コピー(セールス)ライティング

ランディングページとは?作り方とは?

ランディングページって何?

普通のWebサイトとは違うの?

ランディングページを作った方が、売上が上がるの?

Webサイトを運営していると、「ランディングページ」という言葉をよく耳にします。

ランディングという言葉から、「サイト訪問者が一番最初に訪れるページのこと?」と解釈している方も多いと思いますが、Webマーケティング上では少し意味が違ってきます。

 

ここでは、ランディングページとはどのようなものなのか、どのように作ればよいのか、初心者にも分かりやすく解説していきます。

 

商品やサービスの注文や問い合わせに直接響く話なので、しっかりと身に付けて下さい。

ランディングページ(LP)とは?

実はランディングページ(Landing Page)には、“広義のランディングページ”“狭義のランディングページ”の2つが存在します。

問い合わせや売上に直結するのは“狭義のランディングページ”の事になります。

 

まずは、広義のランディングページから簡単に説明しましょう。

広義のランディングページとは、“ユーザーが最初にランディング(着陸)するページ”を指しています。

ですから、ユーザーによってWebサイトのどのページがランディングページになるのか変わってきます。

商品に興味のある人は商品案内のページがLPになりますし、就職先を探している人なら会社案内のページがLPになることもあります。

SNSにリンクが貼られていてそこから訪れる人は、いきなり商品レビューがLPになることだってありますね。

 

Googleアナリティクスでアクセス解析でも、「ランディングページ」というメニューがありますが、これはこの広義の意味で使われています。

 

LP = 最初に訪れるページ、というのは本来の使い方として正しいのですが、これだけを理解していると、普通のWebサイトとの違いや、なぜわざわざをLP作る必要があるのかよく分からなくなります。

狭義のランディングページとは?

一方、Webマーケティング上で使われる“狭義のランディングページ”は、通常のサイトとは別の、「縦長のレイアウトページ」のことを指しています。

このランディングページは、一般的に1枚で構成されており、Webサイトよりもデザインに制限が無い分、派手でインパクトが大きいものが多いです。

セールスレターやチラシのような役割を果たしているため、ユーザーをダイレクトに注文や問い合わせなどのアクションに導くことに特化しています。

 

GoogleやYahoo!などの検索サイトからのアクセスは通常の公式ページに飛ばし、リスティング広告からはランディングページに飛ばす、というように使い分けていることも多いです。

 

ランディングページを工夫したところ、売上が6倍にもなった!という事例もあります。

[adsense]

忘れてはいけない!ランディングページの目的とは?

ランディングページの目的はただ一つ!

成約をさせることになります。

 

どのような商品やサービスを扱っているかで成約の具体的な内容は変わってきます。

  • 試供品や無料購読などの申し込み
  • 求人募集への応募
  • 商品の注文  など

 

どのような内容でも、ランディングページを見た後に何らかのアクションを取ってもらうことが目的である点は、共通になります。

 

通常のWebサイトでは、ユーザーが他のページにも移動しやすいように、バナーボタンや内部リンクを多く設置しています。

しかし、こちらの期待通りに移動してくれるユーザーはそれ程多くなく、ページ間を移動する際に、約30%が離脱してしまうのが現実です。

 

一方、ランディングページには、注文フォームお問い合わせフォームなど、成約に繋がるページ以外の内部リンクはありません。

目的を“成約”に絞っているため、途中で離脱する割合が少なくなるのです。

なぜランディングページがあると成約率があがるのか?

それは、離脱者が少ないから、という理由だけではありません。

成約率が高い理由として、次の点が挙げられます。

1. 知りたい情報が1ページに集約されている
2. ターゲットが納得する順番で情報が伝えられている

1. 知りたい情報が1ページに集約されている

通常のWebサイトでは、情報が複数のページに分割されているため、ユーザー自身が知りたい情報を探さなければなりません。

時には目的の情報を探し出せず、諦めてしまう人もいるでしょう。

 

ランディングページは1枚で構成されていて、全ての情報が網羅されています。

ユーザーはスクロールするだけで知りたい情報を得ることが出来るため、成約率が上がるのです。

2. ターゲットが納得する順番で情報が伝えられている

注文や問い合わせなどのアクションは、個人情報の入力などが必要なため、ユーザーにとってハードルの高いアクションです。

 

ユーザーに納得してもらうには、伝える情報の“順番”が大切になります。

通常のWebサイトの場合、必ずトップページから読み始めるとは限りません。

ランダムにページを選択するため、肝心の情報を見逃してしまい、納得することなく離脱してしまうケースもあります。

 

ランディングページは、情報を上から下に載せていきます。

必要な情報を適切な順番で提供していくと、ターゲットも徐々に納得していきます。

 

つまり、教育セールスが同時に出来るのです。

読み終わる頃には、購入する気の無かったターゲットも、ついその気になってしまうのです。

成約率を上げるランディングページとは?

