場当たり的に投稿しても一般人にフォロワーが付くことは、そうそうありません。

そのアカウントのフィードを見ただけで、その人の理想世界が分かるようなコンセプトが必要となります。

コンセプトに基づく統一感こそが、フォロワーからの共感を得られる手段となるのです。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法
ABOUT ME
はたらき方編集部
はたらき方編集部
セカシュウとは、「次のはたらき方」を実践するパラレルワーカーが監修する、時間と場所に縛られない働き方を目指している方むけのメディアです。 在宅で仕事をするには?育児をしながらスキマ時間で働くには?サラリーマン以外の働き方とは?など、新しい働き方の情報を提供していきます。