コピー(セールス)ライティング

読ませる文章の書き方とは?たった一つのコツとは?

記事を最後まで読んでもらうにはコツがある?

何を書けば読んでもらえるの?

ブログタイトルに惹かれても、文章を読み始めたらそれほど面白くなくて途中で読むのを止めてしまった経験はありませんか?

お金を出して買った本なら、多少つまらなくても頑張って読もうと思いますが、無料のブログの場合はそうはいきません。

最後まで読んでもらう文章を書くために、日々悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、読ませる文章とはどのようなものなのか、書き方のコツを解説していきます。

 

集客用のブログは、最後まで読んでもらわなければ売上に繋がりませんので、ぜひ参考にして下さい。

 

最も大切な読ませる文章を書く秘訣とは?

 

最初に、最後まで読んでもらうための秘訣を教えてしまいます。

それは、「徹底的なギブの精神」

とにかくブログ訪問者の求めるものを与え続けていくのです。

 

彼らは何の目的であなたのサイトを訪れているでしょうか。

何かを“知りたい”からですよね。

 

例えばタレントなどの著名人のブログ。

そのサイトを訪れるファンの知りたいことは、その人の一挙手一投足になります。

ですから、その人が今日何を食べたのか、どこへ行ったのかといった些細なことも、ファンなら喜んで読んでくれるでしょう。

 

しかし、あなたのブログで同じことをしても意味がありません。

それはあなたのブログ訪問者の本当に「知りたいこと」ではないからです。

 

ブログを書く前に、どのような人がこのサイトを訪れるのか、明確なペルソナ設定をしたと思います。

その時、どのようなニーズを持っている人物にしましたか?

そしてそのペルソナは、どのような検索キーワードを入力して、あなたのサイトに辿りついたのでしょうか。

 

ペルソナとキーワードから訪問者のニーズを読み解いて、「知りたい」ことを徹底的に分かりやすく教えてあげることが大切になります。

[adsense]

 

なぜ読ませる文章が必要なのか?

文章が長いから読んでもらえないのでは?と考える方もいますが、それは違います。

Web記事は最初の3秒で、読むか読まないか判断されています。文章の長さは関係ありません。

3秒で面白いと判断されれば、どんなに長い文章でもしっかりと読み込んでもらえます。

 

最後まで読んでもらうと、訪問者には次のような変化が起こります。

ただの訪問者からあなたのファンになってしまうのです。

読ませる文章には、人の心を変えてしまう影響力があります。

 

逆に3秒で切り捨てられてしまった場合、永遠にあなたのファンになることはありません。

 

読ませる文章の書き方とは?

ここからは、読ませる文章の書き方について具体的に解説していきます。

ポイントは次の4つになります。

1.  文章の格子(タイトルや小見出し)で興味を引く
2.  結論を先に書く
3.  抽象的なことは具体的に書く
4.  物語(ストーリー)を織り交ぜる

 

1. 文章の格子(タイトルや小見出し)で興味を引く

タイトルや小見出しは、読むか読まないかを判断する、とても大切な部分です。

お笑いでも掴みの部分でお客さんの反応が良いと、あとは最後までグイグイ引っ張っていけますよね。

同じように文章の場合も、タイトル部分で興味を引いていきます。

 

例えば、“文章の書き方”を調べたい時、どちらのタイトルをクリックしますか?

A:「読ませる文章を書く方法」
B:「最も大切な読ませる文章を書く秘訣とは?」

Bの方をクリックする人の方が断然多いと思います。

ほんの些細な表現の違いでも、訪問者の反応は違ってきます。

 

2.  結論を先に書く

“掴み”はタイトルや小見出しの部分だけではありません。

せっかくそこで興味を引いても、肝心の文章がだらだらしていて、知りたいことに対する回答がずっと先にあるようだと、読むのを止めて他のサイトに移ってしまいます。

だらだらと書きすすめるよりも、“結論”を先に書いた方が、「どうしてそうなるの?」と興味を引き続けることが出来ます。

 

3.  抽象的なことは具体的に書く

抽象的で曖昧な文章は一見知的に見えますが、読者の記憶には何も残りません。

また、途中で「ちょっと何言ってるか分からない」と判断されたら、即、サイトから離れていってしまいます。

 

説明が難しいものでも、「二兎追う者は一兎も得ず」のように具体的にイメージできる言葉にすることで、読者の理解を得られますし、記憶にも残るようになります。

 

4.  物語(ストーリー)を織り交ぜる

人は太古の昔からストーリーが大好きです。

同じことを表現するにもストーリー仕立てにすることで、人をグッと惹きつけることが出来ます。

A:「美味しいりんごです」
B:「山梨県の元公務員が、妻の病気を治す為に開発を続けた完全無農薬の美味しいりんごです」

 

どちらのりんごも味は同じですが、買いたいと思うのは断然Bなのではないでしょうか。

これがストーリーの力です。

 

読ませる文章の具体例とは?