ランディングページを作る時は、次のポイントを押さえておくことが成功の秘訣となります。

1. ターゲットが意思決定をする上で必要な情報を網羅すること
2. 離脱に繋がる障害は置かないこと(リンクやページ分割など)
3. ビジュアルで分かるようにすること
4. 常に興味を引くように工夫をすること

1. ターゲットが意思決定をする上で必要な情報を網羅すること

ターゲットがアクションを起こすには、様々な疑問や不安を取り除いていく必要が有ります。

そのためには、必要な情報を全て網羅する必要が有ります。

 

例えば化粧品の場合、次の情報がマスト情報となります。

  • 商品名称・・・・なんのための商品なのか
  • 商品写真・・・・形状、素材、色などイメージをつかめるもの
  • 内容量・個数・・どのくらのボリュームなのか
  • 使用期間・・・・どのくらいの期間使えるのか
  • 成分・・・・・・有効成分やアレルギー物質など
  • 価格・・・・・・定価よりどれくらいお得なのか

わざわざ他のサイトを開いて調べる手間を与えてはいけません。

2. 離脱に繋がる障害は置かないこと(リンクやページ分割など)

ランディングページの目的は“成約”です。

内部リンクやページ分割したほうがたとえオシャレな感じになるとしても、離脱に繋がる障害を置かないのが鉄則です。

縦長でちょっと長すぎるな・・・と思っても1枚での構成を貫き、途中でコンバージョンボタンを用意したりして、離脱を防ぎましょう。

3. ビジュアルで分かるようにすること

ランディングページは通常のWebサイトよりも自由度が高く、デザインも凝ることが出来ますが、パッと見て、分かりにくい、自分には関係ない、と思われたらすぐに離脱されてしまいます。

特に、アクセスした時に、スクロールせずに見える部分(ファーストビュー)が非常に大切になります。

この部分のビジュアルは、どのような商品やサービスを扱っているのかきちんと分かるものを用意しましょう。

4. 常に興味を引くように工夫をすること

ランディングページは1枚構成ですが、全員が最後まで読み進めるとは限りません。

スムーズにゴールまで導くために、ターゲットにとってのベネフィットを常に意識しましょう。

専門用語や英語を多用せずに分かりやすい文章で書く事はもちろん、画像や漫画などを活用して、飽きさせないことも大切です。

ランディングページを作るときのポイントは?

ランディングページは自由に設計出来ますが、他のランディングページをたくさん見て参考にすると良いでしょう。

ランディングページだけを集めたサイトもありますので、いいな!と思うデザインがきっと見つかります。

また、最後まで読み込ませてしまうサイトとは、どのようなものなのかも感覚的に分かってきます。

 

初心者は、たくさんのサイトから良いところを真似してみると良いでしょう。

 

○ランディングページ集めました
 http://lp-web.com/

まとめ

ランディングページとは、通常のサイトとは別の、「縦長のレイアウトページ」のことを指しています。

“成約”を目的としているため、リンクや分割を省いて、スクロールだけで必要な情報をユーザーに届けなければいけません。

 

ランディングページは、「知りたい情報が1ページに集約されている」「ターゲットが納得する順番で情報が伝えられている」という理由から、通常のWebサイトよりも成約率が高いです。

だからと言って、ランディングページさえ作れば、売上がアップするとは限りません。

成功するランディングページを作りたいのであれば、次のポイントは押さえておきましょう。

  1.  ターゲットが意思決定をする上で必要な情報を網羅すること
  2.  離脱に繋がる障害は置かないこと(リンクやページ分割など)
  3.  ビジュアルで分かるようにすること
  4.  常に興味を引くように工夫をすること

 

他のランディングページを参考にして、魅力あるページを作ってみて下さい。


役立つコンテンツを配信する為に、記事を真剣に閲覧して下さった方にだけアンケートを実施しています。
5つの中から興味がある内容を1つ選んでクリックしてください。
(※クリック後はTOPページに遷移します。)

副業で稼ぐ方法
不動産投資で稼ぐ方法
売れるランディングページを内製化する(自分で作る)方法
自分でブランドを作って稼ぐ方法
webで集客をする方法