最後まで読ませて、そしてファンになってしまう文章というのは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

ここでは、ストーリーが有る場合と無い場合の具体例を挙げて、比較してみましょう。

 

ストーリーが無い場合

ある健康食品のサイト

株式会社○○協和は、19XX年(昭和XX年)の創業以来一貫して、お客様の健康づくりに貢献できる企業となることを目標に、健康食品の開発に取り組んできました。
近年は、女性の美容健康意識の高まりにお応えするため、女性向けの美容食品の開発に力を注いでいます。

ストーリーが有る場合

ある無添加化粧品サイト

私は岡山県のはずれ、灘崎町という瀬戸内海に近い静かなのんびりとした田んぼばかりの町に家族(父、母、妻、子供たち)と住んでいます。

田舎ですから畑もあり、毎日無農薬のとれたて野菜を美味しく食べています。
そのおかげで家族みんな元気ですが、一つ気になることがありました。
お風呂上りなどよく子供たちが体中がかゆいと訴えるのです。

特に液体ボディーシャンプーなど顕著でした。
妻も湿疹がでたり肌の調子が悪かったようです。

もっと良い石けんはないものか、あちらこちら色々と探してみましたが、どれもダメでした。

そこで思い切って自分で一切妥協なしで肌に最高に良い石けんを作ることにしました。

色々と試作してみましたが、結局一番良いものは最高の材料で最高の製法で無添加なものが最高というごく当たり前な結果となりました。

はじめは、家族のために作っていましたが、同じような肌の弱い知人に配ったところ、販売してほしいという声をたくさんいただくようになりました。
それが、『無添加○○』のはじまりとなりました。

どうでしょう。

ストーリーがあると、どのような人がどのような思いで作った商品なのか、具体的にイメージすることが出来ませんか?

 

化粧品サイトをたくさん閲覧しましたが、多くのサイトはこれと言ったストーリーは無く、会社理念のようなものが載っているだけでした。

 

ご紹介した無添加化粧品のストーリーを読むと、この経営者は田舎に住む家族想いのおじさんで、誠実な人柄が伝わってきます。

化粧品の場合、成分や効果を強調するのが一般的ですが、どんなに高級な物でも肌に合わなくてトラブルを起こすことが有ります。

その時に、このような誠実な人柄が安心感をもたらします。

 

なぜ読ませるだけではダメなのか?

ここまでしなければいけないのか?と思った方もいるかもしれません。

ここで思い出してもらいたいのか、サイト運営の目的です。

何のためにサイトを運営しているのか、それはあなたの「ファンを増やすこと」ではないですか?

 

一度ファンになってもらえれば、価格競争に巻き込まれることなく、高い商品でも買ってもらえます。

新商品を出したらすぐに反応してくれますし、友達を紹介してくれることもあります。

わざわざ売り込みをしなくても、商品やサービスが売れるようになるのです。

 

ファンを獲得するために、ぜひ意識してほしいことが“コンセプト”です。

コンセプトを文章に織り交ぜると、それに共感・共鳴する人々が出てきます。

一貫したコンセプトを掲げ、その姿勢を貫けば、やがて固定ファンが増えていきます。

文章を書く時に少し意識するだけで、画期的な変化が起こりますよ。

 

まとめ

売上や集客を目的にWebサイトを運営しているのなら、最後まで読んでもらう文章を書くことは必須です。

サイト訪問者は最後まで読んでみてから、あなたのファンになるかどうかを決めています。

 

最後まで読んでもらうには、あなたの書きたいことを書き連ねるのではなく、“徹底的なギブの精神”を発揮しなければいけません。

ペルソナとキーワードから、読者の知りたいことを見極めて、丁寧に分かりやすく教えてあげるのです。

 

途中で読むのを止めてしまわない文章とは、次の4つのポイントを押さえています。

  1.  文章の格子(タイトルや小見出し)で興味を引く
  2.  結論を先に書く
  3.  抽象的なことは具体的に書く
  4.  物語(ストーリー)を織り交ぜる

文章にコンセプトを織り交ぜることで、徐々に固定ファンが付いていきます。

そうすると、売らなくても売れるようになっていき、ビジネスが軌道に乗っていきます。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法